ポケットwi-fiでスマホ代を節約!家族でドコモならどうやる?

家族でdocomoのスマホの時の節約術トップ画像

うちの家族は、
みんなdocomoのスマホ。
でしたら、かしこくポケットwi-fiを使えば、最大で年間186,000円も節約できるかもしれません。
しかも、たったの2stepで、使えるギガ数をアップさせながら。
「あなたのご家族が、ムリせず節約できるかどうか?」は、この記事をご覧になればわかります。
家族でdocomoのスマホの時の節約術トップ画像

うちの家族は、
みんなdocomoのスマホ。

でしたら、かしこくポケットwi-fiを使えば、最大で年間186,000円も節約できるかもしれません。
しかも、たったの2stepで、使えるギガ数をアップさせながら。
「あなたのご家族がムリせず節約できるかどうか?」は、この記事をご覧になればわかります。

(⇒ひとりでdocomoの場合はコチラ

「docomoのポケットwi-fi」についてよくある質問と、仕組みについて

 docomoのポケットwi-fiを契約すれば、無制限でネットが使えますか?

 

 使えません。
docomoのポケットwi-fiは、使える通信量に上限があります。

 docomoのポケットwi-fiで、節約はできますか?

 

 できません。
逆に、毎月の料金が高くなってしまいます。

 docomoで、スマホとポケットwi-fiをセットで契約すれば、なにかオトクな割引サービスはありますか?

 

 なにもありません。
セットで契約するメリットはゼロです。

docomoのポケットwi-fiは、契約しても通信制限対策になりませんし、節約にもなりません。
なぜかというと、契約時にあらかじめ決めていた通信量を、スマホと分け合う仕組みとなっているからです。ドコモのポケットwi-fi(モバイルwi-fiルーター)の仕組みそのため、docomoのポケットwi-fiを契約したところで、使える通信量は1GBも増えません。

それにもかかわらず、docomoのポケットwi-fiを契約すると、通信量を分けあうためのオプション料などで毎月1,900円もかかります。
これでは節約どころか、余計にお金を浪費してしまうことになってしまいます。

【参考】

家族でスマホ代を節約するために使う「他社のポケットwi-fi(WiMAX)」

いまお伝えしましたように、docomoのポケットwi-fiは契約しても、節約の役には立ちません。
ですので、ポケットwi-fiは他社のモノを使います。WiMAXとドコモのポケットwi-fiそれが、「WiMAX」と呼ばれるポケットwi-fiです。

この「WiMAX」は、毎月使える通信量の上限が無いのに、1番安い会社なら平均約3,000円/月で使えます。

 「毎月上限ナシ」っていうことは、「WiMAX」は完全無制限で使い放題ですか?

 

 残念ながら、完全無制限ではありません。

2018年現在、「WiMAX」は直近3日間で合計10GB以上使うと、翌日に通信制限がかかります。
下の絵をご覧ください。WiMAXの通信制限の解説図 制限がかかるとき1日は1GB、2日は4GB、3日は7GB使っています。
4日から見ると、直近の3日間(1日~3日)の合計通信量は12GBとなり、10GBをこえています。

そのため、直近3日間の合計通信量が10GB以上になった翌日である4日は、通信制限アリの日となります。

これが「WiMAX」の通信制限のおおまかな流れです。

通信制限アリの日って、まったくネットが使えないんですか?
いいえ、そんなことはありません。

「WiMAX」の制限は、通信制限アリの日の「18時頃~翌2時頃」におこなわれ、その時の通信速度は約1Mbpsとなります。
この約1Mbpsという通信速度は、スマホの通信規制時の速度とは違い、ネットが使えるレベルです。
ですので、まったくネットが使えなくなることはありません。

【参考】
UQ WiMAX公式HP

また、さきほどもお伝えしましたように、「WiMAX」は月間通信量の上限ナシです。

下の絵の6日のように、直近3日間の合計通信量が10GB未満になると、通信制限は解除されます。WiMAXの通信制限の解説図 制限が解除されるときスマホのように「通信制限がかかったら、その月はもうネットが使えない」なんてことは、「WiMAX」では起きません。

もちろん、直近3日間の合計通信量が10GB以上にならないように使えば、ずっと通信制限ナシで使い続けることもできます。
この使い方の場合、単純計算で1日あたり約3.3GB使えるので、月間100GB以上もインターネットを楽しめます。

したがって、他社のポケットwi-fiである「WiMAX」を手に入れれば、節約に役立つだけでなく、毎月使える通信量を大幅にアップさせられるワケです。

 その「WiMAX」と、スマホの「大容量プラン」と、どっちがお得ですか?

