【WiMAX】現在の在庫状況と平均月額料金ランキング

順位 会社名 平均
月額料金
在庫
1位 とくとくBB
(高額CB)
3,610円 ×
2位 とくとくBB
~月額割引~
3,619円 ×
3位 Smafi WiMAX 3,673円 ×
4位 DTI
(※au以外)
3,706円
5位 Broad WiMAX 3,709円 ×
6位 カシモWiMAX
(※au以外)
3,807円

(※CB=キャッシュバック)

『ハイスピードプラスエリアモード』ってなに?欠点は?その疑問、すべて解消いたします

ハイスピードプラスエリアモード TOPHS+Aモードについて
ポケットwi-fi(WiMAX)の電波が悪い時に役立つモード。
それが『ハイスピードプラスエリアモード』です。(※略:HS+Aモード)
電波が繋がりにくい時に利用すれば、電波が繋がりやすくなります。
しかし、
一見便利に見えるこのモード、使い続けるとカナリ不便になってしまう欠点があります。
Q.いったいどういうことなのか?
分かりやすく解説していきます。
ハイスピードプラスエリアモード TOPHS+Aモードについて

ポケットwi-fi(WiMAX)の電波が悪い時に役立つモード。
それが『ハイスピードプラスエリアモード』です。(※略:HS+Aモード)
電波が繋がりにくい時に利用すれば、電波が繋がりやすくなります。
しかし、
一見便利に見えるこのモード、使い続けるとカナリ不便になってしまう欠点があります。
Q.いったいどういうことなのか?
分かりやすく解説していきます。

解説図付き♪『ハイスピードプラスエリアモード』の欠点とは?

『ハイスピードモード』と『ハイスピードプラスエリアモード』イラストWiMAXの電波を繋がりやすくする『ハイスピードプラスエリアモード』
最新の機種【W06】や【L02】では、通信速度もアップする高性能なモードとなっています。

しかしこの便利で高性能なモードを使い続けると、カナリ不便な思いをさせられることになってしまいます。
というのも、

 

  1. 「ギガ放題プラン」に加入していても、月間上限は7GBまで。
  2. 「道連れ規制」が発生する。
 

の2つの欠点があるからです。
…と、言われてもよく分からないかと思いますので、いまからご説明いたします。

実は、たくさんの方が『ハイスピードプラスエリアモード』の扱いを誤り、不便な思いをされています。(※当記事コメント欄参照)
なのでぜひ、2つの欠点の中身を知り、快適なWiMAX生活にお役立てくださいませ。

1.「ギガ放題プラン」に加入していても、月間上限は7GBまで。

まず「WiMAXのプラン」についてご説明いたします。

ご存知かもしれませんが、WiMAXには2つのプランが用意されています。
「ギガ放題プラン」と「通常プラン」です。

ギガ放題プラン 通常プラン
月間上限ナシ 月間上限7GBまで

いまWiMAXをご検討中の方なら、ネットをたっぷりを使いたいハズ。ギガ放題プランを選ぶ イラストなのでプランは、
月間上限7GBまでの「通常プラン」ではなく、月間上限ナシの「ギガ放題プラン」を選ぶことになります。

次はWiMAX本体に搭載されている「2つのモード」についてご説明いたします。WiMAXのモード解説 イラストWiMAX本体には『ハイスピードモード』と、『ハイスピードプラスエリアモード』の2つのモードがあります。
そして「ギガ放題プラン」加入時に使える月間通信量の上限は、それぞれ下の表のようになっています。

「ギガ放題プラン」加入時
ハイスピード
モード
ハイスピード
プラスエリアモード
月間上限ナシ 月間上限7GBまで

ということは、たとえ月間上限ナシの「ギガ放題プラン」に加入していても、『ハイスピードプラスエリアモード』は月間7GBまでしか使えません。
ですので、

月間上限ナシの「ギガ放題プラン」に加入しているし、どのモードも使い放題!

