大手3社のスマホのテザリングオプションとポケットwi-fiはどっちがオトク?

【大手3社のおはなし】

「docomo・au・SoftBank」
大手3社のスマホの大容量プランが登場し、テザリングオプションが有料化されることに…。
テザリングか?ポケットwi-fiか?
あなたにとってお得な方を選べるようになる記事です。

【大手3社のおはなし】

「docomo・au・SoftBank」
大手3社のスマホの大容量プランが登場し、テザリングオプションが有料化されることに…。

テザリングか?ポケットwi-fiか?
あなたにとってお得な方が選べるようになる記事です。

テザリングとは…?

スマホが一時的にポケットwi-fi代わりになる機能のこと。
この「テザリング」機能を利用すれば、下の画像のように本来ポケットwi-fiがする仕事を、スマホがしてくれるようになります。

大手3社の大容量プランとテザリングオプションの有料化について

2016年の9月より「docomo・au・SoftBank」が大容量プランを始めました。
ウルトラパックとかギガモンスターとか、怪獣系の名前のプランです。
この大容量プランが登場したことで、

テザリングオプションが使いやすくなるッ!

とお考えになられた方も多いかと思います。
ですが、残念なことに3社とも今まで無料だったこのオプションを有料化することになりました。

有料化の時期と料金について、表にまとめましたので↓を見てください。

docomo au SoftBank
2018年3月末
まで無料
2017年4月末
まで無料
月額料金(申し込み制)
1,000円

これから先、テザリングを使うには「事前申し込み+1,000円/月」が必要になります。

 「事前申し込み」ということは、実際にテザリングを使わなくても料金がかかるってことですか?

 

 はい。その通りです。
テザリングを使ったか使ってないか関係なく、毎月1,000円かかります。

「ノートPCやiPad、3DSなどをネットに繋ぎたい。」
そんな願望をお持ちの方なら誰でも、ここである1つの疑問が浮かんできます。
それは、

 
 テザリングオプションを申し込んだ方がお得なのか?
or

 ポケットwi-fiを手に入れた方がお得なのか?

 

という疑問です。

この疑問の答えは【あなたが使う通信量】によって変わるので、3パターンに分けてお伝えしてきます。

 ご注意

大手3社のポケットwi-fiは「通信量が増えないor料金高い」ので、当サイトではポケットwi-fi選びの対象から外しています。

【関連記事】

 ご注意

大手3社のポケットwi-fiは「通信量が増えないor料金高い」ので、当サイトではポケットwi-fi選びの対象から外しています。

【関連記事】

どっちがお得?テザリングとポケットwi-fi(大容量プラン契約時)

どっちがお得?

 20GBで足りる
 テザリングでOK 

 20GBで足りない
 ポケットwi-fiを入手

 しょっちゅうパソコンや
    iPadでネットを使う
 ポケットwi-fiを入手

どっちがお得?


20GBで足りる


A.テザリングでOK

(⇒詳しくはこちら

 
 

20GBで足りない


A.ポケットwi-fiを入手

(⇒詳しくはこちら

 
 

しょっちゅうパソコンや
iPadなどでネットを使う


A.ポケットwi-fiを入手

(⇒詳しくはこちら

 について

スマホとテザリングの通信量が毎月20GBで十分なら、「テザリングオプション」を使った方がお得になります。

「テザリングオプション利用時」と、
「ポケットwi-fi入手時」とのデータ料金の差を↓の表で比べてください。

 

テザリングオプション利用時
20GBプラン 6,000円
テザリングオプション 1,000円
データ料金:計 7,000円

 

 

ポケットwi-fi入手時
2GBプラン 3,500円
ポケットwi-fi 平均3,000円
データ料金:計 6,500円

 

 
 あれ?「ポケットwi-fi入手時」の方が安くなっていますけど、なんで「テザリング」の方がお得なんですか?

