とくとくBBの評判の真実!各所で噂される『7つの悪評』は本当か!?

とくとくBBはどう?
良かった!最低だった!
賛否両論ある【とくとくBB】さんへの口コミや評判の数々…。
コチラでポケットwi-fi(WiMAX)をご利用予定なら、悪い評判とその真実は、後悔しないためにもチェックしておきたい情報です。
この記事では「7つの悪評」について、当サイト管理人の体験と、直接頂いたコメントをもとに、その事実を包み隠さず公開します。
とくとくBBはどう?

「良かった!最低だった!」
賛否両論ある【とくとくBB】さんへの口コミや評判の数々…。
コチラでポケットwi-fi(WiMAX)をご利用予定なら、悪い評判とその真実は、後悔しないためにもチェックしておきたい情報です。
この記事では「7つの悪評」について、当サイト管理人の体験と、直接頂いたコメントをもとに、その事実を包み隠さず公開します。

口コミ系サイトやSNS上でよくある『7つ悪評』の事実とは!?

とくとくBBを利用した証拠画像

 

①キャッシュバックが難しい!

 

キャッシュバックのイラストいま【とくとくBB】さんをご検討中の方ならご存知の通り、こちらの会社ではキャッシュバックキャンペーンが行なわれています。
しかし、この魅力的なキャンペーンについて、

  • キャッシュバックのハードルが高い!
  • 手続きが分かりにくい!
  • 1円も受け取れなかった!

といったような批判が、あちこちで見られます。
どうしてお得なハズのキャンペーンが、上のように悪く言われているのでしょうか?

それは、キャッシュバックが「申請手続きをしないと受け取れない」という仕組みになっているからです。

実は【とくとくBB】さんのキャッシュバックは、ポケットwi-fi(WiMAX)を契約し、ただ使っているだけでは受け取れません。キャッシュバックのルール 黒板契約とは別の「申請手続き」をすることで、キャッシュバックが受け取れる仕組みとなっています。

勘のするどい方はお察しの通り、さきほどお伝えした「キャッシュバックが難しい!」との批判があるのは、この「申請手続き」を忘れてしまい、キャッシュバックを受け取れずに涙をのんだ方がいらっしゃるからです。

さて、ここでひとつ疑問があります。

はたして【とくとくBB】さんのキャッシュバックは、そんなにも受け取るのが難しいのでしょうか?

その答えは、ノーです。

事実、当サイト管理人が体験したところ、キャッシュバックに必要な「申請手続き」はとてもカンタンでした。

ちなみに具体的なキャッシュバックの手順は、たったの3step。
それだけでお金が振り込まれました。

 「申請手続き」がカンタンなのに、どうしてキャッシュバックが受け取れなかった方がいるんですか?

 

 「申請手続き」の時期が約11ヶ月後~12カ月後のみだからです。

【とくとくBB】さんのキャッシュバックキャンペーンは、契約してからスグに「申請手続き」はできません。
「いつ手続きができるのか?」というと、契約してから約11ヶ月後~12カ月後の期間のみとなっています。

もちろん、この期間以外は「申請手続き」はできないですし、期間を逃すとキャッシュバックは無効となってしまいます。
そのため、手続きを忘れてしまい、お金を受け取れなかった方がいらっしゃいます。

しかし、「申請手続き」の時期さえ覚えておければ、さきほどもお伝えしましたように手続き自体はカンタンです。
ですので、【とくとくBB】さんを利用される際は、その“時期”を忘れないようにしておけば確実にキャッシュバックが受け取れます。

【補足】
(今月契約した場合の正確な「申請手続き」の時期は、『【とくとくBB】契約前に知っておきたい3つの注意点』の記事にてお伝えいたします。)

ちなみに…
「お金、本当に返ってくるの?」と、心配される方がたまにいらっしゃりますが、その点はご安心ください。キャッシュバックが振り込まれた証拠画像上の画像のように、本当にキャッシュバックが受け取れます。

【申請手続きが不安な方へ】

「約11ヶ月後の手続き、忘れてしまわないかな?」と少しでも不安に思われた方は、『簡単手続きでお得に使える会社TOP7』の記事をご覧ください。
申し込み手続きだけでお得にWiMAXが手に入る会社が、料金の安い順に見られます。(※安さは【とくとくBB】さんの方が上です。)

 

 

②対応サービスが悪い!

