ポケットwi-fiでスマホ代を節約するための【3つの条件】とは?

スマホ代の節約術

「ポケットwi-fiをうまく使って、
スマホ代をかしこく節約する。」
それには、ある【3つの条件】を満たす必要があります。
でなければ、損する上に、不便な思いをすることになってしまいます。
この記事を読めば、あなたがポケットwi-fiで節約できるかどうか?が分かります。

スマホ代の節約術

ポケットwi-fiをうまく使って、
「スマホ代」をかしこく節約する。

それには、ある【3つの条件】を満たす必要があります。
でなければ、損する上に、不便な思いをすることになってしまいます。
この記事を読めば、あなたがポケットwi-fiで節約できるかどうか?が分かります。

ポケットwi-fiを使ったスマホ代節約術~【3つの条件】とその理由~

ポケットwi-fi節約術の3つの条件

3つの条件

 


毎月スマホの通信制限に
苦しんでいる

 


「大容量プラン」を
契約中or検討中

 


いつもポケットwi-fiを
持ち歩いてもいい。

この【3つの条件】を満たしていれば、あなたのスマホ代は節約できます。
なお節約額は、最大で年間186,000円となります。
(※docomoのウルトラシェアパック100の場合)

もちろん、最近CMなどでよく見かける格安スマホは使いません。
いまお使いのスマホ+ポケットwi-fiで節約できます。

まずは、今回の節約術のおおまかな流れをご覧ください。

 


節約術の概要
いま、あなたがご契約中の大手3社の「大容量プラン」この「大容量プラン」というのは、上の画像のように大手キャリアから、たくさんの通信量を買っている状態となります。

ポケットwi-fiを使ってスマホ代を節約するときには、大手キャリアから買っているこの通信量を極限まで減らし…

その減った分の通信量を、ポケットwi-fiに負担してもらいます。

つまり、
毎月必要な通信量を「価格の高い大手キャリア」ではなく、「価格の安いポケットwi-fi」でまかなうことで、スマホ代を節約する作戦です。

 

この節約方法のメリットは、お金を節約できるだけでなく、毎月の使える通信量もアップするところにもあります。
そのため、毎月苦しめられてきたスマホの通信制限ともお別れできます。

 でも、安いかわりにデメリットがあるんじゃないの?

 

 ネットを使うときは、いつもポケットwi-fiを使う必要がある。

これが一番のデメリットです。
このデメリットさえ我慢できれば、さきほどもお伝えしましたように、最大で年間186,000円の節約ができます。

ここで、ポケットwi-fiを使った節約術を実現するための【3つの条件】について、もう1度ご覧ください。

ポケットwi-fi節約術の3つの条件

3つの条件

 


毎月スマホの通信制限に
苦しんでいる

 


「大容量プラン」を
契約中or検討中

 


いつもポケットwi-fiを
持ち歩いてもいい。

この記事では、これから「Q.どうして【3つの条件】が必要なのか?」について、くわしく解説していきます。

そんなことよりも、いますぐ自分に合った節約方法の解説が知りたい!

といったアナタは、下の大手3社のロゴから、いまご契約中の会社をお選びください。
それぞれの会社に合わせた解説記事がご覧いただけます。

 
 

 毎月スマホの通信制限に苦しんでいる。

いまのプランじゃ、ぜんっぜん通信量が足りない!!

そんな方にこそ、ポケットwi-fiは役に立ちます。

ポケットwi-fiはうまく活用すれば、通信制限にかからないように使っても、毎月100GB以上使用可能です。
さらに、もし通信制限にかかってしまっても、ネットが使えるレベルの制限となっています。

通信制限時の速度
スマホ 128kbps
ポケットwi-fi 約1Mbps

なお、ポケットwi-fiの通信制限は、直近3日間の合計通信量が10GB以下になれば、翌日から解除されます。

そのため、スマホの「大容量プラン」に契約しているときとは違い、

あの動画見たいけど、今月はいっぱいネット使ってるし、来月まで我慢しないと…。

と、その月に使った通信量のせいで、やりたいことを我慢する必要もありません。

しかし、もし毎月数GB以下の通信量で足りているなら、ポケットwi-fiは節約には役立ちません。
あまりネットを使わない場合、ポケットwi-fiを手にすると、逆に損することになってしまいます。

なので、ポケットwi-fiを使ってスマホ代を節約するためには、「毎月スマホの通信制限に苦しんでいる=たくさんネットを使っている」という条件を満たす必要があります。

 大容量プランに契約中、あるい変更しようかと考えている。

節約可能スマホでネットをたくさん使いたいとき、まず思いつくのが「大容量プラン」への変更です。
ですが、「docomo・au・SoftBank」の大手3社が提供している「大容量プラン」は、ポケットwi-fiと比べて割高となっています。

大手3社の「大容量プラン」の料金を表にまとめましたので、あなたがご契約中の会社の料金を、さらっと確認してみてください。

docomo
・おひとりの場合
データパック
ウルトラ
データLLパック
(30GB)
8,000円
ウルトラ
データLパック
(20GB)
6,000円
 
 
・ご家族の場合
シェアパック
ウルトラ
シェアパック100
(100GB)
25,000円
ウルトラ
シェアパック50
(50GB)
16,000円
ウルトラ
シェアパック30
(30GB)
13,500円

