ハイスピードプラスエリアモードって何?注意点は?疑問を解消。

ハイスピードプラスエリアモード TOP

ハイスピードプラス
エリアモード

WiMAX系のポケットwi-fiにある
別料金がかかるこのモード。
そもそも何のためのモードなの?
使用する時の注意点って?など、
よくある疑問&質問を
解決していきます。

 

ハイスピードプラスエリアモード TOPハイスピードプラス
エリアモード

WiMAX系のポケットwi-fiにある
別料金がかかるこのモード。
そもそも何のためのモードなの?
使用する時の注意点って?など、
よくある疑問&質問を
解決していきます。

ハイスピードプラスエリアモードを写真付きで分かりやすく解説♪

ハイスピードプラスエリアモードって、何のためのモードなの?
【WiMAX2+】の電波が入らないところでも、ポケットwi-fiを使えるようにするためのモードです。

WiMAX系のポケットwi-fiは普段、【WiMAX2+】という名前の回線をメインで使っています。
この回線は、スマホなどに使われている【4G LTE】という名前の回線よりも「電波の届く範囲が狭い」という弱点を持っています。

ハイスピードプラスエリアモードは、そんな【WiMAX2+】の弱点を【4G LTE】(【au 4G LTE】)を使うことによってカバーするためモードです。
ですので、このモードを選択していると、

  • WiMAX2+の電波が入る時
            ⇒【WiMAX2+】を使用
  • WiMAX2+の電波が入らない時
            ⇒【au 4G LTE】を使用
  • WiMAX2+の電波が入る時
     ⇒【WiMAX2+】を使用
  • WiMAX2+の電波が入らない時
     ⇒【au 4G LTE】を使用

といった具合に、ポケットwi-fi側が自動で使う回線を選んでネットに繋がるようになります。

つまり、ハイスピードプラスエリアモードの設定中は、【WiMAX2+】の電波が圏外の場所でもポケットwi-fiが使えるようになるワケです。

本当に「ハイスピードプラスエリアモード」は、WiMAX2+の電波が圏外の場所でもポケットwi-fiを使えるようにしてくれるの?

そんな疑問にお答えするために、いまから実際にハイスピードプラスエリアモードを使ってみた時の様子をお伝えいたします。



実際にこのモードを圏外の場所で試してみました。

今回「Try WiMAX」でレンタルしている時に、私は圏外の場所に行くことがありました。
その時のポケットwi-fiの様子がコチラ↓

 

ハイスピードモード圏外【HS:ハイスピードモードの略】

 

この写真は、関西のある高速道路のパーキングエリアで撮影しました。

この時【WiMAX2+】の回線を使用するハイスピードモード(HS)は、残念ながら圏外となっていました。(後で調べると、この場所は【WiMAX2+】のエリア外の場所でしたので、当たり前と言えば当たり前ですネ…。)

で、私はこの場所で【au 4G LTE】の回線が使えるハイスピードプラスエリアモードに切り替えてみました。
すると…

 
ハイスピードモード圏外
 

まさかの電波4本中4本という結果に。

上の写真をみると【au 4G LTE】の電波が、しっかりと届いていることがお分かりいただけると思います。
やはり、【4G】回線は最近のスマホでもメインで使われていることもあり、電波の届くエリアが広くなっているようです。

4つの回線の違い」の記事にて、お伝えした通りの電波の強さを見せてくれました。

このようにハイスピードプラスエリアモードは、【WiMAX2+】の電波が届かない時にとても役に立ちます。

 要注意
しかし、この便利なハイスピードプラスエリアモードには、大きなリスクが3つあります。
これから、この3つのリスクについて分かりやすくお伝えしていきます。

ハイスピードエリアプラスモード使用時の3つのリスク&注意点について

 別料金が発生する


別料金が発生する

まず一つ目のリスク&注意点は、
使った月だけ、別料金1,005円を支払わなければならない。
ということです。

もちろん、これを高いとみるか安いとみるかは人によって違います。
私はちょっと高いと思います。
というのも、この別料金は基本使用料に上乗せされるからです。

間違ってこのモードにしてしまうことってある?

A.恐らくないと思います。

私がレンタルしたHWD15という機種では、このモードを選択しようとすると↓下の画像のような注意が出てきました。

モード変更 注意

ここで【OK】を選んでしまうと、追加の別料金が発生してしまいます。
しかし、2回連続誤った操作をしなければ、ハイスピードプラスエリアモードにはなりません。

なので、余程のことがない限り間違ってこのモードになることはないと思います。
つまり、ミスが原因で別料金をとられることはほぼありません。
(他の機種でもこのような注意が出ると思います。)

ちなみに、あなたがauユーザーなら「auスマートバリューmine」というサービスに入ると、この別料金はタダになります。

 

 ひと月の通信量の上限が変わる


ひと月の通信量の
上限が変わる

2つ目のリスク&注意点は、
「ハイスピードモード」と「ハイスピードプラスエリアモード」とでは、ひと月の使える通信量の上限が違うことです。

下↓のまとめをご覧ください。

【ギガ放題プラン】

・ハイスピードモード時
⇒月上限は無制限

・HS+エリアモード時
⇒月上限7GBまで

(※HS:ハイスピードの略)

このように同じ【ギガ放題プラン】でも、使うモードによって月単位の上限が変わってしまう仕組みになっています。

いったいどういうことなのか?
2つのモード時に分けてもう少し詳しくお伝えします。



ハイスピードモード時
⇒月上限は無制限について

・ハイスピードモード時:月上限は無制限について

WiMAX系のポケットwi-fiのギガ放題プランでは、直近3日間で10GB制限があります。
ですが、月単位では上限ナシの無制限という契約となっています。

これを図に表すと↓こうなります。このようにハイスピードモードを使用している時は、ひと月にいくら使っても制限されることはありません。(当然、3日間10GB規制はあります。)

 

・HS+エリアモード時:月上限7GBまでについて

HS+エリアモード時
⇒月上限7GBまでについて

月上限ナシのハイスピードモードに対し、ハイスピードエリアプラスモードはギガ放題プランに契約していても月上限7GBまでという制限があります。

↓の図をご覧ください。
このようにハイスピードエリアプラスモードは、ひと月あたり7GBまでしか使うことができません。

 7GBで規制ってことは、直近3日間10GB規制より先に規制になるのでは…?

