docomoユーザー必見!ポケットwifiで、家族のスマホ料金を節約する方法!「旧プラン」のまま最大18万円以上節約可。

うちの家族は、
みんなdocomoのスマホ。

でしたら、かしこくポケットwi-fiを使えば年間最大約18万円ものお金が節約できるかもしれません。

  • 「新プランと旧プランってどっちがお得なの?」
  • 「ウチの家族は、どれだけ節約できるの?」

といった疑問をまず解決し、『家族みんなでスマホ料金を減らす』裏技をイラスト付きで解説します。

うちの家族は、
みんなdocomoのスマホ。

でしたらかしこくポケットwi-fiを使えば年間最大約18万円ものお金が節約できるかもしれません。

  • 新プランと旧プランってどっちがお得なの?
  • ウチの家族は、どれだけ節約できるの?

といった疑問をまず解決し、『家族みんなでスマホ料金を減らす』裏技をイラスト付きで解説します。

まずはコレを確認!あなたのご家族のスマホ利用状況は?

いまあなたのご家族で契約しているプランは「旧プラン」ですか?
それとも「新プラン」ですか?
(※プランが不明な時は「My docomo」で確認できます。)もしすでに「新プラン:ギガホ・ギガライト」をご契約中の場合は、新プランの節約術の記事をご覧ください。
いま「旧プラン:〇〇シェアパック」に契約されている方は、このまま当記事をご覧ください。

さて「旧プラン」でdocomoのスマホを利用しているご家族の方に、まず最初に確認していただきたいポイントが2つあります。
それが↓コレです。

上の2つをご確認していただく理由。
それは「旧プラン」⇒「新プラン」に変更すると、いままで適用されていた割引が無効になるからです。
そのためご利用状況によっては、「新プラン」に変更すると損してしまうかもしれません。お察しの通り「旧プランの割引」は、プラン変更で損するか得するかの鍵を握っています。
ということで、ひとつづつ確認していきましょう。

①「月々サポート」適用中の方は、家族で2人以上か?

あなたのご家族のみなさんが、いまお使いになられているスマホ。
入手してから、どれぐらいの年月が経っていらっしゃいますか?
もし2年以内であれば「月々サポート」が適用されているかもしれません。

「月々サポート」とは?

新しいスマホにしてから最大24カ月間、毎月決まった金額が割引されるサービス。
My docomoにて確認可能)

もし「月々サポート」が適用中の方が1人だけであれば、「新プランをつかった節約術」の方がお得となります。
これは「新プラン」の方が基本使用料が安いためです。しかし2人以上いらっしゃるなら、この記事でお伝えする「旧プランをつかった節約術」の方がお得となります。
これは安くなった基本使用料よりも、2人分のスマホ本体の割引(月々サポート)の方が大きいからです。

あなたのご家族の中で、「月々サポート」適用中の方は2人以上いらっしゃいましたか?

②「docomo with」対象の方は、家族で3人以上か?

もしご家族のみなさまが「月々サポート」の適用されていなかった場合でも、「新プラン」に変更すると損する場合があります。
それは「docomo with」適用中の方が、3人以上いらっしゃる場合です。

「docomo with」とは?

docomoが指定するスマホを利用している時、1台につき1,500円割引されるサービス。

この「docomo with」対象の方が、ご家族に2人以下の場合は「新プラン」に変更した方がお得になります。
しかし3人以上いらっしゃる場合は、「旧プラン」のままの方がお得です。あなたのご家族の中で「docomo with」が適用されている方は、何人いらっしゃいますか?2人以下の場合は、新プランを使った節約術へ⇒
ちなみに「docomo with」は、さきほどご確認いただいた「月々サポート」とは併用できません。

もし「月々サポート」×1人、「docomo with」×1人だった場合はどうなんですか?

 

その場合は当記事の「旧プラン」を使った節約術がおすすめです。

年間〇〇万円も!?あなたのご家族で節約できる金額はおいくら?