 

 毎月20GBで足りるなら、スマホだけで通信した方が便利だからです。

たしかに、お金の面だけでみれば、スマホのデータプランを2GBに変えて、通信量をポケットwi-fiに負担してもらった方がお得にはなります。

ですが、「スマホ+テザリング」で20GB以内に収まるなら、便利さから考えてスマホで十分です。
ポケットwi-fiはあまり必要ありません。

 

 について

「スマホ+テザリング」で使う通信量が20GBで足りないなら、ポケットwi-fiを手に入れた方がお得です。
コチラの場合も計算してみましたので、ご覧ください。

 

テザリングオプション利用時
30GBプラン 8,000円
テザリングオプション 1,000円
データ料金:計 9,000円

 

 

ポケットwi-fi入手時
2GBプラン 3,500円
ポケットwi-fi 平均3,000円
データ料金:計 6,500円

 

 

上の表を見ていただければお分かりのように、ひと月平均約2,500円の節約になります。
ポケットwi-fiの契約期間の24カ月で考えると、その節約額は60,000円にもなります。

さらに、ポケットwi-fiを手に入れると、節約になるだけじゃなく、通信規制をほぼ気にしなくてよくなります。
というのも、WiMAX系のポケットwi-fiなら毎月100GB以上もネットが楽しめるからです。

ちなみに、通信規制にかからないように使っても1日3.3GB以上の通信量が使えます。これに対してテザリングの場合、8,000円払っても1日1GB以下しか使えません。
たくさん使う人にとっては、テザリングの方が損なのは明らかです。

ですので、「スマホ+テザリング」の通信量が20GBで足りないのなら、ポケットwi-fiを手に入れた方が「お得に快適に」ネットが楽しめます。

 

 ついて

しょっちゅうパソコンやiPadをネットにつなぐ時は、ポケットwi-fiを手に入れることをオススメします。

というのも、スマホをポケットwi-fi代わりに使うテザリングには、↓の2つの欠点があるからです。

テザリング2つの欠点

 電池の消耗が激しい

 

そりゃもうゴリゴリ電池を消費します。
そして、どんどんスマホ本体の温度が熱くなっていきます。

いくらポケットwi-fi代わりになってパソコンやiPadをネットに繋いでくれても、やはりスマホはスマホ。
スマホにとって「テザリング」はメインではなくサブの機能なので、あまり得意ではないのだと思います。

 

 通信量を大量に消費する

 

パソコンやタブレットなどはスマホよりも画面が大きいので、動画を高画質で見がちです。
そのため、スマホで動画を見た時よりも通信量をモリモリ消費していきます。

 低画質で我慢すればいいのでは…?

とツッコまれれば、「はい。その通りです。」としかいえません。
ですが、低画質で我慢するのは正直キツイと思います。

ここで、私が「低画質で我慢できない」と思うワケをご理解していただくために、少し実験に手伝ってください。
では、はじめに下の画像を見てみてください。あなたは、どちらが高画質かお分かりになりますか?

おそらく、これぐらいの小さいが画像だと、あまり差がないように見えると思います。

では、同じ画像を拡大してみます。




さらに 拡大 

ここまで画像を大きくすると、明らかに画質が違うのがお分かりになられたと思います。

この実験で何をお伝えしたかったのかというと、「今までスマホ(小さい画面)で見ていたのと同じような映像を、パソコンやタブレット(大きい画面)で見ようとすると、高画質にする必要がある。」ということです。

あなたも知ってのとおり、動画や画像は高画質になればなるほど、通信量をたくさん使います。
いま見ていただいたように、パソコンやタブレットなどの大きい画面で気持ちよく動画を見るときは、スマホの時よりも高い画質が必要になります。

したがって、「テザリング」を使うと、いつもよりスマホの通信量の消費が激しくなってしまいます。

しょちゅうパソコンやタブレットを使う場合、この2つの欠点をモロに受けることになります。
ですので、テザリングではなく、ネットがたくさん使えるポケットwi-fiを手に入れることをオススメします。

通信制限を気にしながらでは、音楽や動画を思う存分楽しめないですからネ。

まとめ:あなたはどっち派?テザリング派の意外な注意点は・・・?

以上のようにテザリングオプションかポケットwi-fiか?は、あなたがどれだけネットを使うか?によって決まります。
あなたはどちらだったでしょうか?

もしあなたが「テザリング派」に決まったときは、寝落ちに注意してくださいネ。WiMAX系のポケットwi-fiなら、Abema TVやyou tubeを見ながら寝てしまっても大丈夫ですが、テザリングなら通信制限まっしぐらですので…。

「テザリングかポケットwi-fiか」について調べた方々には↓コチラの記事も読まれています。

当サイトのおすすめメニュー~気になる画像を選ぼう♪~

(↑スワイプで動かせます)

コメントを残す