 ご指摘の通りです。

2017年2月2日から直近3日間の速度規制が、3GBから10GBに変更されました。
その影響で、直近3日間の速度制限の前に「月間の通信量の上限」がきてしまう状況となりました。

というわけで、ハイスピードエリアプラスモードを使っている間は、ギガ放題プランでも「放題」ではなくなってしまうので注意が必要です。

またそれだけではなく、さらに大きなリスクもあります。

それが、このエリアプラスモードで使った通信量の合計が7GBを越えてしまうと、通信速度が128kbpsに制限されてしまうことです。この128kbpsという通信速度はスマホの速度制限と同じ速度です。
ということは、ネットが使えないといってもいいぐらい激遅です。

ちなみに、ハイスピードモードで直近3日間10GB制限にかかった時の通信速度は「約1Mbps(約1000kbps)」となっています。
これと比べると、いかに128kbpが遅いかがお分かりいただけると思います。

 

 道連れ規制される


道連れ規制される

ハイスピードプラスエリアモードの7GB制限がかかってしまうと、
本来、月単位では無制限であるハイスピードモードでも規制がかかってしまいます。

道連れ

つまり「道連れ規制」されてしまうワケです。
しかもこの「道連れ規制」中の通信速度は、激遅の128kbps。
全然ハイスピードではなくなってしまいます。

 「道連れ規制」にかからないようにするには、どうすればいいですか?

 

 ハイスピードプラスエリアモード使用時の合計通信量が、上限である7GBを越えないようにすれば大丈夫です。

規制についてはややこしいので、これから3パターンに分けて具体的にご説明します。
よく分からない時に、ぜひ参考にしてみてください。

 
【規制ナシ】
ハイスピードモード使用量 6GB
ハイスピードプラスエリアモード使用量 2GB
合計 7GB

【解説】
直近3日間の通信量合計が10GB未満なので、通信規制はありません。
また、ハイスピードプラスエリアモードの使用料も7GB未満なので、「道連れ規制」もありません。

 

 
【直近3日間規制】
ハイスピードモード使用量 6GB
ハイスピードプラスエリアモード使用量 5GB
合計 11GB

【解説】
直近3日間の通信量合計が10GB以上となっているため、翌日の18時~2時の間は約1Mbpsに通信規制がされます。
直近3日間の通信量合計が10GB以下になれば、翌日から制限が解除されます。

 

 
【道連れ規制】
ハイスピードモード使用量 6GB
ハイスピードプラスエリアモード使用量 7GB
合計 13GB

【解説】
ハイスピードプラスエリアモードの通信量が、7GBを越えているため激遅の128Kbpsに通信規制されます。
なお規制は、月末まで続きます。
「道連れ」なので、ハイスピードモードに戻しても128Kbpsのままです。

 
【ハイスピードプラス
エリアモードの注意点】

 


別料金が発生する


ひと月の通信量の
上限が変わる


道連れ規制される

以上が、3つのリスク&注意点のまとめとなります。

結局このモードってどうなの?使った方がいいの?使わない方がいいの?
「どうしても使わないといけない状況以外、使わない方が良い。」
↑コレが私の意見です。

というのも、このプラスエリアモードは、あくまで「緊急時の保険」という立ち位置だと思うからです。(別料金もかかってしまいすし…。)

使い分け

それに、もしこのモードをメインに使うなら、初めからLTE系のモバイルwi-fiルーターを契約した方が断然安くてオトクです。

なので、せっかくWiMAX系を選んだのなら、比較的緩い10GB型の制限と月単位で使い放題を最大限生かす使い方をすることをオススメします。

「HS+エリアモード」について調べた方々には↓コチラの記事も読まれています。



当サイトのおすすめメニュー~気になる画像を選ぼう♪~

(↑スワイプで動かせます)

136件のコメント

  • いろはす

    大変参考になりました。ありがとうございました!

  • 匿名

    すっごいわかりやすかったです!!
    よくわからなかったので
    助かりました!!

  • とも

    ハイスピードプラスエリアモードが分からなかったので、すごい助かりました。ありがとうございます。

  • なるほど

    今まさに悩んでいたので助かりました!

  • 匿名

    とても参考になりました

  • 匿名

    間違って選ぶということをやってしまったことがあります。
    もしかしたら酔っ払って知らないうちにやっていたのかもしれませんが。
    ハイスピードエリアモードプラス自体を選べないようにする設定もあるようです。
    コールセンターにかけたら親切に教えてくれました。

  • 管理人クーマ

    みなさまのお役に立てたようで光栄です。
    そして、お褒めのコメントありがとうございました!

    「間違って選ばないようにする設定」については、
    機種によって違うと思うので、
    取扱説明書等で確認していただけると幸いです。
    貴重な情報ありがとうございました。

コメントを残す




1 2 3 9