ポケットwi-fi?ウルトラギガモンスター?SoftBankのスマホ代をうまく節約できるのはどっち?

スマホはSoftBankで
契約している
そんなときでも、SoftBankのポケットwi-fiが「×」な理由。
そして、他社のポケットwi-fiを使えば実現できる【年間最大19,200円】の節約術をお伝えいたします。
「通信制限対策」と「節約」を同時に達成したいとき、そのカギを握る「月月割」の危険性とは…!?

スマホはSoftBankで
契約している

そんなときでも、SoftBankのポケットwi-fiが「×」な理由。
そして、他社のポケットwi-fiを使えば実現できる【年間最大19,200円】の節約術をお伝えいたします。
「通信制限対策」と「節約」を同時に達成したいとき、そのカギを握る「月月割」の危険性とは…!?

SoftBankユーザーでも、SoftBankのポケットwi-fiには手を出さない方が良い「3つの理由」

「ポケットwi-fiが欲しい」
そんなとき、SoftBankユーザーさんの多くは、

 いまSoftBankのスマホを使っているし、セットでポケットwi-fiを契約したらオトクなんじゃない?

と、お考えになると思います。
しかし、残念なことにセットでオトクにはなりません。

たとえSoftBankのスマホを使っていたとしても、ポケットwi-fiはほかの会社で手に入れた方がオトクなのです。

というのも、SoftBankのポケットwi-fiには、以下の3つの問題点があるからです。

そのため「SoftBankは、スマホとポケットwi-fiのセットでオトク♪」とは、お世辞にも言えません。SoftBankのセットは微妙これから「SoftBankのポケットwi-fiが持つ3つの問題点」について、カンタンに解説いたします。

 


使える通信量が増えない

 

「ポケットwi-fiを契約すれば、毎月の使える通信量が増える。」
そう思われている方も多いですが、実はSoftBankのポケットwi-fiでは、使える通信量は増えません。

というのも、こちらの会社のポケットwi-fiは、スマホを契約した時に選んだプランの通信量を、ソフトバンクのwi-fiルータープランの図↑このように分け合う仕組みとなっているからです。
たとえば、あなたが「ギガモンスター(20GB)」に契約されている場合、その20GBをスマホとポケットwi-fiで分けあうことになります。

そのため、ポケットwi-fiを手に入れても、使える通信量の合計は20GBのままとなります。
ギガ数は、1GBも増えません。

【参考】
Wi-Fiルータープラン/Wi-Fiルータープラン(高速)
(SoftBank公式HPより)

 でも、スマホの通信量があまってて、ノートパソコンとかタブレットとかをネットに繋ぎたいときは、通信量が増えないポケットwi-fiでもいいんじゃないの?

 

 いいえ、それでもナシです。
なぜなら、スマホと通信量を分けあうだけなのに、毎月1,900円も別料金がかかるからです。

SoftBankでは、スマホとポケットwi-fiで通信量を分け合うために、月額1,900円のプランに加入する必要があります。
無料では、ポケットwi-fiを使わせてくれません。

もし、通信量の増えないポケットwi-fiのために毎月1,900円も支払うのでしたら、スマホの「テザリング」を利用した方が安く済みます。

【補足】
テザリングとは…?

スマホが一時的にポケットwi-fi代わりになる機能のこと。
この「テザリング」機能を利用すれば、テザリング解説図
上の画像のように、スマホだけでノートパソコンやタブレットがネットに繋がります。

あらたに「テザリングオプション」に加入する必要はありますが、この方法なら月額500円で済みます。

【参照】
テザリングオプション(SoftBank公式HPより)

したがって、もしスマホの通信量があまっていらっしゃるなら、通信量の増えないSoftBankのポケットwi-fiではなく、スマホの「テザリング」を利用した方がオトクとなります。

 

 


特別キャンペーンでも
全然安くない

 