【参考】docomo公式HPより

 

au
フラットプラン(スーパーカケホ)
auフラットプラン30 8,500円
auフラットプラン20 6,500円

【参考】au公式HP
フラットプラン

 

SoftBank
ウルトラ
ギガモンスター
(50GB)
7,000円
ギガモンスター
(20GB)
6,000円

【参考】SoftBank公式HP
データプラン

上の表のように、どの会社も毎月20GBプランは6,000円以上となっており、docomoの場合は100GBで25,000円とカナリ高額となっています。

それに比べてポケットwi-fiは、↓の料金でつかうことができます。

ポケットwi-fi
とくとくBB
(ギガ放題)
約3,000円
(月間上限ナシ)

【参考】
今月の最安値ランキング

比べやすいように1GBあたりの値段を計算してみると、下の表のようになり、あきらかにポケットwi-fiの方が安いのが分かります。

【1GBあたりの値段】
大手3社 約300円
ポケットwi-fi
(WiMAX)
約30円
・大手3社:6,000円/20GB
・ポケットwi-fi:3,000円/100GBで計算。

 でも、大手3社は料金が高い分、通信速度が速かったり、電波が良かったりするんじゃないの?

 

 はい、その通りです。
場所によって差はあるものの、基本的には大手3社の方が通信速度も電波強度も上です。

しかし、
その「差」は価格の差ほど大きくはありません。
(⇒くわしくは【補足1】にて解説。)

ですので、価格の高い大手キャリアの「大容量プラン」に契約しているときは、価格の安い「ポケットwi-fi」に変更することで節約できます。

 いつもポケットwi-fiを持ち歩いてもいい。

かしこくポケットwi-fiを使って節約するためには、スマホ持ち歩くのと同じように、ポケットwi-fiも持ち歩く必要があります。

というのも、これまでスマホだけでおこなっていたネット接続を、これからはポケットwi-fiを通じておこなうからです。基地局具体的には、↑このようにしてポケットwi-fiを通じてネットに接続することで、スマホ単体の通信量をほぼゼロにします。

この「ひと手間」が、ポケットwi-fiを使った節約術のデメリットです。

あの~…。
いつもポケットwi-fiを、持ち歩くのは面倒なんですけど…?

と思われた場合は、ポケットwi-fiを使った節約はヤメておいた方がいいと思います。
非常に残念ですが、今までどおり大手3社に高い料金を払い続け、毎月使った通信量の合計を気にして生活するしかありません。

といっても、外出先で、

  • youtubeなどの動画
  • ネットの生放送
  • twitterの動画
  • SNSの高画質な写真
  • インスタのストーリー
  • アプリのアップデート

など、「大容量のネット通信」さえしなければ、ポケットwi-fiを持ち歩かなくても大丈夫ではあります。

たとえば私の場合、外出先ではニュースサイトや、ちょっとした調べもの程度しかネットは使いません。
そのため、ポケットwi-fiは家に置きっぱなしの方が、実は多いぐらいです。downloadそんな私のスマホ単体で使った1ヶ月間の通信量は、上の画像のように0.35GBでした。

「大容量のネット通信」をするとき、かならずポケットwi-fiを通じて行うことで、スマホ単体の通信量はここまで少なくできます。

ちなみに、基本的に家でしかネットを使わない場合は、下の画像のような置き型もあります。こちらはコンセントをさすだけで使えるタイプで、ポケットwi-fiと同じ電波を使って通信します。
そのため、回線工事は不要となっており、お気軽にネット環境を整えられます。
(インドア派にピッタリ♪)

あなたは、以上の【3つの条件】を無事にクリアできていましたでしょうか?

できていた方は、下の大手3社からあなたがいまご契約中の会社を選び、より具体的な節約術の記事をご覧くださいませ。

 
 

【補足1】価格の差ほど、大手3社とポケットwi-fiの間には差がない

ここでは、大手3社とポケットwi-fiとの「差」について【通信速度・電波強度】の2つに分けて比較し、解説していきます。

まず「通信速度」について比べてみます。

2018年現在、各社の最大通信速度は以下のようになっています。

【通信速度(理論値)】
docomo 最大988Mbps
au 最大558Mbps
SoftBank 最大612Mbps
ポケットwi-fi
(WiMAX2+)
最大558Mbps

【参考資料】

表をご覧いただければお分かりのように、最新技術「PREMIUM 4G®」の開始により「docomo」が1歩リード中です。

ですが、ポケットwi-fiの最大558Mbpsでもカナリ速い通信速度なので、この速さでも快適に使えます。

そのため、この通信速度の差はあまり気にする必要がありません。

次に、「電波の強さ」についてです。↑これは「沖縄県」の電波が届く範囲の地図です。
比較すると、やはり「docomo」の方がエリアが広くなっています。

「ポケットwi-fi」は電波の性質上、どうしても「docomo」など大手キャリアには勝てません。

【関連記事】
【WiMAX・WiMAX2+・AXGP・4G/LTE】電波の違いは何?

この「電波強度」の差は、残念ながら場所によっては大きくなることもあります。

しかし、「ポケットwi-fi」が使えるエリアはどんどん拡大していっており、地下鉄や商業施設でも使えるところが増えていっています。
のちほど行っていただくエリア判定で【〇】が出れば、問題なく使える可能性が高いので大丈夫です。

ですので、あの「価格差」ほど差を感じることなく、ポケットwi-fiを使うことができます。

本編に戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。