と勘違いをしたまま『ハイスピードプラスエリアモード』で通信し続けていると、あっという間に上限の7GBに達し、通信制限されてしまいます。
これが『ハイスピードプラスエリアモード』の1つ目の欠点です。

2.「道連れ規制」が発生する。

もし『ハイスピードプラスエリアモード』を上限の7GBまで使ってしまっても、その後に月間上限ナシの『ハイスピードモード』に切り替えれば問題ないのでは?

なんて考えていると、カナリ痛い目に合うのが2つ目の欠点「道連れ規制」です。

なんと『ハイスピードプラスエリアモード』の通信量が、ひと月の上限である7GBに達してしまうと、もともと月間上限ナシで使えるハズの『ハイスピードモード』も通信制限されてしまうのです。
しかもその月が終わるまでずーっと。道連れまさに道連れです…。

さらに恐ろしいことに、この「道連れ規制」にかかってしまうと通信速度が激遅の128kbpsに規制されてしまいます。
この128kbpsという通信速度はスマホの速度制限と同じゴミ速度。128kbps イラストせっかく「ギガ放題プラン」に加入しているのに、激遅の128kbpsに規制されてしまっては意味がありません。

したがって『ハイスピードプラスエリアモード』を利用する時は、ひと月の上限である7GBに達しないようにする必要があります。
でないと「道連れ規制」で、どのモードもネットが使えないレベルに激遅化されてしまいます。

「道連れ規制」にかからないようにするには、どうすればいいですか?

 

『ハイスピードプラスエリアモード』の合計通信量が、上限である7GBを越えないようにすれば大丈夫です。

WiMAXの通信制限はややこしいので、3パターンに分けてより具体的にご説明します。
よく分からない時に、ぜひ参考にしてみてください。

 
【規制ナシ】
ハイスピードモード使用量 6GB
ハイスピードプラスエリアモード使用量 2GB
合計 8GB

【解説】
直近3日間の通信量合計が10GB未満なので、通信規制はありません。
また、ハイスピードプラスエリアモードの使用料も7GB未満なので、「道連れ規制」もありません。

 

 
【直近3日間規制】
ハイスピードモード使用量 6GB
ハイスピードプラスエリアモード使用量 5GB
合計 11GB

【解説】
直近3日間の通信量合計が10GB以上となっているため、翌日の18時~2時の間は約1Mbpsに通信規制がされます。
直近3日間の通信量合計が10GB以下になれば、翌日から制限が解除されます。

 

 
【道連れ規制】
ハイスピードモード使用量 6GB
ハイスピードプラスエリアモード使用量 7GB
合計 13GB

【解説】
ハイスピードプラスエリアモードの通信量が、7GBを越えているため激遅の128Kbpsに通信規制されます。
なお規制は、月末まで続きます。
「道連れ」なので、ハイスピードモードに戻しても128Kbpsのままです。

 

とりあえず『ハイスピードプラスエリアモード』での通信量が、月間7GBに達しないように気をつけておけばOK。
そうすれば不便な思いをすることはほとんどありません。

以上が『ハイスピードプラスエリアモード』の欠点となります。

数年前は有料モードだったこの『ハイスピードプラスエリアモード』は、今はほとんどの会社で無料化されています。
ぜひいまお伝えした「2つの欠点」に注意しながら、うまく活用していってください。

なお、この先の内容は少々マニアックとなっておりますので、もっと知識を付けたい方以外は、下の記事より気になるものをお読みください。

『ハイスピードプラスエリアモード』について調べた方にオススメの記事一覧



<深堀り>WiMAXが使える2つの電波と通信モードの関係

モードの略称

  • 『ハイスピードモード』
    =『HSモード』
  • 『ハイスピードプラスエリアモード』
    =『HS+Aモード』

WiMAXは【WiMAX2+】と、【au 4G LTE】の2種類の電波で通信することができます。

【電波の種類】
メイン サブ
【WiMAX2+】 【au 4G LTE】

そしてメインで【WiMAX2+】の電波を、サブで【au 4G LTE】の電波を使って通信する仕組みとなっています。

月間上限ナシで使える通信モードの『HSモード』を選択している時、WiMAXは【WiMAX2+】の電波で通信を行います。通信モードと使う電波の解説イラストそして月間上限7GBの『HS+Aモード』を選択している時は、【WiMAX2+】と【au 4G LTE】の両方、あるいはどちらか電波が良い方で通信を行います。