 

 お得なのは「WiMAX」です。
ですが、
あなたのご家族みなさんのネットの使い方によっては、不便になってしまう可能性もあります。

節約のために「WiMAX」を手に入れたことで、毎日不便な思いをすることになってしまったら、通信制限以上にストレスがたまってしまうかもしれません。
そんなことにならないためにも、ぜひ続きの解説をお読みください。

「あなたのご家族が、ポケットwi-fiで節約しても大丈夫かどうか?」
その答えが、わかります。

【補足】
電話をかけるのは、家族だけ」なら、コチラの節約術で年間最大245,760円節約できます。

節約するなら知っておきたいdocomoの「シェアパック」の仕組みと月額料金

docomoのスマホを家族みんなで使うとき、「シェアパック」というデータプランに加入することになります。


あなたは「シェアパック」の仕組みをご存知ですか?
 

(【はい】を選ばれた場合、シェアパックの仕組みの解説をとばせます。)

 

それでは「シェアパック」の仕組みについて解説していきます。

ひと言でいうと、このプランの仕組みは「家族全員の通信量をまとめて購入し、分けあう」仕組みです。
「シェア」という名前の通りですネ。

このプラン仕組みを、より分かりやすくするために、通信量をリンゴに例えて考えていきましょう。

 
 

【シェアパックの仕組み】ドコモ シェアパック 解説画像①まず初めに、お母さんがドコモ商店からリンゴ(通信量)を、家族全員分まとめて買ってきます。

この時に、支払う金額が決まります。

次は、その買ってきたリンゴを家族で分けあいます。
ちなみに、このリンゴ(通信量)の分け方は自由です。ドコモ シェアパック 解説画像②たとえば、上の図のように、お姉ちゃんが一番多くなるように分けることもできます。

あるいは、お父さんとお母さんが0個で、あとは子供たちで分けるということもできます。

どんな分け方をしても、料金は同じです。
というのも、お母さんがリンゴ(通信量)をまとめて買った時、すでにドコモ商店へお金を支払い終わっているからです。

 
 

「シェアパック」はこのように、ドコモからまとめて買ってきたリンゴ(通信量)を家族で分けあう仕組みとなっています。
もちろん、どれだけリンゴ(通信量)を買うかで毎月の料金はかわります。

ここで「docomoのリンゴ(通信量)が、いくらで売られているか?」について、下の表をご覧ください。

シェアパック一覧
シェアパック
ウルトラ
シェアパック100
(100GB)
25,000円
ウルトラ
シェアパック50
(50GB)
16,000円
ウルトラ
シェアパック30
(30GB)
13,500円
(New)
ベーシックシェアパック
15GB~30GB 13,500円
10GB~15GB 12,000円
5GB~10GB 9,000円
0GB~5GB 6,500円
旧シェアパック
シェアパック15 12,500円
シェアパック10 9,500円
シェアパック5 6,500円

【参考資料】docomo公式HPより

 新プランが登場
2018年5月25日より、docomoではご家族で契約されているかた向けに「ベーシックシェアパック」がスタートしました。
プランの内容につきましては、のちほど解説いたします。

(15GB以下の「シェアパック」は新規受付が終了しました。)

あなたのご家族では、どの「データプラン」に加入されていますか?

