【@nifty】他社WiMAXとの料金差に注目!お得に利用するポイント3つ

【@nifty】

今月の最安値ランキング」にて、第6位にランクインしている会社。
3万円を超える高額のキャッシュバック、そして、受取りが5カ月目という払込みの早さが魅力です。
また、電気やガスといったライフラインを一括にまとめてお得にできる会員サービスも充実しています。


@nifty


今月の最安値ランキング」にて、第6位にランクインしている会社。
3万円を超える高額のキャッシュバック、そして、受取りが5カ月目という払込みの早さが魅力です。
また、電気やガスといったライフラインを一括にまとめてお得にできる会員サービスも充実しています。

他社との差はどれぐらい?料金比較で分かる第6位の実力とは?

今月の最安値ランキングにて第6位の【@nifty】さん。
ほかの会社と比較してみると、やはり料金面では劣っています。
まずは、下の比較表をご覧ください。

(※CB=キャッシュバック)
順位 会社名 平均
月額料金
1位 とくとくBB
(※CBアリ)
2,915円
2位 hi-ho
(※au以外)
3,072円
3位 3WiMAX
(※au限定)
3,175円
4位 とくとくBB
(※CBナシ)
3,283円
5位 So-net 3,463円
6位 @nifty 3,562円
7位 BIGLOBE 3,592円

ご覧のように、平均月額料金に結構な差があります。
これだけ差を開けられていると、第1位の会社に比べて年間約7,700円も支払う金額が違ってきます。

 でも、【@nifty】さんの方が料金が高い分、なにか良いことがあるのでは…?

 

 いちおうですが、以下の2点のメリットがあります。

  1. キャッシュバック時期が早い
  2. 不要なオプション加入ナシ

ですが、あの料金差を考えると、あえて【@nifty】さんを選ぶにはちょっと「メリットが弱い」と言わざるを得ません。

あなたもご存知かとは思いますが、さきほどのランキングTOP7の会社で入手できる『WiMAX(ポケットwi-fi)』は、どこの会社でも性能や使える通信量は同じです。「どこの会社も同じWiMAX」のイラストですので、できるだけ料金の安い会社を選ぶのが、お得にWiMAXを利用するコツとなります。

「それでも【@nifty】を選びたい!」といったこだわりの強い方だけ、この記事の続きをご覧ください。
こちらの会社を最大限お得にする方法をお伝えいたします。

 最安値の会社を選びたい方はこちら⇒

【@nifty】を利用するなら押さえておきたいポイント3つ

 


キャッシュバックは手続きが必要

 
 


キャッシュバックは手続きが必要

 

【@nifty】さんが行っているキャッシュバックキャンペーン。
こちらは、他の会社と同じように『手続きをしないと無効』となってしまう仕組みとなっています。
なので、

 そういえば契約した時に書いてあった〇〇万円って、いつになったらかえってくるのかな…?

といった感じで過ごしていると、もらい忘れて損してしまいます。
くれぐれも「手続きが必要」ということを忘れないようにして下さい。

なお、気になる手続きの方法ですが、【@nifty】さんで契約が完了すると「スタートキット」という書類が届きます。
そして、書類の中に書いてある「URLに接続」し、「口座情報」など入力することで完了します。@niftyのキャッシュバック受け取り手順手続きが完了したら、あとは5カ月目に振り込まれるのを待つだけです。

【参考】
キャッシュバック特典の受け取りまでの流れを教えてほしい。(@nifty公式HP内)

う~ん…。
手続きを忘れてしまわないかちょっと心配…。

と思われた場合は、キャッシュバックナシでも安い【So-net】さんをおすすめいたします。
こちらの会社なら、手続きをしなくてもお得に利用できます。

 

 


ハイスピードプラスエリアモードの扱いには注意

 
 


ハイスピードプラスエリアモードの
扱いには要注意

 

『WiMAX』本体には、下の表のように2つのモードが搭載されています。

メイン サブ
ハイスピードモード ハイスピード
プラスエリアモード

普段使うのがハイスピードモード。
そして、電波が悪い時に補助的に使うのがハイスピードプラスエリアモードです。

さて、この補助的に使うハイスピードプラスエリアモードですが…
たとえ月間上限ナシの「ギガ放題プラン」に加入していても、月間上限7GBまでしか使うことができません。

