ドコモの「シンプルプラン」とポケットwi-fiを使った節約術を教えます。

節約術を解説♪

「音声通話は、ほぼ使わない」
そんなスマホの使い方をする家族向けの新プラン「シンプルプラン」が、登場しています。
あなたのご家族が「電話はしないけど、ネットをたくさんする」なら、新プランと「ポケットwi-fi」で年間最大245,760円も節約できます。

節約術を解説♪

「音声通話は、ほぼ使わない」
そんなスマホの使い方をする家族向けの新プラン「シンプルプラン」が、登場しています。
あなたのご家族が「電話はしないけど、ネットをたくさんする」なら、この新プランと「ポケットwi-fi」で年間最大245,760円も節約できます。


この記事は「家族でdocomo」の方向けの記事となっております。
ひとりでdocomoの方はコチラの節約術を参考にしてみてください。

(⇒いますぐ「節約方法」を見る

【3ステップ節約術】「シンプルプラン」と「ポケットwi-fi」の組合わせで大幅値下げを実現セヨ。

これからあなたにお伝えしていく【3ステップ節約術】
この節約術を使えば、ドコモのままなのに家族全体で毎月最大20,480円、年間総額なら最大245,760円も節約できます。(計算式は【補足資料2】にて)

また、それだけでなく毎月使える通信量も、毎月約100GB以上と大幅にアップします。
しかし、と聞けば、だれもが気になるのがその「デメリット」部分について。

今回の【3ステップ節約術】で実現する「節約&使える通信量アップ」と引き換えに、いったいどんな「デメリット」があるのかというと・・・?

という3つのデメリットがあります。

節約した結果、不便になってしまったよ・・・。

ということがないように、まずはこのデメリット部分についてのくわしい解説をご覧ください。

(⇒デメリットの解説を飛ばす

節約前に知っておきたい3つのデメリットを分かりやすく解説♪


家族以外に電話をかけると、
通話料が「20円/30秒」かかる。

ドコモの基本プランを「シンプルプラン」に変更すると、今まであった「無料通話」がなくなります。
そして、家族以外の誰かに電話をかけた時は「20円/30秒」の通話料金がかかるようになります。

その代わりに、基本使用料は「980円/月」まで下がります。
この月額料金でも、家族間の通話はもちろん無料です。

そのため、この「シンプルプラン」は家族以外とは電話しない人。
また、今まで長電話をしてきた恋人と「これから家族になる」という新婚さん。
そういった方々に、オススメのプランとなっています。

【補足】
コチラの節約方法なら、「通話をたくさんしたい」という時でも使えます。


ネットを繋ぐ時には、基本的に
ポケットwi-fiを使う必要がある。

今回の【3step節約術】では、いまのドコモの電波を使ってネットに繋ぐ状態から、ポケットwi-fiの電波を使ってネットに繋ぐ状態にすることで、節約していきます。つまり、【これから】は上の図のように、ネットを繋ぐ時には基本的にポケットwi-fiを使うことになります。
このひと手間が、2つ目のデメリットです。

ちなみに“基本的に”というのは、5GBまでならドコモの電波が使えるためです。(※シェアパック5を契約するため。)


場所によっては、
電波が弱いことがある。

ポケットwi-fiの電波は、ドコモの電波よりも弱いです。
もちろん、ポケットwi-fiの電波がめちゃくちゃ弱いというワケではなく、ドコモの電波がめちゃくちゃ強いだけです。

どれぐらい電波が違うのか、地図でみてみると・・・


富士山周りに注目すると、電波の範囲に差があるのがお分かりいただけると思います。
このようにポケットwi-fiは、場所によってドコモよりも電波が弱いことがあります。

 ワタシが住んでいる地域って、ポケットwi-fiの電波入るかな?

 

 コチラのピンポイントエリア判定で分かります。

 ワタシが住んでいる地域って、ポケットwi-fiの電波入るかな?