おそらく、docomoの公式サイトでオススメされている【ウルトラシェアパック30】
あるいは、それ以上のプランに加入されているかと思います。

ちなみに、あなたがどのプランに加入されていたとしても、さきほどご覧いただいた表の     部分のプランであれば、他社のポケットwi-fi「WiMAX」を使うことで節約できます。

節約できる金額と、家族みんなのスマホ使用パターンに合わせた節約可否判定

「WiMAX」を使うことによって節約できる金額は、いま契約中の「docomoのプラン」によってかわります。

プランごとの具体的な節約金額をまとめましたので、下の表で確認してみてください。

【節約できる金額】
いまのプラン 節約額
ウルトラ
シェアパック100
15,500円/月
ウルトラ
シェアパック50
6,500円/月
ウルトラ
シェアパック30
4,000円/月
シェアパック15 3,000円/月
ベーシックパック
15GB~30GB
4,000円/月
ベーシックパック
10GB~15GB
2,500円/月

あなたのご家族が節約できる金額は、毎月おいくらでしたか?

上の表をご覧いただければお分かりのように、いま契約中の「大容量プラン」の通信量が多ければ多いほど、「WiMAX」を使ってできる節約額が大きくなります。
ちなみに、1番高い【ウルトラシェアパック100】にご加入中でしたら、年間186,000円ものお金が浮きます。

そんな新型iPhoneも余裕で買えちゃうぐらい大きな節約もあり得る、今回のスマホ代節約術。
「あなたのご家族でもムリなく実現できるかどうか?」を見極めていただくために、ここで1つご質問があります。


あなたのご家族では、
通信量を均等に使っていますか?

 
 はい。均等に使っています。
⇒場合によっては、節約できます。
まずはコチラをご覧ください。

 

 いいえ。かたよっています。
⇒ポケットwi-fiで節約できます。
ぜひ、続きをお読みください。
 

ポケットwi-fiを使うと、スマホ代を大きく節約できる理由

ドコモのスマホで使っている通信量が、かたよっている時の図あなたのご家族では、いま↑こんな感じで通信量がどなたかにかたよっている状態ですネ?
でしたら、
「WiMAX」で節約できます。

というのも、今回の節約方法は、家族の中で一番ネットを使うヒトの通信量を、通信量をWiMAXで負担する解説図↑このようにポケットwi-fi(WiMAX)に負担してもらうことで、毎月docomoから買う通信量を大きく減らす方法だからです。

さきほど見ていただいた表の通り、ドコモの「大容量プラン」は高額です。
ですので、プランを下げることは大きな節約につながります。

 う~ん…。
docomoのプランをさげて、本当に大丈夫なのかな?

 

 はい、大丈夫です。
「WiMAX」なら、いまのdocomoの「大容量プラン」より、たくさんネットが楽しめます。

コチラでお伝えしましたように、「WiMAX」は通信制限にかからないように使っても、1日あたり約3.3GBの通信量が使えます。
月間で計算すると、100GB以上もインターネットを楽しむことができます。

ちなみに「100GB」という通信量は、docomoの「大容量プラン」の一番大きいプランの通信量。

docomo
ウルトラ
シェアパック100
(100GB)
25,000円
WiMAX
とくとくBB
ギガ放題2年プラン
約3,000円

25,000円と高額なdocomoに対して、「WiMAX」なら約3,000円程度と格安となっています。

ただし、これまでのスマホが負担していた通信量をポケットwi-fiが負担するので、スマホでネットに繋ぐときは、ポケットwi-fiを使う イラスト「ネットはいつもポケットwi-fiに繋いでから。」というひと手間が必要となります。
この点は、お気をつけください。

スマホ代節約術はたった2stepで完了♪いよいよその手順を解説します。

ご家族でdocomoのスマホ代を節約するために、あなたがこれからすることは下の2stepだけです。

 


他社のポケットwi-fiを
手にいれる

 


docomoのプランを
【ベーシックシェアパック】
に変更する

たったこれだけで、スマホ代が年間最大186,000円節約できます。

では、いよいよ【2step節約術】のくわしい内容をご説明いたします。

 


他社のポケットwi-fiを
手にいれる

 

この記事のはじめにお伝えしましたように、docomoのポケットwi-fiは節約の役には立ちません。
なので、節約には他社のポケットwi-fiである「WiMAX」手に入れます。

ちなみに、「WiMAX」はいろんな会社で取り扱われており、ネットでカンタンに入手できます。

WiMAX2+取り扱う会社ロゴ例(↑WiMAXを取り扱う会社ロゴ一例)

 この会社の中で、どこが一番安くてオトクなんですか?

