あなたはどっち派?【W05】vs.【WX04】いま選ぶべきWiMAX2+最新機種比較

 

あなたはどっち派?
2018年1月より、
最新機種【W05】が選べるようになりました。
いまポケットwi-fiを手に入れるなら、この最新機種【W05】と旧機種【WX04】どっちがいいのでしょうか?
この記事では、あなたにオススメの機種をお伝えします。

あなたはどっち派?
2018年1月より、最新機種【W05】が選べるようになりました。
いまポケットwi-fiを手に入れるなら、この最新機種【W05】と旧機種【WX04】どっちがいいのでしょうか?
この記事では、あなたにオススメの機種をお伝えします。

2機種の比較ポイント

 選べる契約期間

    • 【W05】 ⇒2年or3年
    • 【WX04】⇒3年のみ

 ←重要)

 使うシーン(3年プランの場合)

    • そばに置いて使う⇒【W05】
    • 遠くに置いて使う⇒【WX04】

 
 細かい性能差

    • 大きさ
    • バッテリー関連
    • 便利オプション関連

 管理人のオススメ

以上が、【W05】と【WX04】を選ぶときに比べておきたいポイントとなります。

あなたがポケットwi-fiの性能に強いこだわりをお持ちでない場合、 だけを比べて決めてしまっても大丈夫です。

 

 選べる契約期間が違う

【W05】と【WX04】の選べる契約期間は、それぞれ下の表のようになっています。

【W05】 【WX04】

(2018年1月発売)

(2017年11月発売)
【契約期間】
2年or3年 3年のみ
 契約期間が違うと、なにが変わるの?

 

 ひと月あたりの平均料金
 HS+Aモードの使用料金
が変わります。

「HS+Aモード」というのは、ポケットwi-fiのメイン電波(WiMAX2+)が届きにくい時に、他の電波(4G LTE)を使うモード。
正式名称は「ハイスピードプラスエリアモード」で、サブ電波的な役割をしてくれます。
(※月間で上限7GBまでしか使えません。)

【HS+Aモードの詳しい記事】
ハイスピードプラスエリアモードって何?注意点は?

では、「2年契約」と「3年契約」では、いったいどれぐらい料金が違うのでしょうか?

下の表をご覧ください。

2年プラン 3年プラン
ひと月あたりの平均料金
約3,000円 約3,421円
HS+Aモード
(ハイスピードプラスエリアモード)
1,005円
(使った月のみ)
無料
※平均料金は、「とくとくBB」さんの2018年1月のキャンペーンを元に計算しています。

この表をご覧いただければお分かりのように、
2年プラン」は、毎月の平均料金が安い。
だけど、HS+Aモードは有料。
3年プラン」は、毎月の平均料金が高い。
だけど、HS+Aモードは無料。
となります。

 ということは、「HS+Aモード」を使わないなら「2年プラン」の方がオトクってことですよネ?

 

 はい、その通りです。

ですので、あなたが「HS+Aモード」をお使いにならない予定なら、「2年プラン」が選べる最新機種【W05】がオススメとなります。

ちなみに、【W05】が「2年プラン」で手に入るのは下の3社だけとなっており、

・2年プランが選べる会社
会社名 平均月額料金
3WiMAX 3,710円/月
とくとくBB 2,996円/月
UQ WiMAX 4,565円/月

「とくとくBB」さんが圧倒的に安くなっています。

しかし、その安さの裏側には「3つの注意点」があります。
ぜひ、下の緑ボタンの先の記事で「3つの注意点」を知ってから最新機種【W05】を手に入れてください。

 

 使うシーンで比べる(3年プラン)

「HS+Aモード」を毎月のように使いたい。
そんな時にオトクとなる「3年プラン」

このプランでポケットwi-fiを手に入れるとき、オススメは【W05】と【WX04】のどちらなのでしょうか?

その答えは、これからあなたが実際にポケットwi-fiを「よく使うシーン」をイメージすれば分かります。

そばに置いて使う予定の場合
  • ワンルームで一人暮らしをしている。
  • 同じ部屋の中に置いて使うつもり。
  • いつもポケットwi-fiを持ち歩く。
  • 基本的に一人だけで使うつもり。

そんな時は、↓この【W05】がオススメとなります。

 どうしてポケットwi-fiを「そばに置いて使う」なら、【W05】を選んだ方がいいんですか?

 

 最大通信速度が【W05】の方が優秀だからです。

下の絵をごらんください。

 

【HSモード時】(上限ナシ/月)

 
 

【HS+Aモード時】(上限7GB/月)

 

このように【W05】と【WX04】では、最大通信速度に「差」があります。
そのため、ポケットwi-fiをそばに置いて使うときには、通信速度の速い【W05】がオススメとなります。

【補足】
最大通信速度は理論上の数値です。
また「下り最大558Mbps」および「下り最大758Mpbs」は、ごく一部の地域(都会)しか実現されておらず、ほとんどのエリアでは「下り最大440Mbps」となっています。

【UQ公式HP】
機種別対応速度と対応エリアについて

 

遠くに置いて使う予定の場合
  • 自分の部屋でポケットwi-fiを充電しながら、リビングでノートパソコンを使う。
  • 家族みんなで、ポケットwi-fiを共有して使う。
  • 隣の部屋の兄弟も一緒に使う。
  • トイレでもポケットwi-fiに繋いで動画が見たい。