 

 コチラのピンポイントエリア判定で分かります。

ちなみに「お試しに使ってみたい!」という時には、Try WiMAXという無料レンタルサービスもあります。
壁が分厚い家や、高層マンションの上階などにお住まいの方は、一度レンタルしてみることをオススメいたします。

あなたのご家族に【3step節約術】は向いてる?向いていない?

先ほどからお伝えしていますように、【3step節約術】には↑のデメリットがあります。

そのため「どんなご家族でも節約可能!」というワケにはいきません。
それぞれのご家族のスマホの使い方によって「向き不向き」があります。
そこで・・・

ワタシの家族は、【3ステップ節約術】に向いてるのかな…?

というあなたのために、「3つのポイント」をご用意いたしました。

下の【point1】【point2】【point3】のすべてに当てはまるかどうかを確認して、「向いているか?or向いていないか?」を、判断してみてください。

3ステップ節約術の条件

 家族以外と、電話はほとんどしない

 ネットは、たくさん使いたい

 通信量を使う人が、かたよっている


家族以外と、電話はほとんどしない


ネットは、たくさん使いたい


通信量を使う人が、かたよっている

【point1】は、家族以外と電話すると通話料金がかかってしまうため。

【point2】は、ネットをたくさん使わないなら、そもそもポケットwi-fiは必要ないため。

そして、【point3】は通信量のほとんどを、ポケットwi-fiに負担してもらうために必要な条件となります。

 の補足

家族みんなの使う通信量が同じぐらいなら、この節約方法は向きません。
というのも、家族の誰かがポケットwi-fiを持ってお出かけしてしまうと、ネットに繋げなくなってしまうからです。

それとは反対に、通信量が誰かにかたよっているなら、↑この図のように、ネットをよく使う人の通信量をポケットwi-fiに負担してもらうことで、節約することができます。

さて、あなたのご家族は、この3つのポイントがクリアできていますでしょうか?

無事クリアできていることが確認できたら、いまからお伝えしていく【3ステップ節約術】で、さっそくムダを減らしていきましょう。

4人家族でドコモを使ってる人って、だいたいどれぐらい節約できますか?
モデルケース】で計算すると…
毎月11,580円、毎年138,960円節約できます。

【3ステップ節約術】のやり方と、その中身を分かりやすく解説していきます。

ご家族で毎月最大20,480円も節約できる【3ステップ節約術】
あなたがこれから行う手順をお伝えしておきます。

たった、これだけです。
たったこれだけで、年間で最大245,760円節約でき、ネットがたくさん使えるようになります。

 やることが分かったので、さっそく手続きがしたいんですけど…!?

 

 そんな行動派のあなたには、ポケットwi-fiをコチラの会社で手に入れることをオススメいたします。
もちろん、スマホでドコモのプラン変更もお忘れなく。

では、それぞれのstepの中身をくわしく解説していきます。

 

 

 「シンプルプラン」に契約を変更する


「シンプルプラン」に
契約を変更する

 

今回の【3ステップ節約術】では、新しく登場した「シンプルプラン」を使います。
このプランは「通話料金が高いかわりに、基本使用料が安い」という特徴があります。

そのため、「家族以外と、電話はほとんどしない」という方にピッタリなプランとなっています。
「シンプルプラン」の基本使用料については、下の料金表の   をごらん下さい。

カケホーダイ 2,700/月
カケホーダイライト 1,700/月
シンプルプラン 980円/月
 

出典:ドコモ公式HPより

さて、あなたのご家族ではこの3つのプランのうち、どのプランでスマホをお使いでしょうか?

おそらく、これまでの「カケホーダイ・カケホーダイライト」のどちらかだと思います。
いまのあなたのプランを、新しい「シンプルプラン」に変更すると、

 カケホーダイなら
   1,720円×家族の人数分

 カケホーダイライトなら
   720円×家族の人数分

毎月節約することができます。

 えっと、この「シンプルプラン」のデメリットって、なんでしたっけ?

