【徹底比較】「WiMAX系とLTE系」「ギガ放題とアドバンスモード」の違い

【詳しく知りたい方用】
いま日本にあるほとんどのポケットwi-fiは「LTE系orWiMAX系」のどちらかに分けられます。
そこで、この記事では「この2つがどう違うのか?」を徹底的に
比較していきます。
もちろん、ギガ放題とアドバンスモードの違いの解説もあります。

【詳しく知りたい方用】

いま日本にあるほとんどのポケットwi-fiは「LTE系orWiMAX系」のどちらかに分けられます。

そこで、この記事では「この2つがどう違うのか?」を徹底的に
比較していきます。
もちろん、ギガ放題とアドバンスモードの違いの解説もあります。

【WiMAX系orLTE系】のポケットwi-fiの特徴を簡単に確認♪

最初にもお伝えしましたように、いま日本のポケットwi-fiのほとんどは、


【WiMAX系orLTE系】のどちらかに分けられます。

まずは両者の違いを比較していく前に、それぞれの特徴をさらっと確認しておきます。

WiMAX系について

WiMAX系について

WiMAX系のポケットwi-fiとは、「UQ コミュニケーションズ」が提供する【WiMAX2+】という電波をメイン回線として使うポケットwi-fiのことです。

LTE系について

LTE系について

LTE系のポケットwi-fiとは、「Y!mobile」が提供する【4G/LTE】という電波をメイン回線として使うポケットwi-fiのことです。

「なぜポケットwi-fiがこの2つに分けられるのか?」というと、どこの会社も↑のどちらかの電波を借りてポケットwi-fiの商売をしているからです。

ちなみに、この「電波を借りて商売する。」という仕組みは、最近よくCMしている「格安スマホ」など同じ仕組みです。
「MVNO」なんて呼ばれることもあります。

さて、ここから先では、WiMAX系とLTE系のポケットwi-fiをいろんな項目に分けて比べていきます。
しかしその前に、いろいろ比較した結果から導き出される結論を、先にお伝えしておきます。

 結論!

 あまり使わない
   LTE系を選択

 たくさん使う
   WiMAX系を選択

以上が結論となります。

 なぜ、この結論になるのか?
それは、これからお伝えしていく比較をご覧いただければ、お分かりになると思います。

WiMAX系とLTE系のポケットwi-fiの違いを5つに分けて比較

 


使える回線の違い

WiMAX系とLTE系のポケットwi-fiは使える回線が違います。
それぞれの使える回線を表にまとめましたので、↓をご覧ください。

WiMAX系

WiMAX
WiMAX2+
AXGP ×
4G/LTE

LTE系

WiMAX ×
WiMAX2+ ×
AXGP
4G/LTE

WiMAX系

<使える回線一覧>
WiMAX
WiMAX2+
AXGP ×
4G/LTE

LTE系

<使える回線一覧>
WiMAX ×
WiMAX2+ ×
AXGP
4G/LTE

】は、それぞれのポケットwi-fiのメイン回線です。
その他の回線については、掘り下げると長くなってしまいますので、深いお話は他の記事に書いておきます。

【関連記事】
ポケットwi-fiで使われている回線の種類についての詳しい解説

とりあえずここでは、「WiMAX系とLTE系では、メイン回線&使える回線が違うのか~。」ぐらいのご理解で大丈夫です。

 
 


最大通信速度の違い

WiMAX系とLTE系では、最大通信速度に差があります。
2017年現在、最大通信速度はそれぞれ↓のようになっています。

WiMAX系

下り最大 440Mbps
上り最大 30Mbps

LTE系

下り最大 612Mbps
上り最大 37.5Mbps

WiMAX系

下り最大 440Mbps
上り最大 30Mbps

LTE系

下り最大 612Mbps
上り最大 37.5Mbps

通信速度については、LTE系が一歩リードしています。

ただし、この最大通信速度はあくまでも理論上の「最大」なので、実際の速度は全然違うことがほとんどです。
また、機種や場所によっても大きく変わることもあり、事実上「目安」ぐらいにしかなりません。