【WiMAX2+】の欠点は、【au 4G LTE】よりも電波が届く範囲が狭く、障害物にも弱いこと。
なので【WiMAX2+】の電波が繋がらない時のために、WiMAXは【au 4G LTE】が使えるようになっています。

<検証>本当に電波が良くなるのか?圏外で試してみた結果。

以前「Try WiMAX」でレンタルしている時、私は圏外の場所に行くことがありました。
その時のポケットwi-fiの様子がコチラ↓

 

ハイスピードモード圏外【HS:ハイスピードモードの略】

 

この写真は、関西のある高速道路のパーキングエリアで撮影しました。

この時【WiMAX2+】の回線を使用するハイスピードモード(HS)は、残念ながら圏外となっていました。(後で調べると、この場所は【WiMAX2+】のエリア外の場所でしたので、当たり前と言えば当たり前ですネ…。)

で、私はこの場所で【au 4G LTE】の回線が使えるハイスピードプラスエリアモードに切り替えてみました。
すると…

 
ハイスピードモード圏外
 

まさかの電波4本中4本という結果に。

上の写真をみると【au 4G LTE】の電波が、しっかりと届いていることがお分かりいただけると思います。
やはり、【4G】回線は最近のスマホでもメインで使われていることもあり、電波の届くエリアが広くなっているようです。

このように『ハイスピードプラスエリアモード』は、【WiMAX2+】の電波が届かない時にとても役に立ちます。

それでは最後に『ハイスピードプラスエリアモード』について、よくある質問とその答えを載せておきます。

「ギガ放題プラン」に加入しています。
もし1回でも『ハイスピードプラスエリアモード』を選択してしまったら、その月はずっと月間上限7GBになってしまうのでしょうか?
いいえ。
『ハイスピードモード』に戻せば、月間上限ナシに戻ります。
『ハイスピードプラスエリアモード』で上限7GBまで使ってしまいました。
通信制限を解除する方法はありませんか?
残念ながら、ありません。
(※auで契約されている場合のみ、エクストラオプション(2,500円)で解除できます。)
今月『ハイスピードプラスエリアモード』で、どれだけ通信しているか分かる方法はありますか?
『ハイスピードプラスエリアモード』の通信量の確認方法は、おもに以下の2つの方法があります。

1.WiMAX本体で計測する(目安)

2.契約した会社のマイページで確認する(正確)

ほかにも何かございましたら、下のコメント欄にご質問ください。



当サイトのおすすめメニュー~気になる画像を選ぼう♪~

(↑スワイプで動かせます)

170件のコメント

  • 例えばソフトバンクユーザーがワイマックスのエリアプラスを使うのは無理なのでしょうか?

    • 管理人クーマ

      P様、
      この度は当サイトへのご訪問および、ご質問ありがとうございます。

      ソフトバンクユーザーさんであっても、WiMAXを契約すればプラスエリアモードを使うことは可能です。

      ほかにも何かご質問がありましたら、気軽にコメントいただけると幸いです。

  • P

    ご回答ありがとうございます。wimaxの4G回線はauですよね?
    実際に私自身がソフトバンクユーザーで某プロバイダーから誘われてwimaxを契約したのですが、地下鉄、ビル内とかであまりにも電波状態も悪く、そのプロバイダーのマイページに行ったら、そのモードを使っていないことがわかり、問い合わせしたら使えないと言われました。どのような設定で使うのでしょう?ちなみにUQスポットで聞いても同じ返答でした。分かりましたらご教示ください。

