ドコモのスマホと他社のポケットwi-fi使って、家族全体で節約する方法

 

ドコモ 家族

家族もドコモの場合

あなたがご家族でdocomoのスマホを使っている時、
他社のポケットwi-fiを手に入れると、年間8万円の通信費を節約できる可能性があります。
ネット関係の知識が無くても「節約可能か否か」が分かるよう、解説していきます。

ドコモ 家族

家族もドコモの場合

あなたがご家族でdocomoのスマホを
使っている時、
他社のポケットwi-fiを手に入れると、
年間8万円の通信費を節約できる
可能性があります。

ネット関係の知識が無くても
「節約可能か否か」が分かるように、
解説していきます。

電話をかけるのは、家族だけ」なら、コチラの節約術で年間最大245,760円節約できます。

ポケットwi-fiを使った節約方法をお伝えする前に、よくある質問にお答えしておきます。

 ドコモから出ているポケットwi-fiでは、節約はできないんですか?

 

 残念ながらできません。
というのも、ドコモのポケットwi-fiは契約しても使える通信量は増えない仕組みだからです。

関連記事⇒ドコモのポケットwi-fiがメリットナシの理由

 

 去年、ドコモから大容量プランがでましたよね?

アレに契約するのと、他社のポケットwi-fiに契約するのと、どっちがお得になりますか?

 

 新プランは「ウルトラシェアパック50」のことですね。
お得なのは、他社のポケットwi-fiの方です。

ですが、あなたのご家族のネットの使い方によって不便になってしまう可能性もあります。

ポケットwi-fiを手に入れたことで、毎日不便な思いをすることになってしまったら、通信制限以上にストレスがたまるかもしれません。

ですので、ぜひ↓の解説をお読みいただき、あなたの家族にとってベストな選択を考えてみてくださいネ。

(⇒一人でdocomoの場合はコチラ

まずは知っておきたいdocomoの「シェアパック〇〇」の仕組み

ドコモのスマホを家族みんなで使う場合、「シェアパック〇〇」というプランに加入することになります。

あなたは、この「シェアパック」の仕組みを理解されてますか?

(「はい。」を選ばれた場合、シェアパックの仕組みの解説をとばせます。)

 

それでは「シェアパック」の仕組みについて解説していきます。
一言でいうと、このプランの仕組みは「家族の通信量をまとめて購入し、分け合う」仕組みです。
「シェア」という名前の通りですネ。

このプラン仕組みを、より分かりやすくするために、通信量をリンゴに例えて考えていきましょう。

 

【シェアパックの仕組み】ドコモ シェアパック 解説画像①まず初めに、お母さんがドコモ商店からリンゴ(通信量)を、家族全員分まとめて買ってきます。
この時に、支払う金額が決まります。

次は、その買ってきたリンゴを家族で分け合います。
ちなみに、このリンゴ(通信量)の分け方は自由です。ドコモ シェアパック 解説画像②例えば、上の図のように、お姉ちゃんが一番多くなるように分けることもできます。

あるいは、お父さんとお母さんが0個で、あとは子供たちで分けるということもできます。

どんな分け方をしても、毎月の料金は同じです。
というのも、お母さんがリンゴ(通信量)をまとめて買った時、すでにドコモ商店にお金を払い終わっているからです。

「シェアパック」はこのように、ドコモからまとめて買ってきたリンゴ(通信量)を家族で分けあう仕組みとなっています。

もちろん、どれだけリンゴ(通信量)を買うかで料金が変わります。
どれぐらいのリンゴ(通信量)が、いくらで売られているか?については↓の表をご覧ください。

通信量の使い方を確認して「シェアパック〇〇」の支払い料金を減らそう♪

docomoのパケットパック料金表
ウルトラシェアパック100 25,000円
ウルトラシェアパック50 16,000円
シェアパック15 12,500円
シェアパック10 9,500円
シェアパック5 6,500円

docomoの公式サイトを見てみると、シェアパックのオススメは【ひとりあたり5GB以上】と書いてあります。


このオススメ通りに契約したら、
4人家族の場合はどのパックになるでしょうか?

その答えは、<4人×5GB>以上なので「ウルトラシェアパック50」となります。

ということは、パック料金だけで16,000円もかかる高額プランがdocomo側のオススメ契約となります。

ちなみに、毎月の支払額はパック料金に電話料金などもプラスされるので、
合計29,500円以上になります。

つまり、docomoのオススメ通り契約すると、毎月高い料金をずっと支払い続けることになるワケです。

さて、ここであなたに質問があります。


あなたのご家族では、
通信量を平等に使っていますか?