であることが確認できましたら、ポケットwi-fiでどのぐらい節約できるのかを見ていきましょう。

それでは下の表の中から、あなたのご家族がいま加入されているプランの箇所をご確認ください。(いまのプランが分からない時はMy docomoにて確認できます。)

いまのプラン 年間節約額(目安)
ウルトラ
シェアパック100
181,200円
ウルトラ
シェアパック50
73,200円
ウルトラ
シェアパック30
43,200円
シェアパック15
(旧プラン)
31,200円
ベーシックシェアパック
15GB~30GB
43,200円
ベーシックシェアパック
10GB~15GB
25,200円
ベーシックシェアパック
5B~10GB
-11,040円
ベーシックシェアパック
~5GB
-41,040円

あなたのご家族で節約できる金額は、年間おいくらでしたか?

ポケットwi-fiうまく活用すれば、上の表のように最大約180,000円ものスマホ料金を節約することができます。

だけど節約できるかわりに、なにかデメリットがあるのでは…?

 

下の絵のように、「節約後、ネットに繋ぐ時はいつもポケットwi-fi経由で繋がなければならない」
これが最大のデメリットです。

つまり節約中、あなたのご家族のどなたかがネットを使う時には、4G接続とwi-fi接続いつも「wi-fi接続」の状態にしてもらわなければいけません。
このひと手間が節約の代償です。

あなたの家族は節約に「向いているor向いていない」どっち?

家族みんなでdocomoのスマホ料金を節約する時、壁となる最大のデメリット=「ネットはいつもwi-fi接続で」。
はたしてこのデメリットは、本当に大丈夫なのでしょうか?デメリットは大丈夫 挿絵もちろん、どんなご家族でも大丈夫というわけではありません。
ですが「ネットはいつもwi-fi接続で」のデメリットを、難なくクリアできるご家族がいらっしゃいます。
それが下の2パターンのご家族です。

あなたのご家族は上の2パターンのうち、どちらかに当てはまりましたか?

もし当てはまらなかった場合…残念ながら今回の節約術は向いていません。
こちらのプラン診断より、docomoの料金が安くならないか試してみてください。

上のどちらのパターンに当てはまったご家族の方、おめでとうございます。
今回の節約術に向いています。
ではどうして上の2パターンであれば「ネットはいつもwi-fi接続」のデメリットを難なくクリアできるのか?
その理由をカンタンにご説明いたします。

1.家族みんなが、おもに自宅でネットをたくさん使う。

この1.のパターンの時に、節約の最大のデメリットである「ネットはいつもwi-fi接続で」を、難なくクリアできる理由。
それは置き型のポケットwi-fiを、ご家族のみなさんで共有できるからです。置き型のポケットwi-fi1.のパターンの場合は、ポケットwi-fiの中でも特殊な置き型を使います。
この置き型のポケットwi-fiは、コンセントにさすだけで家中にwi-fiが飛ばせます。
もちろん光回線のように工事は要りません。

節約後、あなたのご家族のみなさんは、下の絵のように家中に飛ばしたwi-fiを使ってネットに接続します。家族で置き型のポケットwi-fiを共有するイラストそうすることで、docomoのモバイルデータ通信(4G接続)の通信量を減らします。
ここで下の表をご覧ください。

【docomoのパック料金】
シェアパック
ウルトラシェアパック100(100GB) 25,000円
ウルトラシェアパック50(50GB) 16,000円
ウルトラシェアパック30(30GB) 13,500円
ベーシックシェアパック
15GB~30GB 13,500円
10GB~15GB 12,000円
5GB~10GB 9,000円
0GB~5GB 6,500円
旧シェアパック
シェアパック15 12,500円
シェアパック10 9,500円
シェアパック5 6,500円

ご覧のようにdocomoの通信量は、減らせば減らすほど安くなります。
具体的には家族全体で毎月5GB未満まで減らすことができれば、最安値の6,500円まで減らせます。

だけどdocomoの通信量を減らしたら、不便になるんじゃないの?

