【WiMAX・WiMAX2+・AXGP・4G/LTE】電波の違いは何?

【電波の違いを解説♪】

【WiMAX】・【WiMAX2+】・【AXGP】・【4G/LTE】
「いろんな名前の電波があって
違いがよく分からない…。」
そんな悩みを解決します。
それぞれの電波の特徴が分かれば、違いが分かります。

【電波の違いを解説♪】

【WiMAX】・【WiMAX2+】・【AXGP】・【4G/LTE】
「いろんな名前の電波があって
違いがよく分からない…。」

そんな悩みを解決する記事です。
それぞれの電波の特徴が分かれば、違いが分かります。

種類が多くて分かりにくい電波について分かりやすく解説♪

ポケットwi-fiで
使われる4つの電波一覧

 WiMAX

 WiMAX2+

 AXGP

 4G/LTE

現在、ポケットwi-fiで主に使われている電波は↑この4つとなっています。

「電波とか回線とかよく分からない。」というあなたでも、WiMAXかWiMAX2+のどちらかは聞いたことがあるかと思います。

さて、これら4つの電波。
いったい何が違うのでしょうか?
それは、簡単に言うと「電波の強さ・通信の速さ・規制の緩さ」が違います。表5

ではさっそく、先ほどの4つの電波の違いを「強さ・速さ・緩さ」に注目して、確認してみましょう。

「強さ・速さ・緩さ」を見比べて4つの回線の特徴をつかもう♪

 WiMAX

 無制限で使いたい放題だけど、遅めで弱い回線

通信規制はないけど、
遅めで弱い回線

(⇒WiMAXの詳細へ


 WiMAX2+

 規制も緩く、速度も速いが、
場所によって電波に差がある

規制も緩く、速度も速いが、
場所によって電波に差がある

(⇒WiMAX2+の詳細へ


 AXGP

 最大速度も、対応エリアも、ちょっと劣り気味

最大速度も、対応エリアも、
ちょっと劣り気味

(⇒AXGPの詳細へ


 4G/LTE

 電波がとても強いが、すぐに速度規制される

電波がとても強いが、
すぐに速度規制される

(⇒4G/LTEの詳細へ

 4つの回線に違いがあるのは、だいたい分かりました。
で、どのポケットwi-fiがどの電波を使ってるんですか?

 

 WiMAX系とLTE系に分けてご説明します。

【WiMAX系】と【LTE系】のポケットwi-fiが使える電波を比較

WiMAX系のポケットwi-fiが使える回線

WiMAX WiMAX2+ AXGP 4G/LTE
×

WiMAX系のポケット
wi-fiが使える回線

WiMAX
WiMAX2+
AXGP ×
4G/LTE

【補足】
WiMAX系のポケットwi-fiとは、その名の通り「WiMAX2+」の回線をメインで使うポケットwi-fiです。

(会社例:とくとくBB

 WiMAX【▲】の解説

WiMAX回線の詳細で記載していますが、WiMAX回線は今後なくなります。
なので、WiMAX系のポケットwi-fiの新機種は、WiMAXの電波が最初から受信できないようになっています。

もちろん、その代わりにWiMAX2+の電波の受信性能があがっています。

 

 WiMAX2+【◎】の解説

WiMAX系のポケットwi-fiのメイン回線となります。
2017年現在、下り最大440Mbpsという脅威の通信スピードを達成しています。

 

 AXGP【×】の解説

WiMAX系のポケットwi-fiでは、受信できません。

 

 4G/LTE【▲】の解説

機種によって、この4G/LTEが使えるか使えないかが変わります。

W系 WX系
wx03
使える 使えない

左側の「W系」機種では、ハイスピードプラスエリアモードというモードにすると、4G/LTEの回線の電波が受信できるようになります。

4G/LTE回線が使える機種の方がいいと思うのですが、どうして使えない機種を選ぶ人がいるのですか?
WiMAX系のポケットwi-fiでは、4G/LTE回線使うと一部の方を除いて別料金が発生するからです。

この点については、ハイスピードプラスエリアモードの注意点の記事にて解説してますので、よろしければ参考にしてみてくださいネ。

 
 
LTE系のポケットwi-fiが使える回線

WiMAX WiMAX2+ AXGP 4G/LTE
× ×

LTE系のポケット
wi-fiが使える回線

WiMAX ×
WiMAX2+ ×
AXGP
4G/LTE
【補足】
LTE系のポケットwi-fiとは、その名の通り「4G/LTE」の回線をメインで使うポケットwi-fiです。

(会社例:Y!mobile

 WiMAX・WiMAX2+【×】の解説

 WiMAX・WiMAX2+
【×】の解説

LTE系のポケットwi-fiは、WiMAX系とは会社が違うので「WiMAX」と名前がついた回線を使うことができません。

 

 AXGP【〇】の解説

LTE系のポケットwi-fiの一部の機種では「アドバンスモード」という月間上限ナシのオプションが用意されています。

アドバンスモードを…?
使える 使えない

このアドバンスモードを使っている時、「AXGP」の電波をメインに受信します。

 

 4G/LTE【◎】の解説

LTE系のポケットwi-fiのメイン回線です。
契約プランによって上限の通信量がかわります。

 
 
 あの~…。
結論からいうとWiMAX系とLTE系なら、どっちのポケットwi-fiがいいんですか?