    • 管理人クーマ

      P様、
      当サイトへの再度のご訪問および、ご質問ありがとうございます。

      P様のご認識どおり、WiMAXの4G LTE回線はauです。
      問い合わせしても使えないということは、もしかしたらP様がお使いの機種がハイスピードプラスエリアモードに対応していない可能性があります。
      P様はどの機種をご使用中ですか?
      ちなみに、ハイスピードプラスエリアモードは、WiMAXの本体側の設定を変更することで使用できるようになります。

  • P

    ご回答感謝致します。使用機器はWX04です。

    • 管理人クーマ

      WX04でしたらハイスピードプラスエリアモード対応機種なので、使えるハズなのですが…。
      こちらの設定方法(他サイト)でモード切替しても使えない場合は、WiMAXに接続後クイック設定WEBでハイスピードプラスエリアモードを無効にしていないか確認してみてください。
      それでも使用できない場合は、ちょっとお手上げです…。
      お力になれず申し訳ありません。

  • P

    再三ありがとうございます、後程やってみます!!

  • P

    お世話になります。解決いたしました。
    某プロバイダーのサポートは接続できません、申し訳ないですの答えで。UQスポットでも接続出来ませんの答えでしたが、ここで指示された通りにモードを変えて、某プロバイダーのマイページに行ったら、接続出来ていることが確認でき、UQモバイルのサポートに確認の意味で電話したら明確に接続できますとの答えでした。インセンティブ稼ぎのプロバイダー、ショップでは情報が薄すぎるんですね。結論はどのキャリアでもau回線を使っているwimaxの回線は使用できると確認できました。色々ありがとうございました!!

    • 管理人クーマ

      P様、お世話になっております。
      無事にハイスピードプラスエリアモードが使用できたとのこと、安心いたしました。
      当記事にも記載しておりますが、上限の7GBには注意しながらご利用くださいませ。

      この度は、P様のお役に立てたようで光栄です。
      また何かご不明な点がございましたら、コメントいただけると幸いです。

  • ゆう

    とてもわかりやすい解説ありがとうこまざいます。1点修正をお願いしたい箇所があります。「道連れ規制の規制なし」説明の表ですが(6GB +2GB=7GB」となっていますが、合計量は7GBではないでしょうか?確認と訂正よろしくお願い致します。

    • ゆう

      すみません。合計量は8GBです。

      • 管理人クーマ

        ゆう様、
        当サイトへのご訪問および、お褒めの言葉ありがとうございます。

        ゆう様にご指摘いただいた「合計量8GB」、すぐに修正させていただきました。
        「算数が間違っている」という非常に恥ずかしい間違いにずっと気付かずにいました…。
        ご迷惑をおかけして申し訳ありません。

        ゆう様のおかげで、修正することができたこと非常に嬉しく思っております!
        この度はご指摘いただき、ありがとうございました!

  • けーご

    ハイスピードプラスエリアでの規制かかってしまって
    あのauチップを変えて、対策打とうとしたのですが、最初の1日は普通に通信出来たのですが、二日目以降からとても遅くなります。(おそらく128kbps)これはauチップを、かえても1ヶ月待たないといけないのでしょうか?

    • 管理人クーマ

      けーご様、
      この度は当サイトへのご訪問および、ご質問ありがとうございます。

      現在、けーご様が「道連れ規制」にかかってしまい、非常に不便な思いをされているとのこと、心中お察しいたします。

      さて、ご質問の件ですが、
      けーご様が差し替えられたauチップは、どういった契約のチップでしょうか?
      1日目に普通に使えて、2日目からとても遅くなったということを考えると、
      差し替えたauチップが、使える通信量の上限に達してしまったと考えられます。

      おそらく、

      ・WiMAXチップ⇒ハイスピードモード上限ナシ
      ・auチップ⇒モード関係なく、契約した時の上限

      となっていると考えられます。

       
      そのため、現状の対策といたしましては、

      1.3月まで待つ
      2.auチップを追加課金し、使える通信量を増やす
      3.Try WiAMXでレンタルする

      の3つを提案いたします。

      あまりお役に立てなくて申し訳ありませんが、以上が当サイト管理人からのアドバイスとなります。
      また何かご質問等ございましたら、コメント頂けると幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。



1 8 9 10 11