と思われるかもしれませんが、その点は大丈夫です。
あなたの家族のみなさんが、おもに自宅でネットを使用されるなら、減ってしまった分の通信量は置き型のポケットwi-fiで十分補えます。

2.ネットをたくさん使うのは、家族のだれか一人だけ

2.のパターンでは、ネットをたくさん使う方に常にポケットwi-fiを持ち歩いてもらいます。
それだけで「ネットはいつもwi-fi接続で」のデメリットがほとんど解消されます。携帯型のポケットwi-fiもちろんいつも持ち歩く必要があるので、こちらのパターンでは携帯型のポケットwi-fiを使っていきます。

具体的な節約方法としては、携帯型のポケットwi-fiを家族で一番通信量を使う人に渡します。
そしてポケットwi-fiを渡された人は、いつも「wi-fi接続」でネットに繋ぐようにします。今までと節約後のイメージそうすることで、上のイラストのようにdocomoの通信量を「46GB⇒0.3GB」にグンと減らせます。
そして減らした分の通信量は、ポケットwi-fiに補ってもらいます。
このひと手間だけで、いま家族で支払っているスマホ料金が節約できます。

ポケットwi-fiを持ってない家族のメンバーは、どれだけネットが使ってもいいんですか?

 

使ってもいい通信量は、みなさま合わせて毎月5GB未満までです。

もしも合計で5GB以上使ってしまうと、節約額が減ってしまうのでご注意ください。

たったの2stepで完了♪節約の手順をわかりやすく解説します。

あなたのご家族が、ポケットwi-fiを使った節約術に向いていると分かったら、以下の2stepで実際に節約していきましょう。


ポケットwi-fiを手にいれる

 


docomoのプランを【ベーシックシェアパック】に変更する

 

たったの2stepだけで、毎年の家族旅行代ぐらいのお金が節約できます。

ポケットwi-fiを手に入れる

実際に節約する時は、まず最初にポケットwi-fiを入手します。
これは先にdocomoのプランを変更してしまうと、使える通信量が減って不便になってしまうためです。ドコモのポケットwi-fiではなく WiMAXを使うなおこれから手に入れるポケットwi-fiはdocomoのものではなく、「WiMAX」と呼ばれる他社のものとなります。

どうしてdocomoのスマホを使っているのに、ポケットwi-fiはdocomoのモノを使わないのでしょうか?

 

それはdocomoのポケットwi-fiが、下のイラストのように「通信量を共有する」仕組みとなっているからです。ギガホの時、ドコモのスマホとポケットwi-fiの関係たとえば「ウルトラシェアパック30」に加入している場合、30GBをスマホとポケットwi-fiで共有することになります。

共有する仕組みなので、当然docomoのポケットwi-fiを手に入れても使える通信量は増えません。
使える通信量が1GBも増えないのに、スマホ料金にプラスして1,900円/月もとられます。
そして残念なことに、スマホとセットにしてたところで特別に割引されることもありません。

したがってdocomoのスマホ料金を節約する時は、使える通信量が増える「WiMAX」を利用します。
「WiMAX」なら通信制限にかからないように使っても、毎月100GBは使えます。WiMAXの会社 どこでも同じ性能ちなみにこの「WiMAX」はいろんな会社で取り扱われており、その会社によって料金やサービスが異なっています。
しかしどこの会社を選んでも性能は同じなので、より節約額を増やすために最安値の会社を選ぶのがオススメです。

今月は【とくとくBB】さんが最安値の座を獲得しているので、こちらの会社を利用して節約します。

docomoのプランを【ベーシックシェアパック】に変更する

「WiMAX」を手に入れたあとは、docomoのデータプランを一番安いプランに変更します。
「旧プラン⇒旧プラン」の変更なら、機種割引の「月々サポート」も、1,500円値引きの「docomo with」も継続されるので、安心して変更できます。

では節約のために↓のプランに変更していきます。ベーシックシェアパックの解説図この「ベーシックシェアパック」は、その月に家族みんなで使った通信量によって、月額料金が変わる仕組みのプランです。
通信量と月額料金の具体的な内容は、下の表のとおりです。

ベーシックシェアパック
15GB~30GB 13,500円
10GB~15GB 12,000円
5GB~10GB 9,000円
0GB~5GB 6,500円

このように段階的に料金があがっていくプランとなっています。

節約後、あなたのご家族では「WiMAX(ポケットwi-fi)」を使ってネットにつなぎます。
そのため家族全体の通信量は、一番安い0~5GB(6,500円)におさえられます。

今回の節約術では、もとの高額な「大容量プラン」から安価な「ベーシックシェアパック」に変更することによって、多くのお金を浮かせます。
そしてその浮いたお金の一部を「WiMAX」の支払いに使います。
その結果、docomoのプラン変更によって減った通信量をおぎないつつも、たくさんのお金の節約ができるワケです。

この節約方法を実際にしたとき、毎月の支払い金額の合計はどれぐらいになりますか?

