仕組みを知ればメリットナシ?ドコモのポケットwi-fiについて

ドコモ モバイルwi-fi

契約のメリット無し?

ドコモが提供する
モバイルwi-fi(≒ポケットwi-fi)
の仕組みについて解説。
これを知れば、
ドコモのポケットwi-fiが、
「契約するメリットアリorナシ」
が簡単に理解できます。

ドコモ モバイルwi-fi

契約のメリット無し?

ドコモが提供する
モバイルwi-fi(≒ポケットwi-fi)
の仕組みについて解説。
これを知れば、
ドコモのポケットwi-fiが、
「契約するメリットアリorナシ」
が簡単に理解できます。

まずは知っておこう。ドコモのポケットwi-fiの仕組み


ドコモのポケットwi-fiは、
契約しても通信制限対策にはなりません。

ポケットwi-fiを契約すると、
「毎月の使える通信量が増え、通信制限対策になる。」
そんなイメージをお持ちかと思います。
基本的に、そのイメージは間違っていません。
しかし、docomoのポケットwi-fiだけは、
あなたのそのイメージとは異なる仕組みとなっています。
ドコモのポケットwi-fiは契約しても、通信量は増えません。

 なぜ、docomoのポケットwi-fiは通信量が増えないの?

それは、「スマホと通信量を共有する仕組みだから」です。
イマイチ理解し辛いかと思いますので、
これから分かりやすく図を使って解説いたします。

ドコモの通信量システム~使える通信量をリンゴに例えて考えよう♪~

まず、ドコモから1カ月分の通信量をまとめて購入します。
この時に購入する通信量は、契約時に決めています。ドコモ シェアパック 解説画像①「データパックM」、「シェアパック15」などのプランが、
毎月ドコモから購入する通信量となります。

次は、
まとめて買った通信量(リンゴ)をみんなで分け合います。通信量 分け合うポケットwi-fiも他の家族のスマホと同じように、
最初に買った通信量(リンゴ)の一部を受け取って、
それを使います。
したがって、
ポケットwi-fiが通信量(リンゴ)を増やしてくれることはありません。
もちろん、
ポケットwi-fiがあることで「ノートPCやタブレット」などで、
インターネットが使えるようにはなります。
しかし、その時に使うのが、
ドコモから最初に買った通信量(リンゴ)なのです。

これがドコモのポケットwi-fiの仕組みです。
この仕組みではどう頑張っても、通信制限対策にはなりません。

 

 一般的なポケットwi-fiの場合
一方、一般的なポケットwi-fiの場合は、
最初に買った通信量(赤リンゴ)とは別の通信量(青リンゴ)を、
運んできてくれます。通信量 分け合う 他社2したがって、
毎月使える通信量が増え、通信制限対策にもなります。

【補足】
ちなみに、使える通信量が増えるポケットwi-fiは、
LTE系orWiMAX系のポケットwi-fiです。
オススメはWiMAX系です。
ですが、
あなたに合う方を考えてから決めたい場合は、
下の緑ボタンから見られるストーリーを参考にしてみてください。

 

 

 じゃあ、ドコモのポケットwi-fiはどんな人にオススメなの?

 お金持ち。

ドコモのポケットwi-fiは、
「電波が強くて速い」というメリットがあります。
しかし、その代わりに「高い」というデメリットがあります。
なので、
「快適なネット通信のためには、お金を惜しまない。」
そんなセレブのような方にしかオススメできません。

 実際に計算すると、どのぐらい高いの?

そんな疑問にお答えするために、
今からその「高額さ」を計算していきます。WS000076ドコモのポケットwi-fiは上の画像のように、
【毎月のスマホの料金】+【1,900円】で使えるようになります。
スマホの料金は、以下のようになっています。

docomoの基本料金
カケホーダイプラン 2,700円
カケホーダイライトプラン 1,700円
 
docomoのパケットパック料金表(一人用)
データLパック8GB 6,700円
データMパック5GB 5,000円
データSパック2GB 3,500円
 
docomoのパケットパック料金表(家族用)
シェアパック30(大容量) 22,500円
シェアパック20(大容量) 16,000円
シェアパック15(標準) 12,500円
シェアパック10(小容量) 9,500円
シェアパック5(小容量) 6,500円

参考HP:ドコモ公式HP

1人で毎月15GB使う場合、ドコモとWiMAX系のポケットwi-fiを比較

 ドコモのポケットwi-fiの場合

毎月17,100円

【カケホーダイプラン+シェアパック15+ポケットwi-fi使用料金】
(2,700円+12,500円+1,900円)

 WiMAX系のポケットwi-fiの場合

毎月9,700円

【カケホーダイプラン+データパックS+WiMAX系ポケットwi-fi平均料金】
(2,700円+3,500円+3,000円)

 

差額7,400円

毎月ネット通信量が15GB必要な場合、
以上のように7,400円もの差になります。
さらに、
ドコモのポケットwi-fiの場合は上限15GBなのに対し、
WiMAX系のポケットwi-fiの場合は月間の上限はありません。
(↑直近3日間の合計通信量が3GBの場合は制限アリ)
つまり、
WiMAX系のポケットwi-fiなら、
15GB以上使うことができるようになります。
しかも、ドコモよりも安い料金で。

ドコモのポケットwi-fiより
安くてたくさん使える

って言うけど、
何かデメリットもあるのでは…?

 


たしかにあります。
しかし、あの費用の差と比べると、
はるかに小さなデメリットです。

「デメリット」について詳しくは、次回の記事で解説いたします。
「ドコモのポケットwi-fiか?他のポケットwi-fiか?」
まだまだ決めきれないあなたは、下の青ボタンより次へお進み下さい。

 

 

当サイトのおすすめメニュー~気になる画像を選ぼう♪~

(↑スワイプで動かせます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。