「SoftBankのポケットwi-fiは、使える通信量が増えないから×」
と、さきほどお伝えしましたが、実は通信量が増えるプランもあります。(ややこしいですね…。)

こっちの使える通信量が増えるタイプのプランは、ずっと「特別キャンペーン」をしています。
そのキャンペーンが↓コチラ。

ソフトバンクwi-fiルーター特別キャンペーン
ソフトバンクwi-fiルーター特別キャンペーン
プラン名 特別キャンペーン料金
4G/LTEデータ
し放題フラット
3,696円/月
 毎月3,696円払うだけで「し放題」とか、めっちゃお得じゃないですか?

 

 いいえ。
まったくお得ではありません。
というのも、
「し放題」という名前なのに、ネットに接続し放題ではないからです。

この「4G/LTEデータし放題フラット」というプラン。
契約内容をよく確認すると、月間上限7GBまでとなっています。
ですので、1カ月間の通信量が7GBに達すると、普通に通信制限されます。

【参照】
4Gデータし放題フラット+

それなのに、どうして「し放題」なんていう名前が付いているのか…?
謎です。
まったく使い放題ではないので、プラン名にだまされないようにしてください。

7GBで3,696円は高い イラストまた、うえでもお伝えしていますように「特別キャンペーン」でも全然安くありません。

というのも、「yahoo!wi-fi」なら2,000円程度で、5GB使えるからです。
SoftBankのポケットwi-fiよりも性能は劣るものの、金額面でみれば明らかに「yahoo!wi-fi」の方がお得です。

あるいは、このあとご紹介いたします他社のポケットwi-fiである「WiMAX」なら、毎月平均3,000円程度の料金で、月間上限ナシでポケットwi-fiを使うことができます。

 

 


上限を超えたら、
ネットが使えない

 

SoftBankのポケットwi-fiは、使える通信量の上限をこえると「128kbps」という通信速度に制限されます。
これは「通信量をスマホと共有するプラン」でも、「通信量が増えるプラン」でも同じです。なお、通信規制中の速度128kbpsは、スマホの速度制限と同じ“激遅”の速度です。
その遅さは、ネットに繋がらないレベルと言えます。

せっかく通信制限対策のためにポケットwi-fiを手に入れても、このようなクソみたいな通信速度になるなら、手に入れる意味がありません。

SoftBankのポケットwi-fiが、
ナシな3つの理由
 
①使える通信量が増えない
②特別キャンペーンでも全然安くない
③上限を超えたら、ネットが使えない

以上の「3つの理由」より、たとえSoftBankのスマホユーザーであっても、SoftBankのポケットwi-fiには手を出さない方が良いです。

スマホ代を節約するために使う他社のポケットwi-fi(WiMAX)の内容

SoftBankのポケットwi-fiを手に入れてもあまり役に立たないので、ポケットwi-fiは他社のモノを使います。WiMAXを選ぶ イラストそれが、「WiMAX」と呼ばれるポケットwi-fiです。

こちらの「WiMAX」なら、毎月使える通信量の上限が無いのに、1番安い会社なら平均約3,000円/月で使えます。

 「毎月上限ナシ」っていうことは、「WiMAX」は完全無制限で使い放題なんですか?

 

 いいえ。
完全無制限で使い放題ではないです。
ですが、
「WiMAX」は通信制限にかからないように使っても、月間100GB以上もネットが使えます。

これから「WiMAX」の通信制限について、わかりやすく解説いたします。

 

「WiMAX」は直近3日間で合計10GB以上使うと、翌日に通信制限がかかります。
下の絵をご覧ください。WiMAXの通信制限の解説図 制限がかかるとき1日は1GB、2日は4GB、3日は7GB使っています。
4日から見ると、直近の3日間(1日~3日)の合計通信量は12GBとなり、10GBをこえています。

