とくとくBBは評判ほど悪くない!7つの悪評と2年間利用して分かった事実

 

とくとくBBの評判

「良かった!悪かった!」
賛否両論ある「とくとくBB」さんに対する口コミや評判。
なかでも誰もが気になる評判は、
やっぱり悪い方。
この記事では、実際に私が2年間利用した体験をもとに、各所でよく言われている「7つの悪評」について、その事実をお伝えします。

とくとくBBの評判

「良かった!悪かった!」
賛否両論ある「とくとくBB」さんに対する口コミや評判。
なかでも誰もが気になる評判は、
やっぱり悪い方。
この記事では、実際に私が2年間利用した体験をもとに、各所でよく言われている「7つの悪評」について、その事実をお伝えしていきます。

口コミ系のサイトや、ネット上の評判でよく見られる「7つ悪評」と事実について

ネット上でウワサされる【7つの悪評】

ネット上でウワサされる
【7つの悪評】

 

 


キャッシュバックが難しい!

 
  • キャッシュバックのハードルが高い!
  • キャッシュバック申請は分かりにくい!
  • 高額キャッシュバックはワナ!

そんな批判を受けることもある「とくとくBB」さんのキャッシュバック特典。

しかし、実際は「手続き日」さえ覚えておけば、カンタンに特典を受け取れました。

キャッシュバックの申請手順は、たったの3step。
それだけで、口座に31,950円振り込んでもらえました。

「お金、本当に返ってくるの?」
と、たまに心配される方もいらっしゃりますが、安心してください。
下の画像でお見せいたしますように、本当にお金を振り込んでもらえます。もちろん、約11ヶ月後に「キャッシュバック申請」が必要となりますので、それを覚えておくのはムズカシイと感じられる方もいらっしゃると思います。

そういった方は「とくとくBB」さんではなく、「So-net」さんがオススメ。
「キャッシュバックナシ・オプションナシ」で最初からオトクとなっており、損する心配がありません。
(※安さはとくとくBBさんの方が上です。)

 

 


対応サービスが悪い!

 

これについては不明です。すみません。
というのも、わたしは「とくとくBB」さんと契約中、サポートセンターに問い合わせをしたことがないからです。

私の場合「オプション解除」など、必要な手続きはすべて「BBnavi」という会員ページで完了しました。
あくまで予想ですが、利用者されている方のほとんどは、私と同じように直接サポートセンターに問い合わせることはないと思います。

ちなみに、何か困ったときのために、「会員サポート」にはメールでの問い合わせと、電話での問い合わせの窓口が用意されています。

 パソコンとかスマホとか、そういったものに弱いので、もっと手厚いサポートがほしいのですが…?

といった方は、「BIGLOBE」さんや「Broad WiMAX」さんでポケットwi-fiを手に入れた方が良いです。
オプション料金がかかる場合もありますが、手厚いサポートサービスが用意されています。

 

 


解約金が高い!

 

これは事実です。

WiMAX2+のポケットwi-fiで有名どころの会社を調べ、「解約金一覧」を作成しました。
ぜひ、一度ご覧ください。
(※25カ月目~はどこの会社も同じ9,500円(税抜)でした。)

【解約金一覧表】
会社名 0カ月目~
12カ月目
13カ月目~
24カ月目
とくとくBB 24,800円 24,800円
3WiMAX 19,000円 14,000円
UQ WiMAX 19,000円 14,000円
So-net 19,000円 14,000円
Broad WiMAX
(特典違約金9,500円アリ)
19,000円 14,000円
BIGLOBE
(特典違約金20,000円アリ)
19,000円 14,000円
(※変更の可能性もありますので、解約時は各自ご確認ください。)

このように他社に比べて5,000円~10,000円程度、解約金が高くなっていました。
ただ、解約金の他に「特典違約金」をとられる会社もあるので、評判ほど「とくとくBB」さんの解約金が高いとは言い切れません。

ちなみに、「とくとくBB」さんでは【初期契約解除】と、【20日以内の解約違約金無料キャンセル】という解約金免除制度が用意されています。
なので、よほどのことがない限り、先ほどの高額な解約金を支払うことはないようになっています。