 
 はい。平等に使っています。
⇒節約は辞めておいた方がいいと思います。

 

 いいえ。かたよっています。
⇒ポケットwi-fiで節約できる可能性が高いです。
ぜひ、続きをお読みください。
 

あなたのご家族では、いま↓こんな感じで通信量のかたより誰か一部に通信量がかたよっている状態ですネ?

この場合、ポケットwi-fiを活用すればカナリ節約できます。
その節約額は、4人家族の場合…

現在のあなたのプラン 毎月の節約額
ウルトラシェア
パック100
15,000円/月
ウルトラシェア
パック50
6,500円/月
シェアパック15 3,000円/月

(※キャッシュバック34000円のとくとくBBさんと契約時)

となります。

もし、いまあなたがウルトラシェアパック50にご契約中でしたら、年間でなんと80,400円も節約することができます。
8万円もあれば、あの憧れのダイソンの掃除機が買えます。

そんなポケットwi-fiを使った節約術のために、あなたがこれからすることはたったの2Stepです。
それがこれ↓です。


ポケットwi-fiの
契約をする


プランを
「シェアパック5」に変更

たったコレだけです。

たったコレだけで年間約8万円が可能となります。

(補足⇒節約額の計算詳細

 節約できる代わりに何かデメリットがあるんじゃないんですか?

 

 「ネットをするときは、いつもポケットwi-fiにつなぐ。」
このひと手間がデメリットです。

いまからお伝えする「ポケットwi-fiで節約できる理由」をお読みいただければ、どうしてこのデメリットが出てくるかもお分かりいただけると思います。

ポケットwi-fiを使うと、スマホ代を大きく節約できる理由

通信量のかたよりいまあなたのご家族では、誰かに通信量がかたよっているので、
その通信量を↓こうやって通信量をポケットwi-fiに負担させるポケットwi-fiに負担してもらうようにします。

そうすることで、毎月ドコモから買う通信量を大きく減らしていきます。
先ほど見ていただいた表の通り、ドコモのデータパックの料金は高いので、プランを下げることは大きな節約になります。

でも、通信量を負担するポケットwi-fiにも限界があるんじゃないの?
確かにあります。
ですが、1日平均3.3GBまで使えるのでほぼ大丈夫です。

2018年現在、WiMAX系のポケットwi-fiは「直近3日間で合計10GB以上」使うと通信制限がかかります。

もし、通信制限がかからないように使う場合、1日あたり約3.3GB使えます。
月間では、100GB使えます。

ウルトラシェア
パック100
25,000円

ということは、ドコモでは25,000円もかかる月間100GBの通信量が、ポケットwi-fiならたった3,000円程度で使えるようになるワケです。

ただ、これまでのスマホが負担していた通信量をポケットwi-fiが負担するので、「ネットはいつもポケットwi-fiに繋ぐ。」というひと手間がデメリットとなります。
この点だけは、お気をつけください。

 ポケットwi-fiの方が安くなるのは分かりました。
だいたいでいいので、毎月の支払い額がどれぐらいになるのか教えてもらえませんか?

 

 4人家族で、学生の子供さんが2人いる場合…
毎月平均で【約19,100円/月】となります。

詳しくはコチラで計算してみましたので、参考にしてみてください。

まとめ~ポケットwi-fiを使って節約する2stepを実際にしてみましょう~


ポケットwi-fiの
契約をする


プランを
「シェアパック5」に変更

これが↑ポケットwi-fiを使って、家族全体で節約するための2stepでしたネ。

「この節約方法を実践してみたい!」
というあなたは、まずはポケットwi-fiを手に入れることから始めていきましょう。

 節約に1番オススメのポケットwi-fiの会社ってどこですか?

 

 とくとくBBさんです。
毎月、多額のキャッシュバックキャンペーンをしているのでオトクに使えます。

このとくとくBBさんは、手続きをちゃんとしないと損してしまう可能性もあります。
なので、ぜひ↓の緑ボタンから行ける注意点の記事を読んでおいてくださいネ。

【補足資料:1】節約額の計算の仕方

あなたがいま契約しているdocomoのプランから「シェアパック5」に変更します。
シェアパック5の月額料金は「6,500円」と最低額なので、このプランに変更することで差額のお金が浮いてきます。

どれだけお金が浮くか?は、現在のあなたのプランによって変わりますので、↓の表を参考に浮く金額を確認してみてくださいネ。

シェアパック5に変更した時に浮くお金一覧
あなたの今のプラン 浮くお金
シェアパック100 18,500円
シェアパック50 9,500円
シェアパック15 6,000円
シェアパック10 3,000円

例:シェアパック50に加入中の場合

16,000円-6,500円=9,500円
(パック50料金-パック5料金=浮くお金)