そのため、直近3日間の合計通信量が10GB以上になった翌日である4日は、通信制限アリの日となります。

通信制限アリの日って、まったくネットが使えないんですか?
いいえ、そんなことはありません。

「WiMAX」の制限は、通信制限アリの日の「18時頃~翌2時頃」におこなわれ、その時の通信速度は約1Mbpsとなります。
この約1Mbpsという通信速度は、スマホの通信規制時の速度とは違い、ネットが使えるレベルです。
ですので、まったくネットが使えなくなることはありません。

【参考】
UQ WiMAX公式HP

また、さきほどもお伝えしましたように、「WiMAX」は月間通信量の上限ナシです。

下の絵の6日のように、直近3日間の合計通信量が10GB未満になると、通信制限は解除されます。WiMAXの通信制限の解説図 制限が解除されるときスマホのように「通信制限がかかったら、その月はもうネットが使えない」なんてことは、「WiMAX」では起きません。

もちろん、直近3日間の合計通信量が10GB以上にならないように使えば、ずっと通信制限ナシで使い続けることもできます。
この使い方の場合、単純計算で1日あたり約3.3GB使えるので、月間100GB以上もインターネットが楽しめます。

 

以上が、他社のポケットwi-fiである「WiMAX」の通信制限のおもな内容となります。ウルトラギガモンスター イラストSoftBankが“ほぼ使い放題”とCMしている「ウルトラギガモンスター」が、月間上限50GBであることを考えると、
「WiMAX」の月間100GB以上は、“ほぼほぼ使い放題”といえます。

節約には「月月割」の適用期間が終わっているか?が超重要!

さて、ここで疑問があります。

SoftBankのスマホを使っていて、毎月通信制限にこまっている場合、以下の2つの選択のうち、どちらを選んだ方がオトクなのでしょうか?

オトクなのは、どっち?
  • 「ウルトラギガモンスター」にプランを変更する。
  • 「WiMAX」を手に入れる。

その答えのカギを握るのが「月月割」の存在です。

SoftBankでは、新しいスマホを手に入れた時に、事実上そのスマホの本体代の一部を負担してくれる「月月割」という割引サービスがあります。

【月月割】とは?
新しく携帯電話をご購入されるお客さまを対象に、月々のご利用料金から一定額を割引するサービスです。
通話料・通信料などが24ヵ月間(ご購入2ヵ月目から25ヵ月目まで)割引になります。

出典:SoftBank公式HP

のちほどお伝えいたしますが、今回の「WiMAX」を使ったスマホ代節約術では、SoftBankのデータプランの中で1番安い「1GBプラン」を活用し、節約していきます。

しかし、
この「1GBプラン」には危険なワナが隠されています。1GBプランのワナそのワナとは、
「他のデータプラン→1GBプラン」に変更すると、いままで適用されていた「月月割」が無くなってしまうことです。

例えば「月月割」適用中、スマホ代を安くするために「20GBプラン(ギガモンスター)」から「1GBプラン」に変更した場合、以下のような料金となります。

・【月月割】アリorナシの比較
【20GBプラン】
月月割アリ
9,110円/月
【1GBプラン】
月月割ナシ
8,830円/月

なんと、使える通信量を20GBから1GBに大きく減らしたのにもかかわらず、【月月割】が適用されなくなることにより、月額料金がほとんど同じになってしまうのです。

これが「1GBプラン」のワナです。

【関連記事】
1GBプランの罠…auとソフトバンクの新プランは損する可能性大

そのため、「月月割」が終わっているかいないか?で、「1GBプラン」に変更しても大丈夫かどうか?が変わります。

 いまあなたがお使いのスマホは、どれぐらいの期間お使いになられていますか?

 分割払いは何回をお選びになられましたか?