【初期契約解除】とは?
「ポケットwi-fi到着・契約書類到着」の遅い方から計算して、8日以内なら違約金ナシで解約できる制度。
ただし、ポケットwi-fiの返却と事務手数料3,000円(税抜)は必要となります。

【参考資料】総務省HP

【20日以内の解約違約金無料キャンセル】とは?
「とくとくBB」さんが独自で用意している制度です。
ピンポイントエリア判定が「◯」の時のみ適用され、申込み日を1日として、20日以内に「とくとくBB」さんでWiMAX2+端末の返品を確認できた場合のみ、適用されます。

くわしくは、「とくとくBB」さんのキャンペーンページ下段(20日以内の解約違約金無料キャンセル適用について)をご覧ください。

 

 


速度が遅い!

 

インターネットの通信速度は「その時間、その地域で、どれだけの人が使っているか?」で変わります。
そのため、この評判の実際のところは分かりません。

ですが、速度が遅いという悪評の原因が「とくとくBB」さんではないことは確かです。

というのも、「とくとくBB」さんをはじめ、WiMAX系のポケットwi-fiの会社は「UQ WiMAX」さんの回線を借りて商売をしているからです。
いわゆるMVNOです。

【MVNOとは】
無線通信回線設備を開設・運用せずに、自社ブランドで携帯電話やPHSなどの移動体通信サービスを行う事業者のことである。
Wikipedia)より

そのため、「速度が遅い」原因は、WiMAX2+のポケットwi-fiの本家である「UQ WiMAX」さんにあります。

もちろん、「UQ WiMAX」さんも「速度が遅い」と言われたまま黙っているワケではありません。
日々メイン回線である「WiMAX2+」品質向上に取り組んでいます。

その成果として、通信速度は時が経つにつれ高速化。
事実、2年前は最大通信速度220Mpbsだったのに対し、2018年3月には最大通信速度708Mpbsまで向上しています。

USENさんにて計測)

ちなみに、いま久しぶりにスピードテストを試してみたところ、上の画像のように速度は安定し、速さも向上していました。
2016年2月のスピードテストの結果と、今回の結果をまとめましたので、ぜひ一度比較してみてください。

【2016年2月】
最大速度 最低速度 平均速度
10.152Mbps 3.079Mbps 6.587Mbps
 約2年後
【2018年3月】
最大速度 最低速度 平均速度
12.593Mbps 7.209Mbps 11.594Mbps
【2016年2月】(単位:Mbps)
最大速度 最低速度 平均速度
10.152 3.079 6.587
 約2年後
【2018年3月】(単位:Mbps)
最大速度 最低速度 平均速度
12.593 7.209 11.594

このスピードテストは、最大通信速度220Mbpsにしか対応していない旧機種【WX02】で行いました。
それにもかかわらず、「最大速度・最低速度・平均速度」すべて向上しているのが、お分かりいただけるかと思います。

ところで、「速度が遅い」という悪評をよく調べてみると、たまに↓こんな書き込みも見られます。

いきなりネットが遅くなった!

もしかしたら、このようなクレームをしている方の中には「ハイスピードプラスエリアモード」を、よく理解しないまま使用している可能性もあります。

この「ハイスピードプラスエリアモード」の通信制限は特別で、もし制限されると、通信速度がスマホの通信制限時と同じ128Kbpsまで低速化されます。
しかもその制限期間は、7GB越えた瞬間からその月はずっとです。
(※3日間10GB以上で規制とは別の規制です。)

「ハイスピードプラスエリアモード」の通信制限はややこしいので、よく知らない方はぜひ↑の記事を一読ください。
たくさんの方がよく知らずに激遅の速度に通信規制され、困っていらっしゃるようです。

少し長くなったので、まとめます。

  • 速度は、ソコで実際に使ってみないと分からない。
  • 「速度は遅い」という悪評の原因は、「とくとくBB」さんではなく回線を管理している「UQ WiMAX」さんにある。
  • 「UQ WiMAX」さんも品質向上に取り組んでいて、私たちが体感できるほど速度は向上。
  • 「ハイスピードプラスエリアモードの制限」を知らないまま使っている人もいる。

以上が、「速度が遅い」という悪評に対する私の見解です。
もしもあなたが、

使ってみたら遅かった…

と後悔してしまうのが心配な時は、「Try WiMAX」という無料レンタル制度があるので、利用してみてください。

 

 


電波が悪い!