 

「たしかに悪い時もあるかもしれない。
だけど、サポート担当の対応は丁寧。」
これが当サイトの結論です。

その根拠は3つ。

  • 当サイトにコメントをくださった方によると「メール内容分かりにくく、不親切な対応だった」そうだから。
  • 時期によっては有料電話なのに繋がりにくかったり、メールの返信が遅かったりすることもあるようだから。
  • 実際に電話にて「simの返却は必要か?」と問い合わせたところ、丁寧に対応してもらったから。

このように悪い面もあれば良い面もあるのが、【とくとくBB】さんの対応サービスの事実です。
もし、この事実をお知りになって、

パソコンとかスマホとか、そういったものに弱いし、もっと手厚いサポートがほしいなぁ…。

と思われた場合は、【とくとくBB】さんではなく【BIGLOBE】さんがオススメ。
サポートセンターの通話料金が無料なのに繋がりやすい時間帯が多く、しかも365日対応してもらえます。

もちろん【BIGLOBE】さんは対応サービスが優れている分、【とくとくBB】さんよりは少し料金は上がります。
下の表で、料金差をご確認ください。
(どちらの会社を選んでも、WiMAXの性能は同じです。)

【料金の比較】(※新機種を選んだ場合)
  とくとくBB BIGLOBE
平均月額料金 3,470円/月 3,786円/月

ちなみに【とくとくBB】さんを利用中、必要となる手続きはすべてオンライン上の操作で完了します。
そのため、電話やメールにてサポートセンターに問い合わせをすることは基本的にありません。

 

 

解約違約金が高い!

 

これは事実でした。
「でした」というのは、2019年2月より解約違約金が「最高24,800円⇒19,000円」に変更されたからです。
この変更で【とくとくBB】さんは↓の表のように、他社と同じ水準になりました。

【解約金一覧表】
会社名 0~12カ月目 13~24カ月目 25カ月目~
とくとくBB 19,000円 14,000円 9,500円
So-net 19,000円 14,000円 9,500円
@nifty 19,000円 14,000円 9,500円
DTI 19,000円 14,000円 9,500円
カシモ WiMAX 19,000円 14,000円 9,500円
Broad WiMAX 19,000円 14,000円 9,500円
BIGLOBE 19,000円 14,000円 9,500円
 「解約」って、どのタイミングでも違約金がとられるんですか?

 

 いいえ。
どの会社も「契約更新月」という月があり、この月に解約すれば違約金はゼロ円となっています。

【とくとくBB】さんの場合は、端末発送月の翌月を1ヶ月目とし、37カ月目が「契約更新月」となっています。
この「契約更新月」は、WiMAX契約後にログインできる「会員ページ」で確認できます。

【補足】
「契約更新月」のご確認方法は『【とくとくBB】の解約方法説明』記事でもお伝えしています。

ちなみに【とくとくBB】さんでは、私たちが高額な「解約違約金」を払わなくてもいいように、2つの「違約金免除制度」が用意されています。
それが「初期契約解除」と独自の「20日以内の解約違約金無料キャンセル」です。

この2つの制度が用意されているため、よほどのことがない限り、1万円を超える解約金を支払うことはありません。

2つの「違約金免除制度」について

「初期契約解除」とは?
「WiMAX本体の到着・契約書類到着」の遅い方から計算して、8日以内なら違約金ナシで解約できる制度。
ただし、WiMAX本体の返却と事務手数料3,000円(税抜)は必要となります。

【参考資料】総務省HP

 

「20日以内の解約違約金無料キャンセル」とは?
【とくとくBB】さんが独自で用意している保証特典です。
ピンポイントエリア判定が「◯」の時のみ適用されます。
申込み日を1日として、20日以内に【とくとくBB】さんでWiMAX2+端末の返品を確認できた場合のみ「解約違約金」が免除されます。

 

 

④通信速度が遅い!