 

 「とくとくBB」さんです。
コチラの会社は、今月の最安値ランキングでNo.1の座を獲得している人気の会社です。

高い会社になると月平均4,000円をこえるところ、「とくとくBB」さんなら月平均約3,000円で「WiMAX」が使えます。
ただし、
安く使える反面、ちゃんと手続きをしないと損してしまう危険性もあります。

ですが、ご安心を。

当サイトの「とくとくBBで契約する前に知っておきたい注意点」の記事をご覧いただければ、損することなく最大限オトクに「WiMAX」が使えるようになります。

とくとくBBの3つ注意点へ

 

 


docomoのプランを
【ベーシックシェアパック】
に変更する

 

とくとくBBさんで「WiMAX」を手に入れたあとは、docomoのデータプランを一番安いプランに変更します。
そのプランがコレ↓です。ベーシックシェアパックの解説図この「ベーシックシェアパック」は、2018年5月に登場した新プランです。

気になる新プランの内容は「その月に家族みんなで使った通信量によって、月額料金が変わる」といったモノになっています。

通信量と月額料金の具体的な内容について、下の表で確認してみてください。

ベーシックシェアパック
15GB~30GB 13,500円
10GB~15GB 12,000円
5GB~10GB 9,000円
0GB~5GB 6,500円

【参考】docomo公式HP
ベーシックシェアパック

このように、段階的に料金があがっていくプランとなっています。

節約後、あなたのご家族で1番通信量を使うかたは「WiMAX(ポケットwi-fi)」を使ってネットにつなぎます。
そのため、ご家族全体での通信量は、一番安い0~5GB(6,500円)でおさえられるハズです。

もともと契約していた高額な「大容量プラン」から、この安価な「ベーシックシェアパック」に変更することによって、多くのお金が浮きます。

・docomoのプラン
ウルトラシェアパック
ウルトラ
シェアパック100
(100GB)
25,000円
ウルトラ
シェアパック50
(50GB)
16,000円
ウルトラ
シェアパック30
(30GB)
13,500円
旧シェアパック
シェアパック15 12,500円

そして、浮いたお金の一部を「WiMAX」の支払いに使います。
その結果、docomoのプラン変更によって減った通信量をおぎないつつも、たくさんのお金の節約ができるワケです。

 この節約方法を実際にしたとき、毎月の支払い金額の合計はどれぐらいになりますか?

 

 たとえば、下の表のようなご家族でしたら、月平均約18,100円(税抜き)となります。
(※ひとりあたり約4,500円(税抜き)

スマホ機種
そのまま
docomo契約年数
15年以上
4人家族
26歳~59歳 2人
25歳以下 2人
通話プラン
カケホーダイライトプラン
(2年間の定期契約あり)

もちろん、この月平均約18,100円は「WiMAX」の料金も含めた金額です。
くわしくはコチラで計算していますので、気になるかたは参考にしてみてください。

 
 

以上が、【2step節約術】のくわしい内容となります。

最後にもう1度だけ、節約に必要な手順をのせておきますので、さらっとご確認ください。

 


他社のポケットwi-fiを
手にいれる

 


docomoのプランを
【ベーシックシェアパック】
に変更する

アナタもさっそくdocomoのスマホ代を節約されるなら、まずは【Step1】で必要となる「WiMAX」を手にいれていきましょう。
節約するなら、早ければ早いほどオトクです。

なお、「WiMAX」につきましては、下の緑ボタンより「とくとくBB」さんの注意点を知ってから入手すると間違いありません。

【補足1】最大で年間186,000円の節約のくわしい内容

<前提条件>
ウルトラシェアパック100に加入中
ずっとドコモ割(ステージ1)

 