ぜひ一度、ご利用明細を確認して、「月月割」が終わっているかどうか?を確認してみてくださいネ。

もちろん、すでに「月月割」の適用が終わっている場合は、この「1GBプラン」のワナにかからないで済みます。
その場合(スマホの本体代の支払いが終わっている場合)、SoftBankに支払う料金は、

・【月月割】終了後
【1GBプラン】
月月割終了後
4,900円/月

↑ここまで減らせます。

 まだ「月月割」が残っていて、毎月スマホの通信制限に苦しんでいます。
どうするのがベストですか?

 

 いまご契約中のプランよりも使える通信量の多いプラン、
・ギガモンスター(20GB)
・ウルトラギガモンスター(50GB)
などに変更されるのがベストです。

ちなみに、ウルトラギガモンスター(50GB)でも通信量が足りない場合のみ、「WiMAX」を手に入れて使えるギガ数を増やした方がいいです。

50GBで足りない時のプラン構成はコチラ

【iphone8 64GB】の場合
通話定額
基本料
2,700円
ウェブ使用料 300円
データ定額
ミニ2GB
3,500円
機種代金 5,460円
月月割
ミニ2GB
-2,810円
WiMAX料金
(とくとくBB)
平均3,000円
合計 12,150円
【補足】

  • データ定額ミニ2GBは、定額通話2,700円の場合しか加入できないため、コチラを選択。
  • ↑「定額通話ライト+データ定額5GB」の場合より、500円安い。
  • データ定額ミニ2GBの場合、月月割が継続適用される。

WiMAXはコチラがオススメ♪

スマホ代節約術はたった2stepで完了♪いよいよその手順を解説します。

「月月割」の適用期間が終了されているSoftBankユーザーの方は、以下の2stepを行えば年間最大19,200円節約することができます。


他社のポケットwi-fiを
手にいれる

 


SoftBankのプランを
【データ定額ミニ1GB】
に変更する

では、いよいよ【2step節約術】のくわしい内容をご説明いたします。

 


他社のポケットwi-fiを
手にいれる

 

最初にお伝えしましたように、SoftBankのポケットwi-fiは手にいれても、あまり役には立ちません。
ですので、スマホ代を節約するときには、他社のポケットwi-fiである「WiMAX」手に入れます。

ちなみに、「WiMAX」はいろんな会社で取り扱われており、ネットでカンタンに入手できます。

WiMAX2+取り扱う会社ロゴ例(↑WiMAXを取り扱う会社ロゴ一例)

 この会社の中で、どこが一番安くてオトクなんですか?

 

 「とくとくBB」さんです。
コチラの会社は、今月の最安値ランキングでNo.1の座を獲得している人気の会社です。

高い会社になると月平均4,000円をこえるところ、「とくとくBB」さんなら月平均約3,000円で「WiMAX」が使えます。
ただし、
安く使える反面、ちゃんと手続きをしないと損してしまう危険性もあります。

ですが、ご安心を。

当サイトの「とくとくBBで契約する前に知っておきたい注意点」の記事をご覧いただければ、損することなく最大限オトクに「WiMAX」が使えるようになります。

とくとくBBの3つ注意点へ

 

 


SoftBankのプランを
【データ定額ミニ1GB】
に変更する

 

とくとくBBさんで「WiMAX」を手に入れたあとは、SoftBankのデータプランを一番安いプランに変更します。

SoftBank
ウルトラ
ギガモンスター
(50GB)
7,000円
ギガモンスター
(20GB)
6,000円
データ定額
(5GB)
5,000円
データ定額ミニ
(2GB)
3,500円
データ定額ミニ
(1GB)
2,900円

【参考】SoftBank公式HP
データプラン

節約後、あなたは「WiMAX(ポケットwi-fi)」を使ってネットにつなぎます。
そのため、SoftBankのスマホ単体での通信量は、一番安い1GB(2,900円)でおさえられるハズです。

いまあなたがご加入中の高額な「大容量プラン」を、最安値2,900円の「1GBプラン」に変更することによって、その差額分のお金が浮きます。
そして、浮いたお金の一部を「WiMAX」の支払いに使います。

その結果、プラン変更によって減った通信量を「WiMAX」でおぎないながら、たくさんのお金の節約ができるワケです。

 この節約方法を実際にしたとき、毎月の支払い金額の合計はどれぐらいになりますか?