 

 デメリットは、コチラから電話した時に「20円/30秒」の通話料がかかることです。

これ以外のデメリットはありません。
ちなみに、もし長電話したくなった時は「LINE通話・skype通話」など、アプリを使うことで無料化できます。

なので、この通話料金が上がるデメリットは解消することもできます。

 のまとめ
家族みんなのプランを「シンプルプラン」に変更し、毎月の基本使用料をさげよう♪

 

 「シェアパック5」に契約を変更する


「シェアパック5」に
契約を変更する

 

ドコモでは、家族みんなでドコモのスマホを使っている場合、「シェアパック」に加入することになっています。

この「シェアパック」は、ドコモから買った通信量を家族みんなで分け合うパックで、基本使用料は「通信量の大きさ」で決まります。

【関連記事】
ドコモのシェアパックの仕組みについて

ドコモの「パケットパック」は、1GBあたりのお値段がカナリ高額。
そのため、できるだけドコモから買う通信量を減らすのが、節約のコツとなります。

「どれぐらい高額なのか?」
いちど、下の表で確認してみてください。

ウルトラシェアパック
100(100GB)
25,000円/月
ウルトラシェアパック
50(50GB)
16,000円/月
ウルトラシェアパック
30(30GB)
13,500円/月
シェアパック
15(15GB)
12,500円/月
シェアパック
10(10GB)
9,500円/月
シェアパック
5(5GB)
6,500円/月
 

出典:ドコモ公式HPより

大半が10,000円越えしていることからも、その高さがお分かりいただけるのではないでしょうか?

さて、「ネットは、たくさん使いたい」というご家族なら、いまウルトラシェアパック30以上を契約中かと思います。
おそらくドコモショップで、

おひとり様あたり「3,375円」で、約8GBも使えるのでオススメですよ。

のような感じで、オススメされたのではないでしょうか?

ですが、毎月13,500円以上ドコモに支払っているのはもったいないです。

なので、いまあなたのご家族が契約中の「ウルトラシェアパック」を、「シェアパック5」に変更していきます。
そうすることで、毎月の使用料金が6,500円になり、7,000円の節約ができます。

 でも、家族みんなで【5GB】しか使えなくなるのって、カナリ不便になるんじゃないの?

 

 大丈夫です。
プラン変更で減った通信量は、ポケットwi-fiで復活させます。

 のまとめ
「シェアパック」の料金は高いので、プランを1番下にして節約しよう♪

 

 ポケットwi-fiを手に入れる


ポケットwi-fiを手に入れる

 

「ポケットwi-fiを手に入れる」と言っても、ドコモのポケットwi-fiを手に入れるワケではありません。
「WiMAX2+」という電波が使える、他社のポケットwi-fiを手に入れます。
なお、当サイトではこの「WiMAX2+」の電波が使えるポケットwi-fiのことを、「WiMAX系のポケットwi-fi」と呼んでいます。

どうしてドコモのポケットwi-fiじゃないの?
ドコモのポケットwi-fiは、使える通信量が増える仕組みではないからです。
(通信量が増えない仕組みについては、下の関連記事にて解説しています。)

【関連記事】
仕組みを知ればメリットナシ?ドコモのポケットwi-fiについて

WiMAX系のポケットwi-fiを手に入れると、毎月使える通信量が各段に増えます。

「いったい、どのぐらい増えるのか?」
「通信規制はどうなっているのか?」
下の表にカンタンにまとめましたので、ご覧ください。

WiMAX系のポケットwi-fiの通信量
月間 上限ナシ
直近3日間の合計 10GB以上で速度制限
速度制限時 約1Mbps
WiMAX系のポケットwi-fiの通信量
月間 上限ナシ
直近3日間の
合計
10GB以上で
速度制限
速度制限時 約1Mbps

↑このように「毎月上限ナシ」まで、通信量が増えます。
当然、いくらでも使いたい放題です。

ですが、3日間という短い期間で使いすぎると・・・

キミちょっと使いすぎだから、明日からみんながよく使う時間帯(18時頃~2時頃)は遅くするよ!