まずは、パケットパックを「ウルトラシェアパック100」から、新プランの「ベーシックシェアパック」に変更します。

 プラン変更
ウルトラシェアパック100
25,000円
ベーシックシェアパック
(~5GB/ステップ1)
6,500円
差額
18,500円

次に、「とくとくBB」さんにて、他社のポケットwi-fiである「WiMAX」を契約します。

 とくとくBBの金額
ギガ放題2年プラン
平均3,000円

さきほど、docomoのパケットパックを変更したことによって節約した「18,500円」を、「とくとくBB」さんの支払いに使います。

 節約できる金額
18,500円-3,000円=15,500円
15,500円×12ヶ月=186,000円

その結果、上のような金額となり、年間最大186,000円の節約ができます。

「ずっとドコモ割プラス」のステージによって、節約できる金額は変わりますよね?
はい、かわります。
ステージによって「500円~1,600円」ぐらい節約額が減ります。
ですが、それを考えても、たくさんネットを使うなら他社のポケットwi-fi(WiMAX)で節約した方がオトクです。

ステージごとの割引額については、ドコモ公式HPにてご確認ください。
※ずっとドコモ割プラス
「契約年数・プラン・dポイント獲得額」などによって割引額が変わるサービスのこと。
1stステージからプラチナステージまであります。

目次に戻る

【補足2】「docomoのスマホ代+WiMAX」の月額料金の計算

ここでは、
【WiMAXを手に入れてdocomoのスマホ代を節約したとき、毎月の合計支払い額はどのくらいになるのか?】
について、具体的に計算していきます。

ぜひ、あなたの毎月のdocomoの支払い明細と見比べてみてくださいネ。

 

docomoの料金について

 

まずはdocomoの月額料金から計算していきます。

docomoの月額料金は、おもに以下の項目によってかわります。

  • スマホの機種
  • 手続き(機種変更など)
  • 基本プラン
    (2年間の定期契約の有無)

  • パケットパック割引条件
  • ずっとドコモ割プラス還元方法
  • ドコモ光とセットかどうか?
  • パケットパック
  • 家族の人数
  • docomo with(機種変更の場合)

(いやがらせと言ってもいいぐらい多いです。)

今回の計算では、docomo公式サイト内の「料金シミュレーション」を使って計算していきます。
このシミュレーションで入力が必要となる項目には、それぞれ以下の表のように入力していきました。

<入力項目一覧>
スマホ機種
iPhone×4台
手続き
プラン見直し(機種変更なし)
基本プラン
カケホーダイライトプラン
(2年間の定期契約あり)
パケットパック割引条件
2年以上 ずっとドコモ割コース
ずっとドコモ割還元方法
料金割引 プラチナステージ
ドコモ光とセットかどうか?
利用しない
パケットパック
ベーシックシェアパック/ステップ1
その他条件について
26歳~59歳 2人
25歳以下 2人
(docomo with)
docomo with対象外

その結果が↓こちら。
ドコモの料金シミュレーション結果

税込みで16,308円
税抜きなら15,100円となりました。

もしスマホ本体の機種代金の分割払いが残っている場合には、税抜き15,100円にその分がプラスされます。

docomoの
月額料金
約15,100円/月
(※税抜き)
(+スマホ本体の分割料金)
※計算しやすくするため、「とくとくBB」の表示料金に合わせて税抜きにしています。

 

 

「WiMAX」の料金について

 

次に、今回の節約術でカギとなる「WiMAX」の料金について計算していきます。

「WiMAX」をとくとくBBという会社で入手すると、毎月の料金は以下のようになります。

【2年プラン(機種W05)】
端末受け取り月
(0ヶ月目)
1~2ヶ月目
事務手数料
3,000円

月額料金3,609円の日割り
3,609円
3ヶ月~
24ヶ月
25ヶ月目~
4,263円 4,263円
25ヶ月目
契約解除料無料
(※税抜き)
 あれ?なんか高くない?