 

 たとえば、「通話定額ライト」をご利用中の方でしたら、月平均約7,900円(税抜き)となります。

もちろん、この月平均約7,900円は「WiMAX」の料金も含めた金額となります。

タップでくわしい計算が開きます。

通話定額
ライト基本料
1,700円
ウェブ使用料 300円
データ定額
ミニ1GB
2,900円
WiMAX料金
(とくとくBB)
平均3,000円
合計 7,900円
 
 

以上が、【2step節約術】のくわしい内容となります。

最後にもう1度だけ、節約に必要な手順をのせておきますので、さらっとご確認ください。

 


他社のポケットwi-fiを
手にいれる

 


SoftBankのプランを
【データ定額ミニ1GB】
に変更する

アナタもさっそくSoftBankのスマホ代を節約されるなら、まずは【Step1】で必要となる「WiMAX」を手にいれていきましょう。
節約するなら、早ければ早いほどオトクです。

なお、「WiMAX」につきましては、下の緑ボタンより「とくとくBB」さんの注意点を知ってから入手すると間違いありません。

【月月割】の適用期間が終わった方専用!あなたのお悩みにお答えいたします【Q&A】

他社のポケットwi-fi(WiMAX)を使って節約するときのデメリットは、なにかありますか?
上の絵のように、ネットはいつも「WiMAX」で繋ぐ必要がある。
これが1番のデメリットとなります。

 

「WiMAX」を使って節約している途中で機種変更した場合、「月月割」が受けられなくて損するのでは…?
ワンキュッパ割」があるので、大丈夫です。
こちらの割引が適用されると、
・1年目:2,420円/月
・2年目:1,420円/月
値引きされます。

 

いま通信制限で困っています。
ウルトラギガモンスターに変えるか?ポケットwi-fi(WiMAX)を手に入れるか?
どっちがいいですか?
ポケットwi-fi(WiMAX)がオススメです。
ウルトラギガモンスター(50GB)よりも使えるギガ数が多いのに、1,100円も安くなります。

【計算式はコチラ】

【ウルトラギガモンスター】の場合
通話定額
ライト基本料
1,700円
ウェブ使用料 300円
ウルトラ
ギガモンスター
(50GB)
7,000円
合計 9,000円

【WiMAX】の場合
通話定額
ライト基本料
1,700円
ウェブ使用料 300円
データ定額
ミニ1GB
2,900円
WiMAX料金
(とくとくBB)
平均3,000円
合計 7,900円
【差額】
1,100円

 

ノートパソコンとかタブレットとかをネットに繋ぎたいのですが、「テザリングorポケットwi-fi(WiMAX)」どっちがいいですか?
ポケットwi-fi(WiMAX)の方がいいです。
「ギガモンスター(20GB)+テザリングオプション」の場合よりもたくさん使える上に、毎月600円安くなります。

【計算式はコチラ】

【ギガモンスター】の場合
通話定額
ライト基本料
1,700円
ウェブ使用料 300円
ギガモンスター
(20GB)
6,000円
テザリング
オプション
500円
合計 8,500円

【WiMAX】の場合
通話定額
ライト基本料
1,700円
ウェブ使用料 300円
データ定額
ミニ1GB
2,900円
WiMAX料金
(とくとくBB)
平均3,000円
合計 7,900円
【差額】
600円

 

家族で4人でSoftBankのスマホを使っています。
「ウルトラギガモンスター」にみんなで変えると、「みんな家族割」で合計8,000円オトクになるようです。
これってオトクなのでしょうか?
家族のみなさまが、おもに外出先でたくさんネットを使われるならオトクです。
ですが、
おもに自宅でしかネットを使わないのであれば、【SoftBank光】の固定回線を活用した方がオトクです。