 

ご家族の人数毎に目安を計算いたしましたので、下の表をご覧ください。

・毎月の料金目安(※プラチナステージの場合)
2人家族 平均13,500円/月
3人家族 平均15,500円/月
4人家族 平均18,500円/月
5人家族 平均21,000円/月

(※税抜き)

上の料金は「WiMAX」の料金も含めた金額です。
くわしい計算方法はコチラでお見せしていますので、気になる方は参考にしてみてください。

 
 

以上がWiMAXを使った節約術のくわしい内容となります。

最後にもう1度だけ、節約に必要な手順をのせておきますので、さらっとご確認ください。

 


ポケットwi-fiを手にいれる

 


docomoのプランを【ベーシックシェアパック】に変更する

さっそくあなたのご家族でもdocomoのスマホ代を節約されるなら、まずは必要となる「WiMAX」を手にいれていきましょう。
節約するなら、早ければ早いほどオトクです。

なお「WiMAX」につきましては、下の緑ボタンより【とくとくBB】さんの注意点を知ってから入手すると間違いありません。

【参考資料】

【補足1】年間最大節約金額181,200円の計算

<前提条件>
ウルトラシェアパック100に加入中
ずっとドコモ割(ステージ1)

まずはパケットパックを「ウルトラシェアパック100」から、「ベーシックシェアパック」に変更します。

プラン変更
ウルトラシェアパック100 25,000円
ベーシックシェアパック
(~5GB/ステップ1)
6,500円
プラン変更で浮いたお金 18,500円

次に【とくとくBB】さんにて、他社のポケットwi-fiである「WiMAX」を契約します。

とくとくBBの金額
ギガ放題プラン 平均約3,400円

さきほどdocomoのパケットパックを変更したことによって節約した「18,500円」を、【とくとくBB】さんの支払いに使います。

節約できる金額
18,500円-3,400円=15,100円
15,500円×12ヶ月=181,200円

その結果、上のような金額となり、年間最大181,200円の節約ができます。

「ずっとドコモ割プラス」のステージによって、節約できる金額は変わりますよね?
はい、かわります。
そのため最高ランクのプラチナステージの場合は、最大節約金額は161,760円となります。

※ずっとドコモ割プラス
「契約年数・プラン・dポイント獲得額」などによって割引額が変わるサービスのこと。
1stステージからプラチナステージまであります。

目次に戻る

【補足2】節約後の支払料金の計算

ここでは「WiMAXを手に入れてdocomoのスマホ代を節約したとき、毎月の合計支払い額はどのくらいになるのか?」
について4人家族の場合を想定し、具体的に計算していきます。

ぜひあなたの毎月のdocomoの支払い明細と見比べてみてくださいネ。

 

docomoの料金について

 

まずはdocomoの月額料金から計算していきます。

docomoの月額料金は、おもに以下の項目によってかわります。

  • スマホの機種
  • 手続き(機種変更など)
  • 基本プラン
    (2年間の定期契約の有無)

  • パケットパック割引条件
  • ずっとドコモ割プラス還元方法
  • ドコモ光とセットかどうか?
  • パケットパック
  • 家族の人数
  • docomo with(機種変更の場合)

(いやがらせと言ってもいいぐらい多いです。)

今回の計算では、docomo公式サイト内の「料金シミュレーション」の最下段<カケホーダイ&パケあえるで計算>を使って計算していきます。
このシミュレーションで入力が必要となる項目には、それぞれ以下の表のように入力していきました。

<入力項目一覧>
スマホ機種
iPhone×4台
手続き
プラン見直し(機種変更なし)
基本プラン
カケホーダイライトプラン
(2年間の定期契約あり)
パケットパック割引条件
2年以上 ずっとドコモ割コース
ずっとドコモ割還元方法
料金割引 プラチナステージ
ドコモ光とセットかどうか?
利用しない
パケットパック
ベーシックシェアパック/ステップ1
(docomo with)
docomo with対象外