 

この評判は事実でもあり、間違いでもあります。
なぜなら、通信速度は「その時間、その地域で、どれだけの人が使っているか?」といった“使用環境”で大きく変わってしまうからです。

実際に当サイト管理人が通信速度を計測してみたところ、空いている時間帯と混んでいる時間帯とでは、平均で約4.4Mbpsの速度差がありました。

・平均通信速度
空いている時間帯 混んでいる時間帯
6.587Mbps 2.193Mbps

速い時もあれば、遅い時もある。
これはWiMAXだけでなく光回線でも起こる問題であり、ネット回線の宿命でもあります。

ところで、速度が遅いのは【とくとくBB】さんの責任ではありません。
なぜなら、【とくとくBB】さんをはじめ、WiMAXを取り扱っている会社のすべてが、【UQ WiMAX】さんの回線を借りて商売をしているからです。ということは「速度が遅い」原因は、WiMAXの設備を管理している【UQ WiMAX】さんにあります。

もちろん、【UQ WiMAX】さんも「速度が遅い」と言われたまま黙っているワケではありません。
日々メイン回線である「WiMAX2+」品質向上に取り組んでいます。

その成果として、通信速度は時が経つにつれ高速化。
事実、3年前は最大通信速度220Mbpsだったのに対し、2019年1月には最大通信速度1Gbps超まで向上しています。

USENさんにて計測)

ちなみに、久しぶりにスピードテストを試してみたところ、上の画像のように速度は安定し、速さも向上していました。
2016年2月のスピードテストの結果と、今回の結果をまとめましたので、ぜひ一度比較してみてください。

【2016年2月】
最大速度 最低速度 平均速度
10.152Mbps 3.079Mbps 6.587Mbps
 約2年後
【2018年3月】
最大速度 最低速度 平均速度
12.593Mbps 11.594Mbps 7.209Mbps
【2016年2月】(単位:Mbps)
最大速度 最低速度 平均速度
10.152 3.079 6.587
 約2年後
【2018年3月】(単位:Mbps)
最大速度 最低速度 平均速度
12.593 7.209 11.594

このスピードテストは、最大通信速度220Mbpsにしか対応していない旧機種【WX02】で行いました。
それにもかかわらず、「最大速度・最低速度・平均速度」すべて向上しているのが、お分かりいただけるかと思います。

さらに後日、最大通信速度440Mbpsに対応した【WX05】で通信速度を計測してみると、WX05-tsushinsokudo-keisokugazou↑のように、かなり通信速度が向上していました。
このようにWiMAXは日々進化し続けています。

また、「速度が遅い」という悪評の中には、

いきなり通信速度が遅くなった!

とのクレームもあります。
これは「ハイスピードプラスエリアモード」というサブモードを、よく理解しないまま使用されているのが原因です。

すこし詳しくご説明いたします。

WiMAX端末には、以下の2つのモードが搭載されています。

メインモード サブモード
ハイスピード
モード
ハイスピード
プラスエリアモード
月間上限ナシ 月間上限7GBまで

2つのモードのうち、サブモードである「ハイスピードプラスエリアモード」は月間上限7GBまでしか使えません。
たとえ「月間上限ナシ」となるギガ放題プラン加入していても、です。

 「ハイスピードプラスエリアモード」の通信量が上限の7GBを超えると、どうなるんですか?

 

 WiMAXの通信速度が、スマホの通信制限時と同じ128Kbpsに制限されます。

しかもその制限期間は、7GB越えた瞬間からその月はずっとです。
そのため「いきなり通信速度が遅くなった!」とのクレームがあるのです。

いまご説明いたしましたサブモードである「ハイスピードプラスエリアモード」の通信制限はややこしいので、よく知らない方はぜひ↑の記事を一読ください。
たくさんの方がよく知らずに激遅の速度に通信規制され、困っていらっしゃいます。

通信速度が遅い!のまとめ
  • 通信速度は、ソコで実際に使ってみないと分からない。
  • 「速度は遅い」という悪評の原因は、【とくとくBB】さんではなく回線を管理している【UQ WiMAX】さんにある。
  • 【UQ WiMAX】さんも品質向上に取り組んでいて、私たちが体感できるほど速度は日々向上している。
  • 「ハイスピードプラスエリアモード」の通信制限は超低速化なので要注意。

 

 

⑤電波が悪い!