このプラン変更で浮いたお金をポケットwi-fiの支払いに使います。

ポケットwi-fiは「2年間平均3000円/月」程度で使えるので…
浮くお金-ポケットwi-fiの料金=毎月の節約額
となります。
この計算をもとに作成した「表」が、先ほどの「節約額の表」です。

「ずっとドコモ割」が適用されていたら、さっきの節約額は変わりますよね?
具体的にはどれぐらい変わりますか?
ご指摘の通り、節約額は変わります。
だいたい500円~1,700円程ぐらい節約額が減ります。
詳しくは以下の表でご確認くださいませ。
 
※ずっとドコモ割:契約年数とプランによって割引額が変わるサービスのこと。
 ずっとドコモ割の割引額一覧
パック名\契約期間 4年以上 8年以上
シェアパック5 100円 200円
シェアパック10 400円 600円
シェアパック15 600円 800円
ウルトラシェアパック50 800円 1,000円
ウルトラシェアパック100 1,000円 1,200円
パック名\契約期間 10年以上 15年以上
シェアパック5 600円 800円
シェアパック10 800円 1,000円
シェアパック15 1,000円 1,200円
ウルトラシェアパック50 1,200円 1,800円
ウルトラシェアパック100 1,800円 2,500円

【例:契約15年以上、ウルトラシェアパック50を契約中の場合】

【例:契約15年以上、
パック50を契約中の場合】

あなたがドコモを15年以上使っていて、ウルトラシェアパック50を契約中の場合は、
現在1,800円/月(表の青い色の部分)の割引があります。

これを一番初めにお伝えしました2stepの通り、ウルトラシェアパック50からデータパック5に変更するので、これからの割引額は、800円/月(表のオレンジの部分)の割引に変わります。

今回の例である「ウルトラシェアパック50&15年以上使用」の場合、ポケットwi-fiでどれだけ節約できるかと言うと…
【6,700-(1,800800)=5,700】となります。
つまり、ずっとドコモ割のことを考えても、ポケットwi-fiを使って毎月5,700円節約できることになります。
1年間なら、68,400円となります。

(⇒本編に戻る

【補足資料:2】毎月の支払い額の計算の詳細をお伝えしていきます。

「具体的に毎月どれぐらいの支払い額になるのか?」
これについて計算していきます。

あなたの毎月の支払い明細と見比べて下さいませ。
今回は4人家族を例に計算していきます。

 

毎月の支払額目安

 

 docomoへの支払い
  (4人家族・学生2人の場合)

プラン名×台数 月額料金
カケホーダイ×4人 10,800円
シェアパック5 6,500円
シェアオプション×3台 1,500円
SPモード×4台 1,200円
ドコモの学割×2人 -2,000円
U25応援割×2台 -1,000円
ずっとドコモ割(15年) -800円
合計 16,200円

機種代金を分割払いしている場合は、
その分月額料金が上がります。

【この計算について】
docomo公式HPのかんたんシミュレーションを使わせていただきました。

 

 
 とくとくBBへの支払い

プラン名 支払料金
事務手数料 3,000円
ギガ放題プラン
(1ヶ月目~2ヶ月目)
3,609円
×2カ月
ギガ放題プラン
(~24ヶ月目)
4,263円
×22カ月
キャッシュバック
34,000円の場合
-34,000円
合計 70,004円
2年間の平均支払額 約2,900円/月

【計算式:{3000+(3609×2)+(4263×22)-34000}÷24=2916】

 

 
 合計支払い額(年間平均)

docomo+とくとくBB 約19,100円/月

 

 
 

以上より、4人家族の場合、
毎月の支払い額の目安は平均19,100円となります。
(キャッシュバック特典を受け取って平均した料金です。)

【関連記事】
キャッシュバックの受け取り方について(実例付き)

この金額ならきっと、いまあなたがお支払いになられている毎月の料金よりも、安くなっているハズです。

本編に戻る

当サイトのおすすめメニュー~気になる画像を選ぼう♪~

(↑スワイプで動かせます)

4件のコメント

  • 匿名

    なるほど

  • がんちゃん

    凄いですね、節約したお金で旅行行けます

  • 匿名

    ポケットWi-Fiが、入らない場所なら?

    • 管理人クーマ

      匿名様、コメントありがとうございます。

      ポケットwi-fiが入らない場所の場合、以下の2つの対応方法が考えられます。

      1.臨時でdocomoのLTE回線を利用する。
      2.ポケットwi-fiのLTE回線モード(ハイスピードプラスエリアモード)を利用する。

      なお、普段からまったくポケットwi-fiの電波が入らない場所にお住まいの場合は、光回線などの固定のネット回線の利用がベストとなります。

コメントを残す