しかも、
上限である7GBを超えてしまうと、月間上限ナシのハイスピードモードも道連れで激遅に制限されてしまいます。ハイスピードプラスエリアモード概要まとめ

ハイスピードプラスエリアモードの仕組みは少しややこしいので、しっかり知っておきたい方は、上の「よりくわしい解説記事」をご覧ください。
それ以外の方は、とりあえず「ハイスピードプラスエリアモードは、月間上限7GBまで絶対使ったらダメ!」ということを覚えておけば大丈夫です。

 

 


『NifMo』とセットでちょっぴりお得

 
 


『NifMo』とセットでちょっぴりお得♪

 
【@nifty】さんは、『NifMo』という格安スマホも取扱っています。
そして、この『NifMo』と『WiMAX』をセットで利用すると、ちょっぴりお得になります。

というのも、『WiMAX』だけ契約している時に請求される会員費「@nifty基本料金(250円/月)」が、セットにすることで無料になるからです。

【参考】
@nifty基本料金とは何ですか。(@nifty公式HP内)

ちなみに、
この記事のはじめにご覧いただいた料金比較表は、この「@nifty基本料金(250円/月)」が含まれた料金で比較した表です。
ですので、
もしもあなたが『WiMAX』とセットで『NifMo』の格安スマホをご利用された場合は、毎月250円値引きされ、以下のようにランキングの順位が変わります。

(※CB=キャッシュバック)
順位 会社名 平均
月額料金
1位 とくとくBB
(※CBアリ)
2,915円
2位 hi-ho
(※au以外)
3,072円
3位 3WiMAX
(※au限定)
3,175円
4位 とくとくBB
(※CBナシ)
3,283円
5位 @nifty 3,312円
6位 So-net 3,463円
7位 BIGLOBE 3,592円

順位が第6位⇒第5位と少しだけランクアップし、第1位との差も年間約7,700円⇒約4,800円と変わります。
そのため、少しでも【@nifty】さんをお得に利用したい時は、格安スマホをセットにすると◎です。

 【@nifty】さんについてちょっと調べてみたら『まるっと割』というのがあったんですが、あれは何ですか?

@niftyまるっと割の概要まとめ「ネット(固定回線)・格安スマホ・でんき・ガス」のうち、2個以上セットにすると割引されるサービスです。

【参考】
まるっと割(@nifty公式HPより)

しかし残念なことに、いまのところ『WiMAX』はネットでもスマホでもない扱いとなっており、割引対象外となっています。

 

『3つのポイント』まとめ

  1. キャッシュバックは手続きが必要
  2. ハイスピードプラスエリアモードの扱いには注意
  3. 『NifMo』とセットでちょっぴりお得

 

以上が、【@nifty】さんのWiMAXをお得に利用するために知っておきたいポイントとなります。

【Q&A】みんなの疑問を一問一答

プランはどれを選べばいいですか?
「WiMAX 2+ Flat 3年 ギガ放題」をお選びください。

 

どの機種がおすすめですか?
最新機種「Speed Wi-Fi NEXT WX05」がおすすめです。

WX05の写真

 

「クレードル」ってなんですか?
下の画像のWiMAX本体を挿しこむ台座です。WX05クレードルの写真この台座に挿しこんでいる間は、電波が強くなります。

 

「クレードル」は買った方がいいですか?
約4,000円(税込)も別料金がかかるので、とりあえず買わなくていいかと思います。
(※もしも、あとで欲しくなった時はコチラで購入できます。)

 

なにかオプションは入っておいた方がいいですか?
無料の「@niftyポイントモール」だけで十分かと思います。

 

クレジットカードがないのですが…?
タップで回答を開きます。

新しくカードをお作りするか、「クレカ不要ランキングTOP3」の中から別の会社をお探しください。
もし新しくカードをお作りする場合は、年会費永年無料の楽天カードがオススメです。

以上となります。
ほかにも何か気になることがございましたら、気軽にコメントいただけると幸いです。

それでは毎月の料金表と平均月額料金を確認後、【@nifty】公式ページへご訪問くださいませ。

【毎月の料金表】(3年プラン)
0ヶ月目
(端末受け取り月)
1~2ヶ月目
事務手数料3,000円
+
@nifty基本料金
250円
3,420円
+
@nifty基本料金
250円
3ヶ月目~
4,100円+@nifty基本料金250円
キャッシュバック金額
30,100円
平均月額料金 3,562円

当サイトのおすすめメニュー~気になる画像を選ぼう♪~

(↑スワイプで動かせます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。