 

 当サイトでは、私も使っている【WiMAX系】をオススメしています。

ですが、あなたにベストな方がどっちなのかは、あなたのネットの使い方によって変わります。
なので、コチラの物語を参考に「どっちがあなたに合うか?」を考えてみてください。

「補足:WiMAX・WiMAX2+・AXGP・4G/LTE」の詳しい解説

 WiMAXの詳細

 もうすぐ停波

WiMAXは速度が最大13.3Mbpsへ低下し、2018年にはサービス終了します。
そのかわりに今メインで使われているWiMAX2+が強化されます。

詳細については⇒【WiMAXの速度低下とサービス終了について】をご覧ください。

 

 電波の強さ【×~▲

WiMAXの最大の弱点である「電波の弱さ。」
ちなみに、評価が【×~▲】だからといって、常に圏外というワケではありませんのでご安心を。
あくまで「いつでもどこでも安定して電波が入るワケではない。」ということです。

もちろん、地域によっては電波が良いところもあります。
ですが、「壁が分厚い屋内、地下では使い物にならないレベル。」ぐらいに思っておいた方がいいと思います。
おうちの中で使うなら、「窓際に置くといい感じ♪」とよく言われています。

 

 通信の速さ【×~▲

下り最大40mbpsと表記されていますが、実際に使う時には「数Mbps~十数Mbps」ぐらいと言われています。
この「数Mbps~十数Mbps」という速さは、サクサク高画質の動画が楽しめるぐらいの速さです。
なので、普通にネットサーフィンする時に遅すぎる…。ということはありませんでした。

しかし2017年の現在、WiMAX対応機種もどんどん減り、もはや存在自体が消えかけています。

 

 規制の緩さ【

「WiMAX」最大の武器である通信規制一切なし
よくある「※ただし…」の条件もないので、まさに無制限で使いたい放題使えます。

(⇒WiMAX2+の表へ

 

 

 WiMAX2+の詳細

 電波の強さ【▲~◎

残念ながらWiMAX2+の電波は、スマホのように「いつでもどこでも繋がる!」とは言えない強さとなっています。
いまでも、どうしても使う場所によって電波の強さに「差」があります。

ですが、以前は電波が届かなかった地下街や地下鉄などの場所でも、どんどん電波が入るようになってきています。

どうして電波が入るようになってきているのでしょうか?
それは「電波の届かない施設内にアンテナが設置されていっているから」です。

こういったアンテナ設置は、WiMAX2+の電波を提供している「UQ」が努力している証拠です。

 

 通信の速さ【○~◎

2017年現在、下り最大速度440Mbpsを達成し、ますます通信速度が速くなってきています。
もちろん、理論上の速度なので実際の速度はもっと遅いですが、それでもHD画質の動画をサクサクみられるぐらいの通信速度はあります。

ただ、コチラの通信の速さも地域によって「差」があります。

 

 規制の緩さ【

直近3日間合計3GBで通信規制が、2017年2月から緩和されました。
いまの通信規制対象は「直近3日間合計10GB」に。

この規制緩和によって、ほとんどの人が通信規制にかからない範囲で、楽しいネット生活が送れるようになりました。

 もし、WiMAX2+で速度制限にかかったら、通信の速さはどれぐらいになるの?

 

 約1Mbps程度と公式に発表されています。

この「1Mbps」というのは「yahoo!ニュースをみたり、ツイッターをみたりといったネットサーフィン系はできるけど、高画質の動画は見られないレベル。」です。

ほとんどネットに繋がらない「スマホの速度制限より全然マシ」です。

(⇒AXGPの表へ

 

 AXGPの詳細

 電波の強さ【

全国の主要都市部がメインエリアとなっており、WiMAX2+に比べると狭くなっています。
また、地下街や地下鉄などは繋がらないという口コミが多くみられます。
もう少し頑張ってほしいところ。

 

 通信の速さ【▲~〇

電波さえ入れば、通信速度は問題ナシ。口コミや評判も電波が入っていれば上々です。

ちなみに、下り最大速度○○Mbps!!のような告知をしていないことから、そこまで速度に自信がないと予想できます。

 

 規制の緩さ【

直近3日間合計10GB以上使っていると通信規制がかかります。

AXGPで通信制限がかかったら、どれぐらいの速度になるの?
約1Mbps程度と公式に発表されています。

【Y!mobile公式サイト】
通信の制限について

(⇒4G/LTEの表へ

 

 

 4G/LTEの詳細

 電波の強さ【

「4G/LTE」はスマホと同じ電波なので、もちろんスマホと同じぐらい繋がりやすいです。
地下街でも地下鉄でも、基本的にいつでもどこでも繋がります。

 

 通信の速さ【〇~◎

機種によって差があるものの「基本的にネットで何やっても快適なレベル」の速さを誇ります。

 

 規制の緩さ【×

電波が強くて速い「4G/LTE」の最大の弱点が、この「規制の厳しさ」です。

ほとんどのポケットwi-fiが月間7GB分の通信をすると、速度規制されてしまいます。

 もし、4G/LTEが規制にかかったらどれぐらいの速さに規制されるの?

 

 128kbpsです。
この「128kbps」は、スマホの速度制限時と同じ速さです。
つまり、ウ○コです。笑
「yahoo!のTOPページすら開くのに苦労するレベルです。」

ポケットwi-fiの電波の種類について調べた方々には、コチラの記事も読まれています。

当サイトのおすすめメニュー~気になる画像を選ぼう♪~

(↑スワイプで動かせます)

コメントを残す