実際に、私がいま使っている【WX02】という機種↓で通信速度を測ったところ、最大220Mbps出るハズが、平均7Mbps程度でした。

【関連記事】
WX02レビュー!21回のスピードテストの実測結果と平均値

もちろん、最大通信速度の数字は大きければ大きい方が、実際の通信速度も速くなりやすいです。

 
 


通信可能エリアの違い

WiMAX系とLTE系のポケットwi-fiの違い3つ目は「通信可能エリア」です。

この違いが分かりやすいように、日本一有名な山「富士山」周辺のエリアマップをご用意いたしました。
ぜひ1度見比べてください。



このように、LTE系の方がWiMAX系よりもエリアが広くなっています。
LTE系のメイン回線である「4G LTE」はこの通信可能エリアの広さが強みです。

 
 


契約期間の違い

WiMAX系

契約期間 2年間

LTE系

契約期間 3年間

WiMAX系

契約期間 2年間

LTE系

契約期間 3年間

↑のようにWiMAX系とLTE系のポケットwi-fiは契約期間が違います。

ちなみに、契約期間が短い方が「乗り換えなどで安くできる機会が増える」のでオトクです。

 
 


月間上限ナシの違い

WiMAX系とLTE系のポケットwi-fiには、月間通信量の上限がないプランorオプションがあります。
それが↓コレです。

WiMAX系

ギガ放題
メインプラン

LTE系

アドバンスモード
オプション

WiMAX系

ギガ放題
メインプラン

LTE系

アドバンスモード
オプション

この2つは同じ「月間上限ナシ」に見えますが、実は「扱い」に違いがあります。
そしてこの「扱いの違い」が、のちに大きな違いとなっていきます。

それでは、月間上限ナシの「ギガ放題とアドバンスモードはドコが違うのか?」これから詳しくお伝えしていきます。

ギガ放題とアドバンスモード(ADVモード)の違い


使う回線の違い

ギガ放題

WiMAX2+

ADVモード

AXGP

ギガ放題

WiMAX2+

ADVモード

AXGP

WiMAX系は、月間上限ナシのギガ放題でも、メイン回線である「WiMAX2+」を使います。
しかし、LTE系のアドバンスモードはメイン回線の「4G LTE」ではなく「AXGP」を使います。

 「AXGP」を使うことで何が変わるの?

 

 「最大通信速度」と「通信可能エリア」が変わります。

ちなみに、「4G LTE⇒AXGP」に変わることでLTE系のポケットwi-fiのパワーは大きくダウンします。
では、実際に確認していきましょう。

 
 


最大通信速度の違い

WiMAX2+

下り最大 440Mbps
上り最大 30Mbps

AXGP

下り最大 165Mbps
上り最大 ???

WiMAX2+

下り最大 440Mbps
上り最大 30Mbps

AXGP

下り最大 165Mbps
上り最大 ???

LTE系のポケットwi-fiが「4G LTE」の時は下り最大612Mbpsでした。
ですが、「AXGP」に変わったことで下り最大165Mbpsとなり、明らかにパワーダウンしていることが分かります。

このパワーダウンによって「月間上限ナシ」の場合、最大通信速度はWiMAX系の方が上になります。
さすがWiMAX系のポケットwi-fiのメイン回線「WiMAX2+」といったところですネ。

 
 


通信可能エリアの違い

アドバンスモードで使う「AXGP」は通信可能エリアが狭くなっています。
今回も、「富士山」周辺のエリアマップをご用意いたしましたのでご覧ください。



このように、AXGPはWiMAX2+よりもエリアが狭いです。
よく見ると、国道沿いでも使えないところが結構あるのが気になります。

 
 