そんな時は、↓この【WX04】がオススメとなります。

 どうしてポケットwi-fiを「遠くに置いて使う」なら、【WX04】を選んだ方がいいんですか?
最大通信速度も遅いみたいだし…。

 

 最大通信速度が遅くても、「電波を遠くに届ける力」が【WX04】の方が優秀だからです。

【W05】と【WX04】では、ポケットwi-fi本体からスマホやパソコンなど、あなたがネットに繋ぎたい機械へ電波を届ける能力に「差」があります。

この能力が優秀なのは、【WX04】の方です。
なぜなら、【WX04】には離れたスマホやパソコンにも電波が届けるのに役立つ2つの機能があるからです。

 

 ビームフォーミング技術

 

「ビームフォーミング技術」とは、電波を集中させることで、遠くまで強い電波が届くようになる技術です。
イメージは↓の絵のような感じです。この技術のおかげで、ポケットwi-fi本体から離れた場所でも快適にネットが使えるようになります。

 

 

 Wウイングアンテナ

 

さらに電波を遠くに飛ばしたいときには、「Wウィングアンテナ」が付いた【WX04】専用クレードルを使うと◎。↑のように、電波を強化してくれる装置が付いているので、より快適にネットが楽しめる場所が多くなります。

「3年プラン」の機種選びまとめ

 そばに置いて使う予定なら…

 理由:最大通信速度が
優秀なため

 
 

 遠くに置いて使う予定なら…

 理由:電波を届ける能力が
優秀なため

以上が、「3年プラン」でポケットwi-fiを手に入れるときの機種の決め方となります。
あなたの使い方に合う機種が決まりましたら、下の緑ボタンより「3年プラン」がオトクな会社の解説をお読みください。

 

 細かい性能差の比較

ここからは、【W05】と【WX04】の細かい性能差を比較していきます。
決定的な差はないので、参考程度にご確認ください。

・大きさ
【W05】
【サイズ】
約130×55×12.6mm
【重量】
約131g

 

【WX04】
【サイズ】
約111×62×13.3mm
【重量】
約128g

まず、【サイズ・重量】については、大きな差はありません。
【W05】の方がやや細長いので、ちょっとだけ持ち歩きやすくなっています。

 

・バッテリー関連
【W05】 【WX04】
【連続通信時間】
6時間30分~
10時間30分
8時間06分~
13時間48分
【電池交換OKorNG】
NG OK

【バッテリー関連】については、右の【WX04】の方がちょっとだけ優秀となっています。
また、もしも電池持ちが悪くなったときに新しい電池に交換できるので、その点でも【WX04】の方が優れています。

 

・便利オプション関連
【W05】 【WX04】
【「ワンタイム」機能の有無】
×
【Wi-Fiお引越し機能】
×

【ワンタイム機能】は、HS+Aモードの切り忘れ防止に使えます。「3年プラン」で、HS+Aモードを無料化しているときに役に立ちます。

【Wi-Fiお引越し機能】は、あってもなくてもあまり関係のない機能です。

 

 管理人クーマのオススメは?

どっちにするか決められないので、オススメを教えてください。

と聞かれれば、私なら【W05】をオススメいたします。

決め手は2点。
「2年プランが選べる」&「最大通信速度が速い」ということです。

もちろん、いまはまだ1番使うモードである「HSモード(ハイスピードモード)」の最大通信速度は、ほとんどのエリアで440Mbpsとなっています。
【W05】の最大通信速度558Mbps(HSモード時)の対応エリアではありません。

しかし、いまはまだ対応エリアでなくても、2年間の契約期間のうちに対応エリアになる可能性を信じて【W05】を選びます。

ポケットwi-fiの機種について悩まれた方には、コチラの記事もオススメです。

当サイトのおすすめメニュー~気になる画像を選ぼう♪~

(↑スワイプで動かせます)

2件のコメント

  • 匿名

    別ページも読むとハイスピードプラスエリアモードは極力使わない方が良いと記載されています。
    私もその通りだと思います。

    このページではW05の利点は最高速度だと書いてあります。
    しかしそれが利用可能なのはハイスピードプラスエリアモードです。

    確かにUQ等のWebでもCAによって最大速度が上昇する事は書いてあっても、そこに併記して通信量7GB越えによる速度制限については記載がありません。
    これはそのページだけを見ると事実誤認(不利な点がない)させます。

    せっかくの解説記事を書かれるなら同じでは意味ないのでは?

    • 管理人クーマ

      匿名様、
      この度は弊サイトへのご訪問および、記事へのご指摘ありがとうございます。

      匿名様のご指摘通り、
      【W05】の利点である最高速度下り最大708Mbpsは、「ハイスピードプラスエリアモード」でのみ可能です。
      しかし、【WX04】よりも【W05】の方が最高速度で利点があるのは変わりません。

      というのも、「ハイスピードモード」を使用時の最高速度が
      ・【W05】 ⇒558Mpbs
      ・【WX04】⇒440Mbps
      となっているからです。

      【参考資料】
      W05
      WX04
      (UQ公式HP)

      ただ、この記事に記載していた最高速度708Mbpsは、匿名様のご指摘通り「ハイスピードプラスエリアモード」のみであり、読者様に事実誤認させてしまう可能性があります。
      したがいまして、記事内容および画像に「ハイスピードモード」で達成可能な558Mbpsも併記しました。

      P.S.
      匿名さまの鋭いご指摘、非常に参考になりました。
      今後も、あたたかく見守っていただけますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。