 

ポケットwi-fiは、実際にその場所で使ってみないと、ちゃんと電波が届くのかどうかが分かりません。
そのため、利用者さんから「電波が悪い」と言われることがあります。

しかし、この「電波が悪い」という悪評の原因は、先ほどの「速度が遅い」と同じく「UQ WiMAX」さんにあります。

「とくとくBB」さんも、「BIGLOBE」さんも、その他の業者さんも、「UQ WiMAX」さんの回線を借りているだけです。
「電波の良し悪し」には関係ありません。

 エリア判定が「〇」の地域なのに、電波が悪いことがあるって聞いたことがあるんですけど…?

 

 それは、WiMAX系のポケットwi-fiのメインで使われる「WiMAX2+」という電波の性質が、おもな原因です。

WiMAX2+の電波は、その性質上「分厚い壁・地下」など、障害物が多いと繋がりにくくなります。
残念なことに、エリア判定で「〇」の地域であっても、障害物が多いと繋がらなくなることもあります。

回線を管理している「UQ WiMAX」さんは、もちろんWiMAX2+の電波が障害物に弱いという問題の対策にも力を入れています。
その結果、主要な地下鉄やビルなど、さまざまな場所で電波が入るようになってきています。

【UQ公式HP】
ここで使える!WiMAX2+

また、それ以外にも最近の機種には、先ほども登場した「ハイスピードプラスエリアモード」という強い電波が使える補助モードが搭載されています。(※2年プランの場合、要別料金1,005円。)
使いすぎると制限がエグいですが、もしもの時には役立ちます。

 

 


メールがうざい!

 

必要のないメールが、たくさん届くのは事実です。

だいたい毎月10件程度、広告系のメールが会員専用のメールボックスに届きます。

ただ2年間の契約期間中、私がメールボックスを開いたのは5回程度だったので、全然気になりませんでした。
したがって、「うざさレベル」は人によって変わると思います。

 「キャッシュバック申請」のメールが埋もれるぐらい、メールが送られてくるって聞いたことがあるんですけど、本当ですか?

 

 たしかに「キャッシュバック申請」のメールが届くまで、たくさんのメールがきます。
ですが、「キャッシュバック申請」のメールが来る月さえ覚えておけば、埋もれてしまうことはありません。

私の場合、キャッシュバック申請月のメールは合計8件だけでした。この8件からメールを探すだけだったので、すぐに見つけられました。
「埋もれるほどメールが来る」というのは、少し言い過ぎだと思います。

 

 


解約が面倒くさい!

 

これは嘘です。
実際に解約手続きをしてみたところ、とてもカンタンでした。
BBnaviという会員専用ページにて、ボタンをポチポチ押していくだけでスグに手続きが完了します。

解約するときの注意点は、無料で解約できる期間が「契約更新月の前月21日から20日の間」なことぐらいです。
コレさえ気をつけておけば、問題なく解約できます。

 
 

以上が、「とくとくBB」さんに対する「7つの悪評」と、実際に2年間利用して分かった事実となります。

ちなみに、悪い評価している方々には、契約内容をあまり理解せずに、ポケットwi-fiを契約している傾向がありました。

「とくとくBB」さんは、キャッシュバック申請など、安く使うためにあとで手続きが必要な会社です。
契約後、そのまま何もせずにポケットwi-fiを使い続けるだけでオトクにはなりません。
ですので、

「手続き嫌い」なんですけど…。

といった方は、「とくとくBB」さん以外でポケットwi-fiを手に入れられた方がいいと思います。
たとえば、オプション加入の必要がない「So-net」さんや、はじめから月額料金が安くなっている「Broad WiMAX」さんなど、オトクな会社は他にもあります。

ぜひ、あなたのお考えに合わせて、どの会社でポケットwi-fiを手に入れるかお決めください。
どこで手に入れても、WiMAX2+なら通信速度や通信エリアは同じです。

ですが、「やっぱり1番安く使いたい!」というあなたには、私も利用した「とくとくBB」さんがオススメです。
 

この記事を読まれたあなたには、以下の記事もオススメです。

当サイトのおすすめメニュー~気になる画像を選ぼう♪~

(↑スワイプで動かせます)

コメントを残す