という通信制限があります。
そのため「毎月使いたい放題だけど、毎日使いたい放題ではない」という点には、注意が必要です。

ちなみに、通信制限に引っかかってしまった場合には、約1Mbps(※Youtube標準画質は見られるレベル)の通信速度に規制されます。

このように「WiMAX系のポケットwi-fi」は、短期間で使いすぎると通信制限があります。
ですが、通信制限にかからないように使っても毎日約3.3GB使うことができ、毎月約100GB使うことができます。
しかも、かかる費用は基本使用料だけで。

 で、肝心のWiMAX系のポケットwi-fiの基本使用料っていくらなの?

 

 平均4,300円程度です。
ですが、キャンペーンを利用すると平均約3,000円程度で毎月使えます。

ここで、ドコモの「ウルトラシェアパック100(100GB)」の25,000円と比べると、いかにWiMAX系のポケットwi-fiが安いかがお分かりいただけると思います。

 のまとめ
WiMAX系のポケットwi-fiで、使える通信量を増やそう♪

【3ステップ節約術】まとめ~さっそく実践しよう~

最後に、もう1度【3step節約術】のやり方をご確認ください。

【step1・step2】で、ドコモに支払うお金を減らし、そのお金の一部を【step3】に使うことで使える通信量を増やす。

これが、この記事でお伝えしてきた【3step節約術】の極意となります。
ドコモに支払っているムダな支出を減らすだけでも価値があるので、ぜひ試してみてください。

 【step3】で手に入れるポケットwi-fiは、どこの会社から選べばいいのかな?

 

 とくとくBBさんがオススメです。

こちらの会社は、他社よりも多額のキャッシュバックをしているので、お金の節約にピッタリな会社です。
ですが、ちょっぴり手続きに注意点があるので、ポケットwi-fiを手に入れる前にコチラの記事をご覧ください。

【3step節約術】をご覧になられた方には、コチラの記事もオススメです

【補足資料1】4人家族の3step節約術モデルケース

【モデルケース(節約前)】
家族構成 4人家族 【料金】
25歳以下 2人 -500円×2人
基本プラン
カケホーダイ 2,700円×4人
パケットパック ウルトラシェアパック50 16,000円
ドコモ利用年数 8年 -1,000
SPモード使用料 300円×4人
シェアオプション 500円×3人
毎月の合計料金 27,500円

【参考資料】
かんたんシュミレーション

【モデルケース(節約後)】
家族構成 4人家族 【料金】
25歳以下 2人
基本プラン
シンプルプラン 980円×4人
パケットパック シェアパック5 6,500円
ドコモ利用年数 8年 -200円
SPモード使用料 300円×4人
シェアオプション 500円×3人
ポケットwi-fiの料金 2年間の平均 約3,000円
毎月の合計料金 15,920円
【節約額】
毎月平均 11,580円
年間 138,960円

(⇒うえに戻る

【補足資料2】年間最大245,760円の計算式

【節約前】
家族構成 4人家族 【料金】
25歳以下 2人 -500円×2人
基本プラン
カケホーダイ 2,700円×4人
パケットパック ウルトラシェアパック100 25,000円
ドコモ利用年数 4年 -1,000
SPモード使用料 300円×4人
シェアオプション 500円×3人
毎月の合計料金 36,500円

【参考資料】
かんたんシュミレーション

【節約後】
家族構成 4人家族 【料金】
25歳以下 2人
基本プラン
シンプルプラン 980円×4人
パケットパック シェアパック5 6,500円
ドコモ利用年数 4年 -100円
SPモード使用料 300円×4人
シェアオプション 500円×3人
ポケットwi-fiの料金 2年間の平均 約3,000円
毎月の合計料金 16,020円
【節約額】
毎月平均 20,480円
年間 245,760円

(⇒うえに戻る

当サイトのおすすめメニュー~気になる画像を選ぼう♪~

(↑スワイプで動かせます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。