モード変更の違い

ギガ放題

ハイスピードモード
 ハイスピードプラス
エリアモード
料金 1,005円/月

ADVモード

アドバンスモード

標準モード
料金 無料

ギガ放題

ハイスピードモード
 ハイスピードプラス
エリアモード
料金 1,005円/月

ADVモード

アドバンスモード

標準モード
料金 無料

WiMAX系のポケットwi-fiは、ハイスピードモードというモードで「WiMAX2+」を使って通信します。

ですが、一部の機種(W0系)では「4G LTE」が使えるハイスピードプラスエリアモードというのがあります。

【関連記事】
ハイスピードプラスエリアモードって何?注意点は?疑問を解消。

【W0系】

このハイスピードプラスエリアモードにするのには、上の表に書きましたように別料金がかかります。

これに対して、LTE系のポケットwi-fiでは「AXGP」を使うアドバンスモードから、「4G LTE」を使う標準モードに変えても別料金がかかりません。
ですが、その代わりに初めから料金が高くなっています。

 
 


料金の違い

WiMAX系

通常プラン
毎月平均 約2,583円

 

ギガ放題プラン
毎月平均 約3,015円

LTE系

通常プラン
毎月平均 約2,678円

 

+アドバンス
毎月平均 約4,729円

WiMAX系

通常プラン
毎月平均 約2,583円

 

ギガ放題プラン
毎月平均 約3,015円

LTE系

通常プラン
毎月平均 約2,678円

 

+アドバンス
毎月平均 約4,729円

このように、LTE系のポケットwi-fiの「アドバンスオプション」の方が高くなっています。

会社やキャンペーンによって金額は変わることはありますが、いつ比べても「アドバンスオプション」の方が「ギガ放題」よりも高くなっています。

 
 


通信規制の違い

2017年4月5日から、LTE系の「アドバンスオプション」の通信規制が↓のように変わります。

【変更前】
直近3日間 3GB以上
【変更後】
直近3日間 10GB以上

そのため、WiMAX系とLTE系の間には「通信規制の違い」はなくなります。

(⇒まとめへ

WiMAX系

通常プラン
直近3日間 ナシ
月間上限 7GB
規制中速度 128kbps

 

ギガ放題プラン
直近3日間 10GB以上
月間上限 ナシ
規制中速度 約1Mbps

LTE系

通常プラン
直近3日間 ナシ
月間上限 5GBor7GB
規制中速度 128Kbps

 

アドバンスオプション
直近3日間 10GB以上
月間上限 ナシ
規制中速度 約1Mbps

WiMAX系

通常プラン
直近3日間 ナシ
月間上限 7GB
規制中速度 128kbps

 

ギガ放題プラン
直近3日間 10GB以上
月間上限 ナシ
規制中速度 約1Mbps

LTE系

通常プラン
直近3日間 ナシ
月間上限 5GBor7GB
規制中速度 128Kbps

 

アドバンスオプション
直近3日間 10GB以上
月間上限 ナシ
規制中速度 約1Mbps

「5つの違い」とギガ放題とアドバンスモードの比較から導き出される2つの答え

 


あまり使わないなら、
LTE系を選択した方が良い

 

理由

  • WiMAX系よりもLTE系の方が通信可能エリアが広い。
     より>
  • 月間上限のある通常プランなら、WiMAX系もLTE系も料金に差があまりない。
 

以上の【理由】から、この の結論となります。
簡単に言うと、

同じぐらいお金を払うなら電波が良い方がイイに決まってるじゃん!
だから、LTE系のポケットwi-fiを選ぼうよ。

ということです。

 

【LTE系オススメ記事】
今月のオトクなランキング

 

【LTE系オススメ記事】
今月のオトクなランキング

 
 
 


いっぱい使うなら、
WiMAX系を選択した方が良い

 

理由

  • LTE系のアドバンスモードでは、「AXGP」という「WiMAX2+」よりも弱い回線が使われる。
      より>
  • 月間上限ナシの場合、LTE系の方がWiMAX系よりも毎月の料金が高い。
     より>
 

以上の【理由】から、この の結論となります。
簡単に言うと、

同じ月間上限ナシなら、安くて電波が良くて速度も速い方が良いに決まってるじゃん!
だから、WiMAX系のポケットwi-fiを選ぼうよ。

ということです。

 

【WiMAX系オススメ記事】
今月のオトクなランキング

 

【WiMAX系オススメ記事】
今月のオトクなランキング

 

当サイトのおすすめメニュー~気になる画像を選ぼう♪~

(↑スワイプで動かせます)

コメントを残す