その結果が↓こちら。
税込みで16,610円、税抜きなら15,100円となりました。

もしスマホ本体の機種代金の分割払いが残っている場合には、税抜き15,100円にその分がプラスされます。

docomoの
月額料金
約15,100円/月
(※税抜き)

(+スマホ本体の分割料金)

※計算しやすくするため、【とくとくBB】さんの表示料金に合わせて税抜きにしています。

 

 

「WiMAX」の料金について

 

次に今回の節約術でカギとなる「WiMAX」の料金について計算していきます。

「WiMAX」を【とくとくBB】さんで入手すると、毎月の料金は以下のようになります。

【ギガ放題<W06>
0ヶ月目
(端末受け取り月)
1~2ヶ月目
事務手数料3,000円

月額料金3,609円の日割り
3,609円
3ヶ月~36ヶ月 37ヶ月目~
4,263円 4,263円
(※税抜き)
あれ?なんか高くない?

と思われるかもしれませんが、大丈夫です。

【とくとくBB】さんでは毎月30,000円をこえる高額キャッシュバックキャンペーンが実施されており、これを利用することで結果的に支払うお金を抑えることができます。

ちなみに今月のキャッシュバック金額は↓コチラでご確認いただけます。


(「<W06>」の項目をご確認ください。)

この高額のキャッシュバックと、事務手数料・月額料金など必要となる費用をすべて合計し、平均すると毎月約3,400円で「WiMAX」が使えます。

毎月の平均料金 約3,400円/月
 

docomo+WiMAX
毎月の料金目安

 
docomoの料金詳細
プラン名 料金
カケホーダイライト
プラン
(定期契約あり)
1,700円×4人=
6,800円
ベーシック
シェアパック
(~5GBまで)
6,500円
シェアオプション 500円×3人
1,500円
インターネット接続サービス 300円×4人
1,200円
ずっとドコモ割
プラス
(プラチナ)
-900円
15,100円
(+スマホ本体の分割料金)

 

とくとくBBの料金詳細
料金内容 料金
事務手数料 3,000円
ギガ放題プラン
契約開始月 3,609円の
日割り
1~2カ月目
(3,609円)
×2ヶ月
7,218円
3~36ヶ月目
(4,263円)
×34カ月
93,786円
キャッシュバック -34,500円
3年間合計 122,165円
3年間平均 3,393円
(約3,400円)
(※キャッシュバック金額は毎月かわります。)

 

docomo+とくとくBB
docomo 15,100円
とくとくBB 約3,400円
合計 約18,500円
(+スマホ本体の分割料金)

 

以上より毎月の支払い額の目安は平均18,500円となります。
(ひとりあたり約4,625円)

この金額ならきっと、いまあなたが毎月docomoにお支払いになられている料金よりも、安くなっているハズです。

(⇒本編に戻る

当サイトのおすすめメニュー~気になる画像を選ぼう♪~

(↑スワイプで動かせます)

6件のコメント

  • 匿名

    なるほど

  • がんちゃん

    凄いですね、節約したお金で旅行行けます

  • 匿名

    ポケットWi-Fiが、入らない場所なら?

    • 管理人クーマ

      匿名様、コメントありがとうございます。

      ポケットwi-fiが入らない場所の場合、以下の2つの対応方法が考えられます。

      1.臨時でdocomoのLTE回線を利用する。
      2.ポケットwi-fiのLTE回線モード(ハイスピードプラスエリアモード)を利用する。

      なお、普段からまったくポケットwi-fiの電波が入らない場所にお住まいの場合は、光回線などの固定のネット回線の利用がベストとなります。

  • たけ

    ポケットWi-Fiって、いくら買えるんですか?ドコモに行って買いたいです。

    • 管理人クーマ

      たけ様、
      当サイトへのご訪問および、ご質問ありがとうございます。

      docomoのポケットwi-fiは、以下の価格で手に入ります。

      ・機種代金実質0円
      (月々サポート適用のため)

      毎月1,900円
      (docomoのスマホを利用中の場合)

      なお、当記事にも記載していますように、使える通信量は増えない点にはご注意ください。
      もし、また何かご質問がございましたらコメント頂けると幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。