【計算式はコチラ】


【ウルトラギガモンスター】の場合
通話定額
ライト基本料
6,800円
(1,700円×4人)
ウェブ使用料 1,200円
(300円×4人)
ウルトラ
ギガモンスター
(50GB)
28,000円
(7,000円×4人)
みんな家族割 -8,000円
(2,000円×4人)
合計 28,000円

【SoftBank光】の場合
通話定額
ライト基本料
6,800円
(1,700円×4人)
ウェブ使用料 1,200円
(300円×4人)
データ定額
ミニ1GB
11,600円
(2,900円×4人)
おうち 光割 -2,000円
(500円×4人)
SoftBank光料金 約5,000円
合計 22,600円
【差額】
5,400円

【参照】SoftBank公式HP
みんな家族割
おうち 光割

 
 

以上が、【Q&A】となります。
ほかにもなにか疑問がありましたら、当ページ最下段よりお気軽にコメントくださいネ。

それでは、「WiMAX」を使った節約術を試されるアナタは、コチラから⇒【とくとくBB】さんの注意点をご覧くださいませ。

 

【補足1】最大で年間19,200円の節約のくわしい内容

<前提条件>
ウルトラギガモンスター(50GB)に加入中
テザリングオプションに加入中
「月月割」の適用期間終了

 

まずは、パケットパックを「ウルトラギガモンスター」から、「データ定額ミニ1GB」に変更します。

 プラン変更
ウルトラギガモンスター(50GB)
7,000円
データ定額ミニ1GB
2,900円
差額
4,100円

次に、「テザリングオプション」を解約します。

 オプション解約
テザリングオプション
500円
オプションなし
0円
差額
500円

そして、「とくとくBB」さんにて、他社のポケットwi-fiである「WiMAX」を契約します。

 とくとくBBの金額
ギガ放題2年プラン
平均3,000円

さきほど、SoftBankのパケットパックを変更したことによって節約した「4,100円」と、テザリングオプションを解除したことによって節約した「500円」を、「とくとくBB」さんの支払いに使います。

 節約できる金額
4,100円+500円-3,000円=1,600円
1,600円×12ヶ月=19,200円

その結果、上のような金額となり、年間最大19,200円の節約ができます。

目次に戻る

【補足2】月月割の適用アリorナシの計算式

・【月月割アリ】(ex.iPhone8)
通話定額
ライト基本料
1,700円
ウェブ使用料 300円
ギガモンスター
(20GB)
6,000円
機種分割払い
(24回払い)
3,930円
月月割 -2,810円
合計 9,110円

 

・【月月割ナシ】(ex.iPhone8)
通話定額
ライト基本料
1,700円
ウェブ使用料 300円
データ定額
ミニ1GB
2,900円
機種分割払い
(24回払い)
3,930円
月月割 0円
合計 8,830円

当サイトのおすすめメニュー~気になる画像を選ぼう♪~

(↑スワイプで動かせます)

2件のコメント

  • 有吉以次

    AUポケットWiFiわAUスマホセットでいくらになりますか

    • 管理人クーマ

      有吉様、コメントありがとうございます。
      管理人クーマです。

      さっそくご質問にお答えさせていただきますネ!

      「auのポケットwi-fi」+「auのスマホ」をセットで契約した場合、4,380円/月となります。

      <参考>
      WiMAX2+ フラットfor DATA EX(au公式HPより)

      ちなみに、「auスマートバリューmine」という割引きサービスがあるので、これに加入した場合最大1,000円の割引が受けられます。
      ただ、この割引サービスは、au以外の会社(WiMAX系)でも受けられるため、auで契約するメリットはありません。
      くわしくは、↓の記事にて解説していますので、お時間がございましたらお読みいただけると幸いです。

      【関連記事】
      auユーザーがWiMAXを契約するなら、auと他社どっちお得?

コメントを残す