 

ポケットwi-fi(WiMAX)は、実際にその場所で使ってみないと、しっかり電波が届くかどうかが分かりません。
そのため、一部の利用者さんから「電波が悪い」と言われることがあります。

もちろん、この「電波が悪い」という悪評の原因も、先ほどの「通信速度が遅い」と同じく【UQ WiMAX】さんにあります。
【とくとくBB】さんも【BIGLOBE】さんも、その他の業者さんも、設備を借りているだけなので「電波の良し悪し」には関係ありません。

 エリア判定が「〇」の地域なのに、電波が悪いことがあるって聞いたことがあるんですけど…?

 

 それは、WiMAXのメイン電波である「WiMAX2+」の性質が原因です。

「WiMAX2+」は、その性質上「分厚い壁・地下」など、障害物が多いと繋がりにくくなります。そのため、エリア判定で「〇」の地域であっても、使う場所によって繋がらないこともあります。

当然、回線を管理している【UQ WiMAX】さんは、「WiMAX2+」が障害物に弱いという問題の対策にも力を入れています。
その証拠に、主要な地下鉄やビルなど、さまざまな場所で電波が入るようになってきています。

【UQ公式HP】
ここで使える!WiMAX2+

また、先ほど月間上限7GBまでしか使えないとお伝えしたサブモード「ハイスピードプラスエリアモード」は、「WiMAX2+」の電波が届かない時に強い電波が使える補助モードでもあります。
使える通信量の上限が決まっていますが、もしもの時に役立ちます。

 

 

メールがうざい!

 

必要のないメールが、たくさん届くのは事実です。

だいたい毎月10件程度、広告系のメールが会員専用のメールボックスに届きます。そのため、人によってはウザイと感じることもあるかもしれません。

ちなみに私の場合は、契約期間中にメールボックスを開いたのはたったの5回程度だったので、全然気になりませんでした。
同じようにメールボックスを開くことが少ない方なら、ウザイと感じることはないと思います。

 「キャッシュバック申請」のメールが埋もれるぐらい、たくさん送られてくるって本当ですか?

 

 たしかに「キャッシュバック申請」のメールが届くまで、たくさんのメールがきます。
ですが、「キャッシュバック申請」のメールが来る月さえ覚えておけば、埋もれてしまうことはありません。

実際、キャッシュバック申請月のメールは合計8件だけでした。8件の中から「申請手続き」に必要なメールを探すだけだったので、すぐに見つけられました。

 

 

解約が面倒くさい!

 

これは嘘です。
実際に解約手続きをしてみたところ、とてもカンタンでした。
BBnaviという会員専用ページにて、ボタンをポチポチ押していくだけでスグに手続きが完了します。
もちろん、電話で引き留められることもありません。

解約するときの注意点としては、無料で解約できる期間が「契約更新月の前月21日から20日の間」であることぐらいです。
コレさえ気をつけておけば、問題なくカンタンに解約できます。

 
 

以上が、【とくとくBB】に対する『7つの悪評』とその事実でした。

これまでの内容をお読みになり、

  • キャッシュバックの「申請手続き」を忘れそうで怖い。
  • もっと対応サービスがしっかりしている会社の方が良い。
  • 手続きがカンタンなところを選びたい。

と思われた場合は、「簡単手続きでオトクな会社ランキングTOP7」の第1位の会社をご利用ください。
【とくとくBB】さんよりも少し料金は高いですが、キャッシュバックを受け取り忘れて損することはありません。

それとは反対に、

「手続き」は問題ないし、
やっぱり最安値でWiMAXを使いたい!

と思われた場合は、安さNo.1の【とくとくBB】さんをご利用ください。
どの会社よりも安く、WiMAXが使えます。

【新機種W06の場合】
0ヶ月目
(端末受け取り月)
事務手数料3,000円

月額料金3,609円の日割り
1~2ヶ月目 3,609円
3ヶ月目~(解約まで) 4,263円
キャッシュバック金額
32,050円
平均月額料金 3,470円

【とくとくBB】の関連記事まとめ~契約から解約まで~

当サイトのおすすめメニュー~気になる画像を選ぼう♪~

(↑スワイプで動かせます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。