と思われるかもしれませんが、大丈夫です。

「とくとくBB」さんでは、毎月30,000円をこえる高額キャッシュバックキャンペーンが実施されており、これを利用することで、結果的に支払うお金を抑えることができます。

ちなみに、今月のキャッシュバック金額は↓コチラでご確認いただけます。


(「<W05>2年」の項目をご確認ください。)

この多額のキャッシュバックと、事務手数料・月額料金など、必要となる費用をすべて合計し、平均した結果、毎月約3,000円で「WiMAX」が使えます。

毎月の平均料金
(2年プラン)
約3,000円/月
(※税抜き)

【関連記事】

 

docomo+WiMAX
毎月の料金目安

 
 docomoの料金詳細
プラン名 料金
カケホーダイライト
プラン
(定期契約あり)
1,700円×4人=
6,800円
ベーシック
シェアパック
(~5GBまで)
6,500円
シェアオプション 500円×3人
1,500円
インターネット接続サービス 300円×4人
1,200円
ずっとドコモ割
プラス
(プラチナ)
-900円
15,100円
(+スマホ本体の分割料金)

 

 とくとくBBの料金詳細
料金内容 料金
事務手数料 3,000円
ギガ放題2年プラン
契約開始月 3,609円の
日割り
1~2カ月目
(3,609円)
×2ヶ月
7,218円
3~24ヶ月目
(4,263円)
×22カ月
93,786円
キャッシュバック -32,100円
2年間合計 71,904円
2年間平均 2,996円
(約3,000円)
(※キャッシュバック金額は毎月かわります。)

 

 docomo+とくとくBB
docomo 15,100円
とくとくBB 約3,000円
合計 約18,100円
(+スマホ本体の分割料金)

 

以上より、毎月の支払い額の目安は平均18,100円となります。
(ひとりあたり約4,500円)

この金額ならきっと、いまあなたが毎月docomoにお支払いになられている料金よりも、安くなっているハズです。

(⇒本編に戻る

 

家族みんなで使う通信量が、均等の場合

あなたのご家族では、下の絵のように通信量を均等に使っている状態ですネ?ドコモのスマホで使っている通信量が均等の場合 イラストこの状態のときは、みなさまが「インドア派」なら節約できるかもしれません。

というのも、家の中でいっぱいネットを使うのであれば、「WiMAX」を家族で共有することで、docomoのスマホ代を節約できるからです。

私の家族では、それぞれが外出先でネットをいっぱい使っているのですが…?
すいません。
その場合、節約はムズカシイです。
いままで通り、スマホをお使いください。

さて、家族みんなで「WiMAX」を共有するときには、「置き型」の機種を使います。

実は、他社のポケットwi-fiである「WiMAX」には、コンセントにさすだけでネットにつながる機種があり、固定回線と同じような感じで使えるのに、「工事ナシ・ケーブルナシ」でネット環境が整えられるモノがあります。

今回のスマホ代節約術では、この「置き型」の機種を使って、家の中に電波(wi-fi)を飛ばします。そして、家族のみんながその電波(wi-fi)を使ってネットに繋ぐことにより、スマホ単体でのネット通信量を減らしていきます。
つまり、
いままで使っていたdocomoの通信量を「WiMAX」に負担してもらうワケです。

これにより、スマホ単体で必要となる通信量が少なくなるので、高額なdocomoのパケットパックを一番安いプランに変更できます。
その結果、「WiMAX」の使用料金を含めても、さきほどご覧いただいた金額が毎月節約できるようになります。

それでは、これから「コチラの解説」にて、この節約術で必要となる手順をお伝えいたします。
ぜひ、最後までお付き合いくださいませ。

当サイトのおすすめメニュー~気になる画像を選ぼう♪~

(↑スワイプで動かせます)

4件のコメント

  • 匿名

    なるほど

  • がんちゃん

    凄いですね、節約したお金で旅行行けます

  • 匿名

    ポケットWi-Fiが、入らない場所なら?

    • 管理人クーマ

      匿名様、コメントありがとうございます。

      ポケットwi-fiが入らない場所の場合、以下の2つの対応方法が考えられます。

      1.臨時でdocomoのLTE回線を利用する。
      2.ポケットwi-fiのLTE回線モード(ハイスピードプラスエリアモード)を利用する。

      なお、普段からまったくポケットwi-fiの電波が入らない場所にお住まいの場合は、光回線などの固定のネット回線の利用がベストとなります。

コメントを残す